【レストラン側】Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のメリットは? 店舗登録の方法や手数料について解説

ライフスタイルの多様化が進む昨今、飲食の分野ではデリバリー業界が活況です。デリバリーを導入すれば、新規顧客の獲得や商品開発の刷新など、売上アップにつながるメリットが得られます。一方で、日々忙しく働く飲食店のオーナーは、新しい業態への参入に足踏みするかもしれません。でも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みを利用すれば、自身の負担は少なく、気軽にデリバリーをはじめることができます。この記事では、Uber Eats のデリバリーを検討している飲食店の方々にむけて、登録方法や初期費用、手数料などの基本情報をお届けします。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のメリットは? 店舗登録の条件や方法、手数料についてもご紹介(目次)
Uber Eats(ウーバーイーツ)で出店するメリット・デメリット
【出店前】Uber Eats(ウーバーイーツ)出店でかかる費用
【出店前】レストランパートナーの登録条件
【出店前】レストランパートナーの登録方法
【出店後】業務のながれや売上の管理方法
【出店後】売上金はいつ振り込まれる?
【出店後】テイクアウトは導入するべきか
【出店後】トラブル時の相談窓口

Uber Eats(ウーバーイーツ)へ出店するメリット・デメリット

まず、Uber Eats へ出店すると、どんなよいこと、またそうでないことがあるのでしょうか。客観的に見ていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のメリット

  • 初期費用やランニングコストがかからない(キャンペーン中に限り)
  • 新しい顧客を獲得できる
  • 少ない必需品ではじめられる
  • 始業するときにタブレットをON、休みたいときはOFFにするだけ
  • 無償の管理ツールで、メニューや営業時間を変更できる
  • 無償の管理ツールで、売上や受注履歴を確認できる
  • 解約金や違約金がない
  • 集客アップにむけたキャンペーンを打てる
  • 自店の配達員とUber Eats の配達パートナーを併用できる
  • 世界的なサービスなので外国人観光客の集客も見込める

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のデメリット

  • ピークタイムは注文が重なりオペレーションが煩雑になる場合がある
  • デリバリー用の容器を店内に在庫するスペースが必要
  • 機械が苦手な人はタブレット操作に慣れるまでが大変
  • 手数料がかかる
  • 配達パートナーの質がお店の評価に影響することがある

総合的にみて、Uber Eats(ウーバーイーツ)への出店は、店舗の得になることのほうが多いといえるでしょう。しかし、デメリットがあることも事実です。

お店の現状をあらためて見直し、Uber Eats をはじめるべきか、またいつからはじめるのがいいか、検討しましょう。

ステキなカフェ

【出店前】Uber Eats(ウーバーイーツ)出店で必要なもの

さて、いざ出店をするにあたり、取り急ぎ何が必要でしょうか。

答えは以下です。

  • タブレット
  • デリバリー用の容器、カラトリー、紙袋など

思っていたより少ないと感じた人がいるかもしれません。

Uber Eats での受注や売上管理などは、タブレットを使い、オンラインでおこないます

タブレットはレンタルも可能

自分でタブレットを持っていれば、それを使えます。持ってない場合は、Uber Eats から有償でレンタルすることもできます

また、インターネットに接続するためのSIMカードも借りられるので、インターネット環境が整っていないお店でも、出店が可能です。

【出店前】Uber Eats(ウーバーイーツ)出店でかかる費用

次に、Uber Eats で出店するには、どのような費用がかかるかを見ていきます。

お金のイメージ

スタートアップ時の初期費用は?

まず、2021年6月現在、もろもろの準備に必要な初期費用は「0円」です。(ただしキャンペーン中につき、キャンペーンは予告なしに終了する可能性もあります)

通常であれば、バイクや自転車を調達し、新なスタッフを雇うなど、コストと時間がかかります。しかし、Uber Eats に加盟すれば、店舗が自分でやりくりせずにすみます。

また、月額利用料などのランニングコストもかかりません

Uber Eats への手数料がかかる

初期費用や月額利用料はかからない一方で、注文ごとにUber Eats に支払う「手数料」は発生します。

手数料は、1注文ごとに売上の35%です。

【例】パスタ(¥1,000)・ピザ(¥1,000)を受注(1回の注文)

2,000(1,000 + 1,000) × 0.35 = 700

手数料は ¥700

ちなみに、手数料は配達パートナーの報酬や、Uber Eats のプラットフォームの運営費にあてられます。

実店舗と同じ価格では利益が出ない

35%の手数料がとられる分、利益は減ってしまいますから、価格を実店舗のそれより高く設定する必要があります。

くわえて、デリバリーの包材やカラトリーにかかる費用も価格の中に組み込んでおきます。

もちろん、大幅に価格を上げればお客さんは買い渋るでしょう。お客さんの手が届き、利益もきちんと出るほどよい塩梅の価格に設定することがポイントです。

【出店前】Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録条件

飲食店の店員たち

続いて、Uber Eats に出店するための条件を確認します。

  • 営業許可証がある
  • 週4日以上かつ1日の3時間以上営業
  • メニューは5種類以上(トッピングなど含む)

以上の条件を満たしている必要があります。

また、オンラインで受注したり、配達パートナーに手配したりするので、Wi-Fiがある環境が好ましいです。しかし、Wi-Fiがない環境であっても出店できます。

【出店前】レストランパートナーの登録方法

 

Uber Eats レストランパートナーの登録画面

もろもろのことがらをふまえてUber Eats への出店を決めたら、まず、公式サイトから登録します。(加盟店のことを正式には「レストランパートナー」とよびます)

登録は大まかに以下のながれで進みます。

1.店名や住所、連絡先などを入力
2.サービス形態を選択
3.契約書にサインする
4.メニューを送る(出店後に変更可能)
5.営業時間を設定(出店後に変更可能)
6.確認メールを受信
7.アカウントを作成
8.登録終了

このあと、Uber Eats の担当者から連絡がくるのでしばらく待ちましょう。出店にむけたやり取りがあり、それが終われば店舗がUber Eats に掲載され、営業スタートとなります。

(登録希望の店舗が急増中のため、登録から営業開始までは時間がかかる可能性があります)

\ レストランパートナー登録はこちら /
Uber Eats レストランパートナー募集

 

【出店後】業務のながれや売上の管理方法

さて、加盟店登録をして契約を結び、お店がUber Eats に掲載されたら、いよいよデリバリーサービスの開始です。

Uber Eats は初出店のお店についてプロモーションを打ってくれることが多いので、初日から注文が入るケースも十分あります。

受注から配達までのながれ

注文を受けて、お客さんに商品を配達するながれは以下のとおりです。

1. タブレットに受注の通知がくる
2. タブレットで注文内容を確認する
3. 商品を準備する
4. 準備完了ボタンを押すことで、近くの配達パートナーに知らせる
5. 配達パートナーが商品を取りにくる
6. 注文番号を照会して、商品を渡す

タブレット1つで管理できるので簡単です。

管理ツールでいろいろなことができる

タブレットから「レストランマネージャー」というUber Eats 専用の管理ツールにアクセスすると、日・週・月ごとの売上金額や、顧客満足度などが確認できます。

キャンセルになった注文の数や、他店との商品準備時間の比較なども見られるので、ビジネス戦略を練る材料になります。

【出店後】売上金はいつ振り込まれる?

Uber Eats の売上は、登録した銀行口座に毎週振り込まれます。

海外送金のため遅れる場合があり、毎週同じ曜日に必ず振り込まれるとは限りません。

月払いの初期費用がある場合は、売上金額から差し引かれます。

【出店後】テイクアウトは導入するべきか

Uber Eats では、デリバリーのほかにテイクアウトの業態も選択できます。(登録時と出店後いつでも)

注文者も、下の写真のようにアプリ上でデリバリーとテイクアウトを簡単に選ぶことができます。

Uber Eat のテイクアウトのページ

テイクアウトは手数料が安い

テイクアウトを導入する一番のメリットは、

手数料が注文金額の12%と安いこと

です。

同時に、注文者の側も手数料がかからないので(デリバリーでは配送手数料・サービス料・少額注文手数料がかかります)、両者ともに負担を軽減できます。

また、Uber Eats の調査で、テイクアウトを使うお客さんは、デリバリーを使うお客さんよりも注文量が多い傾向にあることがわかっており、テイクアウトを導入すれば売上アップが見込めます。

ニーズを見極めて差別化を

テイクアウト対象の商品は、管理ツール上でメニューや価格の設定をすることができます

デリバリーとテイクアウト、それぞれを使う注文者のニーズをふまえて、差別化を図ると効果的な集客を期待できるでしょう。

Uber Eats レストランパートナー募集

【出店後】トラブル時の相談窓口

Uber Eats に出店したあと、何か困ったことがあったら、サポートセンターに連絡をして相談することができます。

フードデリバリーをめぐるトラブルが頻発している現状を受け、Uber Eats ではユーザーのサポートに注力する姿勢を見せています。

それでも最近は加盟店が飛躍的に増えていることが影響し、相談した即日にサポートを受けることができない可能性があることを覚えておきましょう。

\ レストランパートナー登録はこちら /
Uber Eats レストランパートナー募集

Uber Eats でレストランの魅力をもっと伝えよう

Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストランパートナーに登録するにあたり、覚えておきたい情報をまとめてご紹介しました。Uber Eats が公表するデータによると、調査対象の飲食店のうち80% が、Uber Eats に出店して売上が上昇した、と答えています。毎日たくさんの業務をこなす飲食店にとって、デリバリーという新たな業態を導入するのはチャレンジングなことでしょう。でも、Uber Eats の仕組みを利用すれば、挑戦のハードルはぐんと低くなります。他にはないお店の魅力をより多くの顧客へ届けるために、ぜひ、Uber Eats のレストランパートナーへの登録を検討してみてください。