Uber Eats(ウーバーイーツ)へ出店! 店舗登録の方法や手数料、受注のながれを解説

ライフスタイルが多様化し、飲食の分野ではデリバリーが盛況です。飲食店がデリバリーを導入すれば、新規ファンを増やして売上アップが見込めるでしょう。とはいえ、いちから準備するのは大変なこと。そこで利用したいのがUber Eats の仕組みです。お店の負担は少なく、気軽にデリバリーをスタートできます。

この記事では、Uber Eats 出店で大切な登録方法や費用、受注のながれなど、基本的な情報をまとめてお届けします。

 

Uber Eats 出店のお役立ち情報まとめ(目次)
Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のメリット・デメリット
Uber Eats(ウーバーイーツ)出店でかかる費用
Uber Eats(ウーバーイーツ)出店の条件
Uber Eats 店舗登録の方法
【出店後】受注のながれや売上の管理方法
【出店後】売上金の振込日はいつ?
【出店後】テイクアウトは導入すべきか
【出店後】Uber Eats トラブル時の相談窓口

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のメリット・デメリット

メリットとデメリットのイメージ

Uber Eats(ウーバーイーツ)へ出店すると、どんなメリットがあるのでしょうか? 逆に、デメリットはどんな点なのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のメリット

  • 出店費用・固定費がかからない(キャンペーン中に限り)
  • 新しい顧客を獲得できる
  • 少ない必需品ではじめられる
  • 始業時にタブレットをON、休みたいときはOFFにするだけ
  • 無償の管理ツールで、メニューや営業時間を簡単に変更できる
  • 無償の管理ツールで、売上や受注履歴を確認できる
  • 閉店時の解約金や違約金がない
  • キャンペーンを打てる
  • 自店の配達員とUber Eats の配達パートナーを併用できる
  • 世界的なサービスなので外国人観光客の集客も見込める

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のデメリット

  • ピークタイムはイートインと注文が重なり、忙しくなる
  • デリバリー用の容器を店内に在庫するスペースが必要
  • 機械が苦手な人はタブレット操作に慣れるまでが大変
  • 手数料がかかる(記事内で説明)

Uber Eats に出店するメリットとデメリットは、それぞれにあります。ただ、総合的にみると、店舗の得になることのほうが多いかもしれません。

これまでより忙しくなることはほぼ確かなので、オペレーションの効率化をつねに意識するといいでしょう。

カフェの内観

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店で必要なもの

続いて、いざ出店をするにあたり、取り急ぎ何が必要でしょうか。

答えは、

  • タブレット
  • デリバリー用の容器、カトラリー、紙袋
  • インターネット環境

です。

Uber Eats での受注や売上管理などは、タブレットを使い、オンラインでおこないます。

インターネット環境がない場合は、Wi-Fi 通信ではないタブレット(LTEモデル)を使う選択肢があります。

タブレットはレンタルも可能

自分でタブレットを持っていれば、それを使えます。持ってない場合は、Uber Eats から有償でレンタル可能です。

レンタルにかかる費用は、22,500円です。詳しくは次の項目で説明します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店でかかる費用

お金のイメージ

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するうえでかかる費用を見ていきましょう。

費用は大きく分けて3つあります。

  1. 出店費用
  2. 準備費用
  3. 売上ごとの手数料(出店後)

それぞれ具体的に解説します。

① 出店費用

2022年8月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店費用や月額費用は「0円」です。ただし、このキャンペーンは、予告なしに終了することがあります。

レストランパートナーに登録(無料)したあとに、Uber Eats の担当者と話す機会があるので、その際にキャンペーン中であるかを確認してみましょう。

② 準備費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)への出店にあたり、いろいろな準備が必要になります。その過程でかかる費用は、以下の2つがメインです。

タブレットのレンタル費用

出店後、Uber Eats(ウーバーイーツ)の受注や売上の管理は、タブレットでおこないます。タブレットをもっていなくて、Uber Eats から借りる場合は、レンタル費用がかかります。

レンタル料はWi-Fiモデル、SIMモデル(ネット環境がない場合に使う)ともに22,500円です。

一括払いではなく、15週分割(1か月1,500円)され、出店後に毎月の売上から差し引かれます。

SIMモデルをレンタルする場合は、これにくわえて毎週250円の通信費がかかります。

料理の撮影費用

料理を撮影する

Uber Eats での店舗運営には、「Uber Eats Manager(ウーバーイーツマネージャー)」というアプリを使います。

アプリ内でメニューの設定をする際に、料理の写真を自分で撮影するのではなく、Uber Eats に撮ってほしい場合は、撮影費がかかります。

料理の撮影料金は、1時間(15品目)13,000円です。10週分割により、売上から差し引かれます

③ 売上ごとの手数料(出店後)

一方、「手数料」は、Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店してからかかる費用です。料理の注文を受けるごとに、Uber Eats へ手数料を支払う必要があります。

手数料は、1回の注文ごとに売上の35%です。

【例】パスタ(¥1,000)・ピザ(¥1,000)の注文 ※1回で

¥2,000(1,000 + 1,000)× 0.35 = ¥700

手数料は ¥700

なお、手数料はUber Eats が配達パートナーに支払う報酬や、Uber Eats のプラットフォームの運営費にあてられます。

手数料を支払う方法

35%の手数料は、毎週、Uber Eats から売上金額が振り込まれる際に、差し引かれます。

手数料分は価格に上乗せ

手数料で店舗の売上がマイナスになってしまう分は、商品の販売価格に上乗せすることが通常です。くわえて、包材やカトラリーにかかるコストも価格に組み込む必要があるでしょう。

とはいえ、あまりに値段が高いと売れ行きが鈍くなってしまいます。お客さんの手が届き、利益もきちんと出る、ほどよい塩梅の価格に設定することがポイントです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店の条件

飲食店の店員たち

続いて、Uber Eats レストランパートナーとして出店するための条件を確認しましょう。

  • 営業許可証がある
  • 週4日以上かつ1日の3時間以上営業
  • メニューは5種類以上

以上の条件を満たしていれば出店できます。

5種類以上のメニューには、トッピングなども含みます。

レストランパートナーになる条件はけっして厳しくないので、ぜひ出店を検討してみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)店舗登録の方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)への出店を決めたら、まず、公式サイトからレストランパートナーの登録をします。

(1)アカウントを登録する

 

Uber Eats レストランパートナーの登録画面
<レストランパートナーの登録画面>

登録は大まかに以下のながれです。

  1. 店名や住所、担当者などを入力
  2. Uber Eats マネージャー のURLを受信
  3. Uber Eats マネージャー にログイン
  4. 営業許可証をもとに店舗情報を入力
  5. 契約書に署名
  6. 登録終了

このあと、Uber Eats がアカウントの審査をおこないます。審査にかかる時間は、だいたい1週間以内です。

※「Uber Eats マネージャー」は出店後に使う管理アプリ

(2)登録情報の確認と詳細の決定

審査に通ると、Uber Eats から「契約内容確認フォーム」が届きます。

手順にしたがい、店舗の登録情報を確認したり、メニューの写真を自分で用意するか、Uber Eats に撮影してもらう(有料)か、などを決めます。

営業許可証をアップロードする工程があるので、準備しておきましょう。

このあとは、Uber Eats マネージャー(管理アプリ)上で、メニューや営業時間などを設定していきます。

【出店後】受注のながれや売上の管理方法

料理をする男性

さて、レストランパートナー登録をして契約を結び、お店がUber Eats に掲載されたら、いよいよ出店です。

Uber Eats は、初出店のお店についてプロモーションを打ってくれることが多いので、初日から注文が入るケースも期待できます。

受注から配達までのながれ

注文を受けて、お客さんに商品を配達するながれは以下のとおりです。

  1. タブレットに注文の通知がくる
  2. 商品を準備する
  3. 準備完了ボタンを押して、配達パートナーに知らせる
  4. 配達パートナーが商品を取りにくる
  5. 注文番号を確認して、商品を渡す

タブレット1つでおこなえるので便利です。

管理アプリでビジネス戦略

管理アプリ「Uber Eats マネージャー」は、受注だけでなく、さまざまな用途に使えます。

たとえば、日・週・月ごとの売上や、顧客満足度などが確認できます。

キャンセルになった注文の数や、商品の提供時間の他店との比較は、さらなるビジネス戦略を練る材料になるでしょう。

【出店後】売上金の振込日はいつ?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の売上は、登録した銀行口座に週単位で振り込まれます。

ただし、海外から送金されるため遅れる場合があり、毎週同じ曜日に必ず振り込まれるとは限りません。

【出店後】テイクアウトは導入すべきか

Uber Eats では、デリバリーのほかにテイクアウトの業態も選択できます。(登録時と出店後いつでも)

注文者も、下の写真のようにアプリ上でデリバリーとテイクアウトを簡単に選ぶことができます。

Uber Eat のテイクアウトのページ
<Uber Eats 注文画面>

テイクアウトのメリットは?

テイクアウトならではのメリットもあります。

手数料が安い

テイクアウトは、店舗が負担する手数料が安いことが一番のメリットです。

デリバリーの手数料が売上の35%であるのに対し、テイクアウトの手数料は12%です。

注文量が多い

Uber Eats の調査で、テイクアウトを使うお客さんは、デリバリーを使うお客さんよりも注文量が多い傾向にあることがわかっています。

デリバリーとの差別化で集客UP

テイクアウト商品の設定も、管理アプリ(Uber Eats マネージャー)でできます。

デリバリーとテイクアウト、それぞれのニーズをふまえてメニュー開発や料金設定をすると、効果的な集客を期待できるでしょう。

\ テイクアウト店もまずは登録 /
Uber Eats レストランパートナー募集

【出店後】Uber Eats(ウーバーイーツ)トラブル時の相談窓口

Uber Eats に出店したあと、何か困ったことがあったら、サポートセンターに相談できます。

フードデリバリーをめぐるトラブルが頻発している現状を受け、Uber Eats ではユーザーのサポートに注力する姿勢を見せています。

サポートには数日かかることも

それでも、最近は加盟店が飛躍的に増えていることから、即日のサポートは難しいかもしれません。

サポートセンターのスタッフは、店舗側の困りごとについて、親身に対応してれるはずです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店でビジネスチャンスを拡大

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するうえで大切な情報をご紹介しました。Uber Eats によると、調査対象の飲食店の80% が「Uber Eats に出店して売上が伸びた」と答えています。毎日忙しい飲食店にとって、デリバリーという新たな業態を導入するのは容易ではないでしょう。でも、Uber Eats を利用すれば、そのハードルはぐんと下がります。お店の魅力をより多くのお客さんへ届けるために、ぜひ、Uber Eats の出店を検討してみてください。(執筆者:めしレポ編集部)