めしレポに「ニュース」カテゴリ開設!※本サイトはプロモーションを含んでいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達員の報酬(給料)の仕組みや時給相場、確定申告の基準は?

すっかり浸透した Uber Eats(ウーバーイーツ)は、仕事としても依然人気があります。自分のペースで気軽に働けることが魅力の配達パートナーですが、どのくらい報酬(給料)を得られるのでしょうか? 料金体系や “給料日”、時給相場から確定申告まで、わかりやすくご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬はどのくらい?(目次)
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬の仕組み
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員 報酬額の相場は?
繁忙期と閑散期 Uber Eats の収入はどのくらい違う?
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員 時給換算すると?
Uber Eats(ウーバーイーツ) 報酬(給料)振込みの時期と方法
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が高収入を得る方法
Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達員は確定申告が必要?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬(給料)の仕組み

自転車とデリバリーのバッグ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、どのように収入を得ているのでしょうか。

配達パートナー(配達員)は、Uber Eats や飲食店に雇われるのではなく、個人事業主として契約します。このため、収入を得る仕組みは、給料制ではなく、報酬制です。

配送1件あたりの報酬額は、次の図のように計算されます。

Uber Eatsの報酬体系

報酬の中身を具体的に見ていきましょう。

配送料とは

「配送料」とは、配達パートナーが得る報酬のベースとなる部分です。「基本金額」「配達調整金額」からなります。

 基本金額

「基本金額」は、配送料の基準となる金額です。

基本金額は、Uber Eats 独自のアルゴリズムによって決定します。商品の受け取りにかかる時間と距離、天候、稼働中の配達員の人数、もともとの商品単価など、さまざまな要素をもとに算出されます。

地方よりも都心のほうが基本金額が高い傾向にあります。

配達調整金額

基本金額にくわえて、以下のようなときに追加で支払われる金額です。

  • 通常より交通状況が混雑している
  • 通常より店舗での待ち時間が長い
  • 通常より配達員の数が少なく、需要が高い
  • 複数同時配達(ダブルピック、トリプルピック)

ピックアップ時に料理ができていなくて待ち時間ができても、その分いくらかは支払われるので、ストレスが少なくなります。

青空とカード

インセンティブとは

インセンティブ(アプリ上ではプロモーションという)は、Uber Eats の配達員が得られる追加報酬のことです。

以下の3つの種類があります。

① ブースト

注文の多い時間や場所で配達をする場合に、「基本金額」が増額(1.1倍、1.4倍など)される仕組みです。

ブーストが発生する時間や場所は毎週変わり、配達パートナー自身が、アプリ上で確認できます。時間は、ランチタイムやディナータイム(11:00~14:00、18:00~21:00)がねらいめです。

※2023年11月よりブーストは廃止されました。

② ピーク料金

「ブースト」と同じく、注文の多い時間帯やエリアに発生する追加報酬です。昼夜の食事どきや悪天候のときに、アプリ上でヒートマップがあらわれます。

ピーク料金は、発生しない都市もあります。

③ クエスト

期間中に指定された回数の配達をこなすともらえるインセンティブが「クエスト」です。

クエストの発生するタイミングは、人やエリアにより異なります。

配達件数が多い配達員のほうが、少ない配達員よりも、クエストの金額が高くなるようです。

サービス手数料とは

配送料の10%にあたる金額が、「サービス手数料」として、報酬から差し引かれます。

ちなみに、プロモーションやチップ(以下で説明)は、サービス料金の差し引き対象外となり、全額を配達員が受け取れます。

※2022年8月より、配送料(報酬)から差し引かれる10%分の「手数料」がなくなりました。

チップとは

Uber Eats の配達員は、注文者からチップをもらえることがあります。海外資本のUber Eats らしい仕組みです。

注文者が注文するとき、または注文した後に、チップを支払えるシステムになっています。

チップの金額は注文金額の5%、10%、15%、20%から選ぶか、任意の金額を入力することも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員 報酬額の相場は?

Uber Eats の配達1件あたりの報酬額は、350円~550円が相場のようです。

最低金額は300円で、スリコ(スリーコインズ)とも呼ばれます。注文数に対して配達員の数が余っている状況では、スリコが出る可能性があります。

報酬額は事前に確認できる

1件の配達でもらえる報酬額は、注文リクエストが届く際に、アプリ画面で確認できます。

この金額から何かが差し引かれることはないので、最終的にもらえる金額になります。

なお、店で長く待機時間が発生したり、道が混雑していたりしたときに配達調整金額がプラスされ、当初よりももらえる金額が増えることはあります。

配達場所や距離、時間もわかる

また、報酬額だけでなく、レストランの名前や届け先までの距離、配達にかかる時間も表示されます。

これらの情報をもとに、配達員はリクエストを受けるか否かを決定できます。(リクエストを拒否しても、評価が下がることはありません)

繁忙期と閑散期 Uber Eats の収入はどのくらい違う?

ところで、Uber Eats の繁忙期と閑散期では、収入の差はどのくらいあるのでしょうか?

まず、時期を確認します。

繁忙期:7月~8月、12月~2月
閑散期:3月~5月、9月~11月

リアル配達員の声を聞くと、繁忙期を10とすると閑散期は4くらいの収入の違いがあるようです。

ただ、Uber Eats 初心者で、のんびりはじめてみたいという人は、閑散期のほうが気持ちが楽かもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員 時給換算すると?

時計と計算機

成果報酬を受け取る仕組みのUber Eats 配達員の仕事。その報酬を時給換算するとどのくらいなのでしょか?

配達パートナーの時給相場は?

Uber Eats の配達は、天候や注文の混み具合など、その時々の状況でこなせる件数が異なります。このため、時給換算は難しいことが実際です。

ただし、Uber Eats 公式の発表によると、東京の配達パートナーの平均的な売上は、1時間あたり 1,340円 (2022年10/24~11/14)となっています。
東京以外の地域では、この金額よりも低い可能性があります。

Uber Eats の時給を算出する方法

Uber Eats の時給換算は自分でできます。

Uber Eats の配達案件の注文がアプリに届くとき、単価(最終的な支払金額)と所要時間が表示されます。

例えば、単価が600円で所要時間が30分なら、時給単価は「1200円」です。

※ 同じ画面に距離も表示されるので、距離単価で受注可否を決める人もいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)報酬(給料)振込みの時期と方法

次に、Uber Eats 配達員が報酬を受け取る日、会社員でいうところの “給料日” について説明します。

Uber Eats の “給料日” は週に1回

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、週払いです。つまり、週に1回、報酬が支払われます。

締め日は毎週月曜の午前4時です。その後、登録済みの金融機関に送金されます。

振込日は金融機関により異なる

着金(実際に口座に振り込まれる)がいつになるかは、金融機関により異なります。気になる人は、金融機関に問い合わせてみましょう。

海外からの送金ということもあり、国内よりは時間がかかる傾向にあるようです。

入金のスケジュール

Uber Eatsに「給料明細」はある?

業務委託の配達パートナーの仕事で「給与」は支払われないため、いわゆる「給料明細(給与明細)」はありません。

報酬の明細はダウンロード可能

獲得した報酬についての明細は、ドライバーアプリ上で確認できます。また、サイトにログインしてデーターをダウンロードすることも可能です。

データは消えてしまうおそれもあるので、こまめにローカル保存しておくといいでしょう。

日頃から売上を管理しておくと、2月~3月にある確定申告もスムーズにできます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が高収入を得る方法

植木鉢とコイン

Uber Eats 配達パートナーの仕事で高収入を得るには、回数を重ねて慣れることのほかに、コツをつかんで効率的に働くこともポイントです。

以下のことを意識してみましょう。

(1) 土日・祝日をねらう

Uber Eats で高収入を得る一番の方法は、やはりインセンティブを使うこと。

土日や祝日は、平日より注文数が増えます。そのぶん配達パートナーが求められるので、インセンティブが高まる傾向です。

平日が忙しい人も、土日の稼働で効率的に収入アップが期待できます。ただし、休養日がなくなって体をこわさないように気をつけてください。

(2) ピークタイムをねらう

11:00~14:00、18:00~21:00のランチタイム、ディナータイムは、注文数が多くなるので確実にねらいたい時間帯。

ニーズが高まるためインセンティブも発生し、1件あたりの報酬が上がります。

一方で、住宅地の多いエリアでは、朝や夜もおすすめです。配達員の数が少ないので、効率的に稼げる可能性があります。

(3) 雨の日をねらう

雨や雪など、天候の悪い日は、注文数が増えます。場所や時間帯によってはリクエストが途切れないこともあるでしょう。

一方で配達員の数は減るためますますニーズが高まり、インセンティブもつきいやすいです。

このように、悪天候の日の稼働は収入アップにおすすめですが、安全面ではいつも以上に注意が必要になります。

(4) 得意なエリアをつくる

とくにUber Eats 初心者の人は、自分の得意なエリアを作り、集中的に稼働するのが効率的稼ぐ秘訣です。

高い単価にとびついて受注したら配達先が遠く、結果的に件数をこなせずに稼げないことも。

エリアを決めて、店や道、住居の状況などについて熟知し、むだなくスムーズに稼働することが高収入につながります。

リピーターも少なくないので、エリアを限定したほうが仕事がらくです。

(5) 店の近くで待機する

一定のエリアに慣れてくると、注文がよく入るお店がわかってくるでしょう。こうした人気店の近くで待機するのは効率的です。

ただし、店舗の目の前ではお客さんや通行人の妨げになり、お店の人に迷惑をかけてしまいます。

お店から少し離れた場所で待ちましょう。

(6) 都心は単価が高い

郊外に比べて、都心は1件あたりの報酬単価が高いです。人や飲食店の数が多く、リクエストがよく入ります。

とくに繁華街はより需要がありますが、道が込み入っていたり、館内のルートが複雑なタワマンがあったり、都心ならではの大変さもあります。

都心で稼働する際には、各エリアの特徴を把握することが大切です。

(7) 繁忙期はせまく、閑散期は広く

くり返しますが、Uber Eats で高収入を得るには、インセンティブをしっかりとることが重要です。

繁忙期(夏・冬)は基本的にインセンティブがよく出るので、配達エリアをしぼって稼働するのが効率的です。遠くへ行く必要はありません。

反対に、インセンティブが出にくい閑散期(春・秋)は、なるべく多く受注するために配達エリアを広げるほうがいいでしょう。

(8) 高単価の案件を見逃さない

Uber Eats 1件あたりの単価は300円~ですが、ときどき1件1000円を超える高単価の案件があらわれます。

配達員の間でいわれる‟マグロ案件” です。何人かの配達員に拒否された結果、単価が吊り上がっている場合が多いです。

高単価案件のリクエストがきたら、積極的にとりにいきましょう。ただし、あまりに遠い場所だと結果的に損になるので、配達距離もチェックしてください。

高収入をキープする配達員には、3つほどの繁華街をぐるぐる回遊しながら高単価案件のみをねらう人もいます。また、他のフードデリバリーと同時稼働して、それぞれの高単価案件のみをとるケースもあります。

(9) クエストを達成する

Uber Eats のインセンティブのひとつに、「クエスト」があります。

「〇日~〇日に〇件配達すると〇〇円の追加報酬」といった内容で、詳細は配達員うやエリアによって異なります。

せっかく一生懸命稼働するなら、クエストを手堅くクリアして、追加報酬をもらうのが賢明。

高単価案件をねらうことも大事ですが、その結果 ‟地蔵”(動かないで待機すること)の時間が増え、クエストを逃してしまってはもったいないもの。

クエストの期限が迫っていれば、高単価でなくてもサクサクと案件をこなしていくのも方法です。

(10) 商品価格の高い店をねらう

配達1件あたりの単価が上がる要因として、もともとの商品が高価格であることがあげられます。

たとえば、うなぎや寿司(チェーン店を除く)といった高級路線の料理です。

稼働エリアを決める際、こうした高価格の商品を取り扱う飲食店があるかどうかも参考にしてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は確定申告が必要?

確定申告のイメージ

最後に、確定申告についてお話しします。

くり返しになりますが、Uber Eats 配達パートナーは個人事業主です。そのため、Uber Eats で得た収入は、確定申告をする必要があります。

そもそも確定申告とは

仕事をして所得(収入から経費を引いた額)を得ている人は、所得税を納める義務があります。

所得税の金額は、前年の1月1日~12月31日の所得をもとに計算します。所得税を自分で計算して税務署に申告することを、「確定申告」といいます。

また、確定申告とととに、計算した所得税の納付もおこないます。

確定申告は年度末におこなう

所得税は、毎年2月16日~3月15日の間におこないます。

必要書類を税務署でもらったり国税庁のHPからダウンロードして、自分でおこないます。電子申請(e-Tax)も可能です。

個人事業主は確定申告が必要

会社などに雇われている場合は、毎月のお給料から所得税が天引きされるので、自分で確定申告する必要はありません。

一方、個人事業主の場合は年度末に確定申告をして、所得税を納めます。Uber Eats 配達員も個人事業主なので原則、確定申告が必要です。

基準を超えた人が確定申告をする

Uber Eats の配達員は確定申告が必要ですが、基準があります。

〇Uber Eats が専業の場合
年間所得が48万円以上

〇Uber Eats が副業の場合
年間所得が20万円以上

これらの場合に、確定申告をしてください。

なお、年間所得はフリーでしている他の仕事で入った所得の合算です。

Uber Eats 以外のフードデリバリーで稼働している場合は、それらで得た所得をすべて合算して上記の金額になるかがポイントになります。

「所得」=「収入」ではない

ちなみに、「所得」とは、収入から経費を差し引いたものです。

・自転車やヘルメットの購入費
・スマホの通信費
・配達エリアまでの交通費
・レンタサイクル代

などを経費にできます。

これらの領収書やレシートはきちんととっておきましょう。

自転車やスマホなど、Uber Eats の業務以外でも使うものについては、業務で使う割合分のみを経費として計上します。

基準未満でも住民税の申請は必要

所得にかけられる税金は、「所得税」のほかに「住民税」があります。

住民税は、お住まいの区や市が、確定申告書などをもとに計算します。確定申告がされていないと、住民税の計算ができません。

このため、Uber Eats などの年間所得が20万円未満で確定申告をしなかった人は、住民税の申告が別途必要になります(2月16日~3月15日に、区役所・市役所の税務課へ)。

「事業所得」か「雑所得」か?

確定申告が必要な場合、「事業所得」または「雑所得」のどちらかで申告します。

配達パートナーを本業としている人は「事業所得」、副業の人は「雑所得」で申告するのが通常です。

疑問点は近隣の税務署へ相談

ただし、副業の場合でも、実働時間や事業の規模により「事業所得」になることがあります。

迷うときは管轄の税務署に直接問い合わせてみましょう。

白色申告と青色申告

Uber Eats を本業でやっていて、事業所得として確定申告する場合、「白色申告」と「青色申告」の選択肢があります。

「青色申告」は、最大65万円の特別控除を受けられたり、バイクなど30万円未満で購入したものを全額その年に経費計上できる(白色だと何年かに分けて計上)などのメリットがあります。

ただし、青色申告は手続きが複雑という難点があります。初心者だと大変ですが、最近は会計ソフトのスペックが上がっているので、自力で青色申告をする人も増えています。

なお、青色申告をする場合は、事前に「青色申告承認申請書」「開業届け」を税務署に提出してることが条件です。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬(給料)について、テーマごとに説明しました。フリー契約であることから、自分の工夫や頑張りしだいで収入アップも見込めます。とはいえ、心身ともに元気でなければ元も子もありません。自分のからだや生活スタイルと向き合いながら、無理なく配達パートナーの仕事に取り組みましょう。(執筆者:めしレポ編集部)