Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が加入できる保険は? 事故の補償内容や条件・金額をご紹介

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー(配達員)は、歩合制のフリー契約です。自分の好きなときに、好きなだけ働ける魅力があります。ただ、少し心配なのは補償の問題。もし、配達中に事故にあい、歩行者や自分が怪我をしてしまったら? 大丈夫です。万一のときのために、Uber には独自の保険制度があります。ここでは、気になる保険の補償内容や条件などをご紹介します。

Uber Eats 配達パートナーが加入できる保険(目次)
配達パートナーに適用される保険の概要
配達パートナーに適用される保険の補償内容
自己負担で労災加入も可能

配達パートナーに適用される保険の概要

保険のモチーフ

自転車や原付バイクでのデリバリーが大半で、交通事故の可能性も否めない配達パートナー(配達員)の仕事。

Uber では、万一の際に、配達パートナーを守るための保険を用意しています。

この保険は、三井住友海上火災保険との協働プログラムです。

補償の対象となる時点

補償の対象となるのは、注文リクエストを受けてから、配達が終了するまでのあいだです。配達がキャンセルになった場合は、キャンセルになった時点までとなります。

保険の申込み方法や費用

保険の加入にあたり、事前の申請や申込みは不要です。配達パートナーとして契約をした時点で、自動的に加入します。

また、加入するための費用や、毎月の保険料もかかりません。

配達パートナーに適用される保険の補償内容

交通事故のイメージ

Uber Eats 配達パートナーに適用される保険は、大きく以下の2種類に分かれます。

  • 対人・対物賠償責任 … 人や物を傷つけたとき
  • 傷害補償 … 自分がけがなどをしたとき

それぞれの具体的な条件や補償内容を見ていきましょう。

対人・対物賠償責任

「対人・対物賠償責任」は、誰かにけがをさせたり、誰かの物を壊してしまった場合に適用される保険です。

保険が適用される事例

たとえば、

・ 自転車走行中に、歩行者とぶつかってけがをさせてしまった。
・ 自転車走行中に、他人の車や家屋を破損してしまった。
・ 料理を渡すときに、注文者にやけどを負わせてしまった。

など、配達中に起きた事故について適用されます。

保険の補償額

補償額は、1億円を限度として、個々のケースごとに支払われます。

なお、2020年7月まで、原付バイクを使う配達パートナーは、最大5万円までの自己負担金を支払う規定がありましたが、現在はなくなっています。

傷害補償

「傷害補償」は、配達中に、配達パートナー自身がけがをしたり、最悪の事態では命を落としてしまった場合に適用される保険です。

補償の条件は、以下8つの項目に分かれます。

貯金のイメージ

① 医療見舞金

検査や治療、手術などにで必要となった費用について、配達パートナーが実際に支払った金額を補償します。合計で50万円が限度です。

② 死亡見舞金/葬式費用見舞金

万一、配達パートナー自身が亡くなることがあれば、最大1千万円の死亡見舞金が支給されます。また、葬式費用見舞金は最大100万円です。

③ 後遺障害見舞金

後遺障害とは、交通事故により、労働ができなくなる、または支障をきたすほどの身体的な機能障害のことをいいます。

配達パートナーがこうした障害を負った場合、最大1千万円の見舞金が支給されます。後遺障害は等級が1~10の段階に分かれており、それに応じた金額が支払われます。

④ 後遺障害等級の確定に要する費用

後遺障害が発生したとき、見舞金の申請のために、配達パートナーは等級をUber に提示する必要があります。等級の決定は、多くの場合、専門機関へ委託します。この際にかかる費用を、Uber が負担します。

⑤ 入院時、または入院後に稼働できない場合の見舞金

配達パートナーが、事故で負ったけがのために入院をしたり、また入院後も療養が必要となって、Uber Eats の仕事ができなくなった場合をさします。

60日を限度に、1日あたり最大7,500円の見舞金が支給されます。

⑥ 入院一時金

配達パートナーが入院をした場合、ヘルメットを装着していた事故では2万円装着していなかった事故では5,000円の入院一時金が支給されます。

⑦ 手術一時金

配達中のけがが原因で手術をするとき、入院して宿泊する場合は7万5,000円日帰りの場合は半額の3万7,500円が支払われます。

⑧ 配偶者・被扶養者への見舞金

配達中の事故で、配達パートナーがが亡くなった場合、家族への見舞金が用意されています。

配偶者または18歳以下の子どもが対象で、1人あたり最大15万円が支払われます。(合計3名まで)

※より詳しい情報が知りたい方は、Uber の「傷害見舞金等支給規定」をご覧ください。(今後更新の可能性あり)

自転車で走行するデリバリー配達員

自己負担で労災加入も可能

また、2021年9月から、Uber Eats の配達パートナーなど、フリーの宅配代行者も労災に加入できるようになりました。

ただし、会社などに雇われている立場と違い、フリーランスの場合は、労災の保険料を自分で支払わなければなりません

労災の加入は任意なので、Uber 独自の保険や、自分で個人的に入っている保険の補償内容を確認のうえ、検討しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は保険に入れる

このように、Uber Eats の配達中に事故が起きた場合、利用できる保険があります。とくに配達パートナー自身のけがなどに対応する保険は、補償内容が以前より手厚くなりました。

とはいえ、まずは事故を起こさないことが第一です。保険は “お守り” 程度に心に留めて、安心・安全な配達を心がけましょう。(執筆者:めしレポ編集部)

\ 配達パートナーの登録はこちら /
【a】Uber Eats 配達パートナー募集