【出前館】配達員の始め方まとめ! 登録方法・条件・必要書類や仕事の流れをご紹介

日本全国で展開するフードデリバリーの最大手「出前館」。豊富な店舗数や多彩なキャンペーンで注文者の評判は上々ですが、じつは配達員の仕事も人気です。出前館の配達員は、アルバイトと業務委託の2つの勤務体系があります。この記事では、自由度の高い「業務委託」の配達員に焦点をあて、その魅力や、応募条件、登録方法など、出前館 配達員の始め方についてわかりやすく説明します。

 

【出前館】配達員の始め方まとめ ~登録方法や条件、必要書類など~(目次)
出前館の配達員の応募条件
出前館の配達員を始めるには何が必要?
出前館の配達員を始めるまでの流れ(登録方法)
出前館の配達員 登録時に必要な書類
出前館の配達員になるにはテストがある?
出前館の配達員 仕事のシミュレーション
出前館の配達員 6つの魅力

出前館の配達員の応募条件

スマホを操作する手

まずは出前館 配達員の応募条件からチェックしましょう。

出前館の配達員は、以下の条件を満たしていれば誰でも始められます。

  • 18歳以上(高校生は不可)
  • 日本語で会話できること
  • 任意保険に入っていること※

※ 「通行人にけがをさせてしまった」「他人の車を傷つけてしまった」などの損害を補償してくれる任意保険へ加入する必要があります。

出前館の配達員を始めるのに必要なもの

出前館の配達員を始めるにあたり、とりいそぎ必要なものは何でしょうか?

答えは以下です。

  • スマートフォン(iPhone、Android)
  • 自転車、バイク、車
  • 銀行口座

バイクは、原付バイクを含みます。実際、原付バイクで出前館の配達員をしている人は多いです。

銀行口座がないと報酬(給料)が振り込まれないので、配達員の本登録までに準備しておきましょう。

出前館の配達員を始めるまでの流れ(登録方法)

出前館の配達員の始め方はシンプルです。

  1. 応募する
  2. 本登録のメールがくる
  3. 本登録する(必要情報を入力・書類をアップロード)
  4. 審査通過の連絡がくる
  5. 研修動画を視聴・テストを受ける
  6. アカウントが発行される
  7. 専用のキャップが届く
  8. 配達スタート!
<配達員の応募画面>

登録後は最短3日で配達スタート

登録してからアカウントが発行されるまでは最短3日です。アカウント発行後、5日くらいして専用のキャップが届いたら、出前館の配達を始められます。

キャップが届く前に配達を始めることも可能ですが、エリア拠点に了解をとりましょう。

出前館の配達員 登録時の必要書類は?

必要な書類

出前館の配達員を始めるには、まず本登録をします。本登録の際の必要書類を見ていきましょう。

以下の書類をアップロードすることが必須です。

  • 運転免許証※
  • 任意保険証書
  • 自賠責証明書(原付バイク・125cc超バイク・車)
  • 事業用ナンバーの画像または自動車運送事業許可(125cc超バイク・車)

※自転車の人はパスポートやマイナンバーカードも可

出前館の配達員になるにはテストがある?

出前館 配達員の本登録の審査に通ると、研修動画視聴の案内が届きます。研修動画は、出前館の配達のルールや、服装についての内容です。

視聴したあと、理解度をチェックする簡単なテストがあります。

動画の視聴とテストは期限あり

動画の視聴と理解度チェックテストの受講は、案内メールがきてから7日以内に完了する必要があります。

チェックテストは、32問中29問(90%)正解すると合格です。合格できなくても、その場で再トライできるので心配ありません。

出前館の配達員 仕事のシミュレーション

出前館 配達員を始める前に、実際の仕事の流れについても確認しましょう。

専用アプリを使って、以下、一つ一つの工程を踏んでいきます。

  1. 担当エリアで待機する
  2. 配達オファーが入る
  3. 配達オファーを受ける
  4. 店へむかう
  5. 店で配達番号を伝え、料理を受け取る
  6. 注文者へ届ける

出前館 配達員の仕事で大切なこと

1.商品を間違えない

一番気をつけたいことは、商品を間違えないことです。配達オファーがくる際に、「配達番号」が通知されます。

店舗で受け取る際は、配達番号をはっきりと伝え、その場で商品の中身を確認しましょう。

2.できるかぎり予定時刻に届ける

同じく配達オファーが入る際、注文者へのお届け予定時刻が表示されます。可能な場合にオファーを受けますから、予定時刻どおりに届けることが基本です。やむを得ず遅れてしまうときは、注文者へ連絡します。(早く届けたい場合も要連絡)

3.きれいな状態で届ける

時間を守る努力をすることは基本ですが、慌てすぎて商品がひっくり返ってしまったり、中身が乱れてしまっては元も子もありません。

出前館は、「キレイに配達する」ことをこだわりとして打ち出しています。注文者が気分よく商品を受け取ることができるよう、落ち着いて配達をしましょう。

◇ ◇ ◇

出前館 配達員の仕事では、アプリを通じて店舗と注文者、またエリア拠点にいつでも連絡がとれます。何かあれば連絡し、丁寧な対応をとることで、スムーズに仕事ができるでしょう。

出前館の配達員 6つの魅力

のれんのイラスト

ここであらためて、出前館 配達員(業務委託)の仕事の魅力を見ていきましょう。

① 報酬が高め

出前館配達員の1件あたりの報酬金額は、他のデリバリーサービスに比べて高めです。

報酬の基本となる「基本報酬」はエリアによって金額がちがいます。たとえば一都三県の基本報酬は650円で、ここに距離料金やランチタイムのブースト(追加報酬)がついて、1件800円~1,000円程度が見込めるでしょう。

② 配達距離が短め

出前館では、1つの市・区の中でも、エリアを細分化してサービスを行っています(エリア担当制)。

このため、配達距離は短めで、1件の配達に要する時間は20分程度です。結果として、配達員は多くの配達をこなして報酬を増やしやすく、体力的な負担が少ないこともメリットといえます。

③ 注文数が多い

出前館の参加店舗は全国で9万5,000店を超えています。参加店舗が多いということは、当然、注文数が多いということ。配達の仕事はたくさんあります。

④ サポートが手厚い

出前館には、エリアごとの拠点にサポートセンターをおいています。配達について困ったことがあれば、配達員はいつでも相談できる環境です。

⑤ 自由度が高い

業務委託契約の出前館配達員は、自分の都合に合わせて気軽に働けることが魅力です。すきま時間を使って効率的に稼ぐことができます。指定の帽子がある以外は、服装も自由です。

出前館に登録して配達員を始めよう!

出前館の配達員の始め方や登録方法について説明しました。報酬単価が高めで、配達距離も短く、困ったときはエリア拠点にすぐ相談できるなど、出前館 配達員のメリットはいろいろあります。興味のある人は、まずは出前館 配達員に登録してみましょう。(執筆者:めしレポ編集部)