Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達員の報酬(給料)の仕組みや時給相場、振込時期は?

フードデリバリーが浸透するなか、Uber Eats の配達パートナー(配達員)の需要はますます増えています。自分のペースで気軽に働けることが魅力の配達パートナーですが、どのくらい報酬(給料)を得られるのでしょうか? 料金体系や振り込みのタイミング、時給相場から確定申告まで、わかりやすくご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬はどのくらい?(目次)
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬の仕組み
Uber Eats の報酬(給料)振込みの時期と方法
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の仕事、時給にすると?
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が高収入を得る方法
Uber Eats 配達パートナーは確定申告が必要?

Uber Eats(ウーバーイーツ)まずは使ってみよう!

Uber Eats の初回限定 1,200円割引クーポン

Uber Eats 配達パートナーへの登録を検討している人もそうでない人も、まだサービスを利用したことがなければ、いちど使ってみましょう。

下のボタンからUber Eats にアクセスし、クーポンコードを適用させると、注文金額が1,200円オフになります。

手順は、「アカウント」からクーポンコードを入力しておき、注文時、最後の会計画面で選択します。

ウーバーイーツで注文
クーポンコード
MESHIREPOJP30
期間 2022/5/1~(終了日未定)
利用条件 ・Uber Eats 初回注文
・1,200円以上の注文(手数料・サービス料を除く)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬(給料)の仕組み

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、どのように収入を得ているのでしょうか。

配達パートナー(配達員)は、Uber Eats や飲食店に雇われるのではなく、個人事業主として契約します。このため、収入を得る仕組みは、給料制ではなく、報酬制です。

配送1件あたりの報酬額は、次の図のように計算されます。

報酬の中身を具体的に見ていきましょう。

配送料とは

「配送料」は、配達パートナーが得る報酬のベースとなる部分です。「基本金額」と「配達調整金額」からなります。

 基本金額

基本料金は、配送料の基準となる金額です。

商品の受け取りにかかる時間と距離、また、受け取りや届け先が複数あるかどうかにより、算出されます。

配達調整金額

基本金額にくわえて、以下のようなときに追加で支払われる金額です。

  • 通常より交通状況が混雑している。
  • 通常より店舗での待ち時間が長い。
  • 通常より配達員の数が少なく、需要が高い。

料理ができていなくて待ち時間ができても、その分いくらかは支払われるので、ストレスが少なくなります。

インセンティブとは

インセンティブ(アプリ上ではプロモーションという)は、ある一定の条件で得られる追加報酬のことです。

以下の3つの種類があります。

① ブースト

注文の多い時間や場所で配達をする場合に、「基本金額」が増額(1.1倍、1.4倍など)される仕組みです。

ブーストが発生する時間や場所は毎週変わり、配達パートナー自身が、アプリ上で確認できます。時間は、ランチタイムやディナータイム(11:00~14:00、18:00~21:00)がねらいめです。

② クエスト

配達件数に応じて、個々にもらえるインセンティブが「クエスト」です。

たとえば、「4回配達完了で400 円を獲得」「8回配達完了で1,000 円を獲得」などのクエストが存在します。期間は1日のこともあれば、週単位のこともあります。

クエストの内容やタイミングは、人により異なります。

③ ピーク料金

「ブースト」と同じく、注文の多い時間帯やエリアに発生する追加報酬です。昼夜の食事どきや悪天候のときに、アプリ上でヒートマップがあらわれます。

ピーク料金は、発生しない都市もあります。

なお、「ブースト」「クエスト」「ピーク料金」は、同時に発生した場合、併用が可能です。

サービス手数料とは

配送料の10%にあたる金額が、「サービス手数料」として、報酬から差し引かれます。

ちなみに、プロモーションやチップ(以下で説明)は、サービス料金の差し引き対象外となり、全額を配達員が受け取れます。

チップとは

Uber Eats のチップ選択画面
<注文側のチップ選択画面>

場合によって、チップをもらえることもあります。

タイミングは “注文者が渡したいとき”

悪天候だったり、ルートがわかりづらいなど、大変な配達をこなしたときに、注文者が感謝を示す手段として、チップを渡してくれることもあります。(アプリ上で、または現金で手渡しも可)

チップの金額は注文者の任意

チップの金額は、注文者がUber Eats のアプリ上で選択するか、希望する金額を設定することも可能です。

チップからはサービス料が差し引かれないので、全額が配達パートナーの収入になります。

1件あたりの報酬額の相場は?

配達1件あたりの報酬額は、毎回変わり、400円程度が平均といわれます。

報酬額が変動する理由は、配達にかかる時間や距離、注文の混み具合、インセンティブ(追加報酬)の有無などが左右します。

報酬額は注文を受ける前に確認可能

この報酬額は、注文リクエストを受けた時点で確認できます

画像(下)のようにアプリ上で金額が表示されるので、届け先の場所や配達にかかる時間なども考慮し、リクエストを受けるか否かを判断できるのです。

<画像元:Uber Eats>

なお、ここに表示される金額は、インセンティブを含み、サービス手数料が差し引かれた確定金額です。このため、表示された金額は、必ず受け取ることができます

Uber Eats の報酬(給料)振込みの時期と方法

次に、Uber Eats 配達員のいわゆる “お給料日” について説明します。配達で得た報酬(給料)は、いつ、どのように支払われるのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、週払いです。締め日は毎週月曜の午前4時となっています。

その後、登録済みの金融機関に送金(振込み)されますが、着金までにどのくらい日数がかかるかは、金融機関により異なります。

海外からの送金ということもあり、国内よりは時間がかかる傾向にあるようです。

入金のスケジュール

売上の記録「給料明細」もある

Uber Eats(ウーバーイーツ)ので得た報酬は明細もあり、ドライバーアプリ上で確認できます。

データーをダウンロードしてExcelなどで開くことも可能です。

データはいつ見られなくなってしまうとも限らないので、こまめにローカル保存して印刷しておくと安心です。年末の確定申告もスムーズにできます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の仕事、時給にすると?

サラリーマンのようにお給料をもらうのとは違い、成果報酬型のUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事。その報酬を時給換算するとどのくらいなのでしょか?

時給の相場は1,000円~1,300円

実際に配達をした人たちのレビューを見てみると、Uber Eats 配達員の仕事は、時給にすると、1,000円~1,300円くらいが平均的のようです。

Uber Eats の配達1件あたりの報酬は、400円ほどが平均的な金額です。

配達パートナーをはじめたばかりであれば、1時間に2件こなすのがやっとかもしれません。この場合、どうしても時給は下がってしまうでしょう。

それでもすきま時間を使って自分のスペースでかせげるメリットは、何にも代えがたいものです。

回数を重ねれば時給アップが見込める

また、慣れてくるにしたがい、1時間で配達できる件数が増えるでしょう。複数の注文をかけ持つ配達パートナーも少なくありません。

ベテランになると時給2,000円以上の報酬を得られる人もいます

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが高収入を得る方法

植木鉢とコイン

Uber Eats 配達パートナーの仕事で高収入を得るには、回数を重ねて慣れることのほかに、コツをつかんで効率的に働くこともポイントです。

いちばんの方法は、やはりインセンティブを有効に使うことです。以下の4点を意識してみましょう。

(1) 土日をねらう

土日や祭日は、平日にくらべて注文数が大幅に増えます。また、インセンティブの発生率も高い傾向にあります。

平日が忙しい人も、土日の稼働で効率的に収入アップが期待できます。ただし、休養日がなくなって体をこわさないように気をつけてください。

(2) 昼食時、夕食時のピークタイムをねらう

11:00~14:00、18:00~21:00 のランチおよびディナータイムは、注文数が多くなります。

インセンティブも発生して1件あたりの報酬が上がるほか、配達ごとにたまるポイントも追加付与されます。

(3) 雨の日をねらう

雨や雪など、天候の悪い日も、注文数やインセンティブが増えます。場所や時間帯によってはリクエストが途切れないほどのケースもあるでしょう。

ただし、絶え間ないリクエスト応えようと急いで商品を落としてしまったり、悪天候でのスマホや自転車の操作に難航するなど、トラブルが増えることも否めません

(4) 時間と店を決め打ちする

何回か配達をこなしていくうちに、どのお店で何時ごろ注文数が増えるのか、わかるようになるでしょう。

店舗や時間帯を考慮して、その日の配達スケジュールをあらかじめ組んでおくのも効率的なやり方です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は確定申告が必要?

確定申告のイメージ

最後に、確定申告についてお話しします。

ふれてきたとおり、Uber Eats 配達パートナーは個人事業主です。そのため、Uber Eats で得た収入は、確定申告をする必要があります。

そもそも確定申告とは

仕事をして所得(収入から経費を引いた額)を得ている人は、所得税を納める義務があります。納める額は、前年の所得を国に申告することで計算され、決定します。

会社などに雇われている場合は、毎月のお給料から税金が天引きされるので、自分で申告する必要はありません。

一方、個人事業主の場合は、年度末に「確定申告」をする必要があり、Uber Eats の配達員もここに含まれます(以下に条件あり)。

「事業所得」か「雑所得」か

Uber Eats の配達パートナーを副業としている人も多いでしょう。副業で得た「所得」は、いくつかの種類に分けられます。

配達員の仕事で得た所得は、「事業所得」または「雑所得」に当てはまります。

「事業所得」は、事業として経営した結果得られた所得のことです。一方の「雑所得」は、たとえばフリマアプリで得た報酬など、明確な区分けが難しいものが含まれます。

どちらに該当するかは、実働時間などにより異なるので、迷うときは、管轄の税務署に問い合わせてみましょう。

全員が申告する必要はない

Uber Eats の配達パートナーとして働いていても、所得が一定額を超えなければ確定申告をする必要はありません

確定申告をする必要があるのは以下の場合です。

専業の場合 → 年間所得が48万円以上
副業の場合 → 年間所得が20万円以上

条件にあてはまる人は、必ず確定申告をおこないましょう。

確定申告をしないと、税務署から罰金や利息支払いなどのペナルティが課せられます。

いざ申告するときにあわてないように、ふだんから売上(収入)を管理し、スマホ通信費や手袋などの必要経費を把握しておくことも大切です。

\ 配達パートナーの登録はこちら /
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

高収入も見込めるUber Eats 配達員の仕事

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬(給料)について、テーマごとに説明しました。フリー契約であることから、自分の工夫や頑張りしだいで大幅な収入アップも見込めます。とはいえ、心身ともに元気でなければ仕事はできません。自分のからだや生活スタイルと向き合いながら、無理なく配達パートナーの仕事をこなしていきましょう。(執筆者:めしレポ編集部)