【食べログ3.5以上】築地の寿司【下町風情のコスパ寿司】

築地でシースー

旧市場からほど近く、高級店ひしめく銀座との競争も激しい築地エリアは日本一寿司の名店が集う土地のひとつ。
しかし銀座駅周辺とは違って、肩肘張らずにうまい握りが楽しめる、下町風情あふれる店も数多い。
この記事ではそんな築地から、堂々の食べログ評価を誇る10店を厳選してご紹介。ランチにも、ディナーにもおすすめの名店がずらり。

①おかめ

築地で立ち寿司

地下鉄日比谷線 築地1番出口から徒歩3分、本願寺四丁目交差点の角に立ち食い寿司屋「おかめ」はある。母体が鮮魚の問屋ということもあり、希少部位も取り揃える。

キスの昆布締め。あっさりしているが旨味がぎゅっと詰まっていて美味。
いわしは板前さんプッシュの握り。「一番お気に入りの握り方にしてもいいですか?」と聞かれたら激アツの展開。
皮の方から包丁を入れたいわしをバーナーで炙ってから握り、わさびを乗せて。驚く美味しさ。

鮪希少部位3貫セット。脳天、あご肉、ほほ肉の3貫セット。まずは脳天。脂の乗った脳天を軽く炙って提供する。すぐさまとろける脂のノリ。続いてほほ肉。見た目は繊維質なお肉のようだが、こちらも炙って。
そして店主イチオシのあご肉。こちらは生で。鯨のような濃い赤身はまるでビーフ。

店舗情報
住所: 東京都中央区築地4-8-7
アクセス: 築地駅から291メートル
営業時間: [月曜-土曜]8:00-16:00、17:00-21:00
[日曜、祝日]8:00-16:00
定休日: 無休

②築地 すし兆

ちよだの本気

本格的江戸前すしのチェーンストア、「ちよだ鮨」。そんな街中でよく見かける寿司チェーンの堂々たる築地の立ち食い寿司店が、ここ「すし兆」だ。

一貫80円から380円ととてもリーズナブルながら、ネタのうまさは文句なし。

「ランチ握り」は890円とお得。マグロの赤身、ビンチョウ、アジ、イカ、寿司海老、サーモン、ホッキ貝、玉子、マグロの軍艦2貫の合計10貫セット。
特にビンチョウマグロが、とろけるような美味しさ。
また、ホッキ貝もキュッとする歯ごたえもあって、美味。

安くてうまい、それが立ち食いの醍醐味。

店舗情報
住所: 東京都中央区築地3-10-9
アクセス: 築地駅から33メートル
営業時間: 【月曜-土曜】11:00-22:00
【休祝日】11:00-21:00
定休日: 無休

③すし小川

雲丹丼このお値段

東銀座からおよそ250メートル、築地からも徒歩圏にある。雲丹丼が目玉商品だ。

雲丹丼なんと1200円。丸い丼の中に赤酢を使ったシャリ、刻み海苔。そして丼のど真ん中に大量の雲丹が座布団のように盛られている。
まずは塩を少しふりかけ雲丹を味わう。黄色の綺麗な雲丹。磯の香りが口いっぱいに広がる。クリーミーで滑らかな舌触り。

米粒は一粒一粒立っており、ふわっとしたシャリ。このシャリに雲丹が大胆に絡み合う。いい意味で、値段を裏切る上質な雲丹丼。

握りもリーズナブルで人気。1200円で1.2人前の握りを食べられる。ザギンでシースー、このお値段?!

店舗情報
住所: 東京都中央区銀座3-14-18 小野寺ビル B1F
アクセス: 東銀座駅から236メートル
営業時間: [月曜-金曜]11:30-14:00、17:00-23:00
[土]17:00-23:00
定休日: 日曜、祝日

④鮨桂太

オープン1年でミシュラン獲得

東京メトロ日比谷線の築地駅1番出口から徒歩4分にある寿司屋。都営大江戸線の築地市場駅A1出口からだと徒歩5分ほど。大将は青山桂太氏。青山氏は札幌の「鮨菜 和喜智」を経て上京し、「鮨 水谷」で2年半、「鮨 太一」で3年半修行。30歳という若さで独立し2017年9月1日に鮨桂太をオープン。オープンしてたった1年でミシュラン一つ星を獲得した。

様々な小料理で楽しませてくれる。
蝦蛄。漬け込みの仕事でカツブシにもしっかりと味が入ってて美味。
真鱈の白子焼きは熱々のクリーミーさをポン酢でいただく。
牡蠣は海苔と山椒オイルで風味が立っている。
皮剥の肝和え。ねっとりとした旨味のある肝が、そのコクで淡白な皮剥をより美味しく。

戸井のミチっとした鮪を軽くづけにして提供。これがシンプルながら絶品。
中トロはきめ細やかでサラッと蕩ける。脂の混ざり具合が絶妙。
北寄貝網走のものを炙ることで甘みを引き出す。肉厚で噛む度に甘味と旨味がジュワっとしみだす。

店舗情報
住所: 東京都中央区築地6-6-4
アクセス: 築地駅から303メートル
営業時間: [火曜-日曜]18:00-22:30
[水曜、土曜、日曜]11:30-14:30、18:00-22:30
定休日: 毎週月曜、 第一・第三日曜日

⑤築地青空三代目 本店

50年握り続けた匠

築地駅から徒歩5分、築地市場駅から300メートル。50年間握り続けた総親方、前田保衛氏、そしてその若い弟子たちが織りなす最高の寿司を堪能できる。

「情熱感じる江戸前鮨」を「明朗会計」で提供することがモットー。カウンターでの寿司体験で「シビれる」感動を。

「青空三代目」というセットは極上握り11貫と選べる1貫で4500円。極上11貫は、真鯛、鮪赤身、白烏賊に藻塩、玉子、鯵、赤貝、いくら、中トロ、雲丹、太刀魚、金目鯛炙り、煮穴子。そして選べる1貫は大トロももちろん可能。プリッととろける脂は炙りでうまさ倍増。

店舗情報
住所: 東京都中央区築地4-13-8 トラスト築地KNビル 1F
アクセス: 築地駅本願寺出口から徒歩5分
築地市場駅から327メートル
営業時間: 【ランチ】11:00-14:30
【ディナー】17:30-22:00
定休日: 火曜

⑥築地すし大 本館

気楽に築地の寿司

格式張った高級店には気が引ける…。そんなあなたも築地でうまい寿司を!
「すし大」は築地駅から徒歩5分、築地のど真ん中にある粋な寿司店。

新鮮な天然素材を使った「本物の江戸前寿司」が売り。
3500円の「おまかせ握り」の内容は次の通り。鮨ゲタには最初に「あおさ海苔入りの玉子焼き」が2貫乗せられ、その後一貫ずつ置かれていく。

季節に応じて変わるこの日の白身は鯒、次いで鰹、牡丹海老、鰆、赤貝、金目鯛昆布〆、鯵、雲丹、大トロ炙り、巻物のネギトロ・ひもきゅう、穴子と続き、最後にお好みの一貫。
海苔巻き以外は味が付いているので、そのままで。それぞれに塩が振られていたり「煮切り」が塗られている。

江戸の真ん中で寿司を。

店舗情報
住所: 東京都中央区築地6-21-2
アクセス: 築地駅から387メートル
営業時間: [月曜-土曜]10:30-翌4:00
[日曜、祝日]11:00-22:00
定休日: 年始

⑦焼うお いし川

人呼んで「肉のない焼肉屋」

「築地最強の炙り丼は、焼うおに変わる」。本鮪の大トロ、のどぐろ、金目鯛などをさっと炙って丼にのせた築地最強の炙り丼。焼うおは、この築地最強の炙り丼を究極の美味しさまでもっていくために店主石川が考案した新感覚寿司だ。

一切れが厚く、どれも肉に見立てて「カルビ」や「タン」などネーミングがついている。店員の方が一枚一枚説明をしながら丁寧に焼いてくれる。肉と違い、豪快に食うと言うより一口一口味わいながら食す感じ。改めて魚のありがたみを実感できる。

こちらではそのまま食べたくなる本マグロの大トロや牡蠣などをばんばん焼いてしまう。そして酒呑みには禁じ手の「初手ごはん」がめっぽううまい。
にんにくのほのかな香りがする酢飯にトロの炙りを乗せ、薬味でいただく。これが「焼きうお」か、と感心。

店舗情報
住所: 東京都中央区築地4-13-5 1F
アクセス: 築地駅から351メートル
営業時間: 【ランチ】11:00-15:00
【ディナー】17:30-22:00
日曜、祝日17:30-21:30
定休日: 月曜

⑧ぎんざ 鮨一代 有吾

お手頃ランチもうまい

「有吾」は東銀座より徒歩3分、東京メトロ新富町より徒歩4分、築地駅からも徒歩圏の銀座3丁目にある。

ランチのリーズナブルさも人気。サービスランチの1.5人前は1700円。ちなみに1人前は1200円。なおちょっと贅沢な特選ランチは雪:2200円、月:3300円、花:4400円。ばらちらし:1200円がなかでも人気のお手頃メニューだ。

赤身、トロ、カンパチ、アジ、エビ、穴子、玉子焼、キュウリにたっぷりのイクラを散らした、大胆で美しいばらちらし。「お味が付いていますのでそのままどうぞ」の言葉通り、マグロは漬けに、青魚は酢〆、穴子もエビも仕事が施されている。すり身の入った玉子焼もほどよい甘さ、ふんわりした食感で美味。酢飯と鮨種のあいだには煎ったすりゴマが振ってあり、香ばしいアクセントに。

味噌汁も寿司屋ならではの出汁が感じられる。魚との相性もバッチリ。

店舗情報
住所: 東京都中央区銀座3-13-4
アクセス: 東京メトロ東銀座より徒歩3分
東京メトロ新富町より徒歩4分
営業時間: ランチ 月曜-金曜12:00-14:00
ディナー 月曜-金曜18:00-22:00 土曜18:00-21:00
定休日: 日曜、祝日

⑨本種

裏手の名店

築地場外の裏路地でなかなか分かりにくい場所にありながら、食べログ3.6以上を誇る名店だ。市場は無くなっても観光地としての存在価値は健在で、今も賑わっている。
ガラス戸の中にはカウンター席が6席だけあり、屋台のような雰囲気。これがまたいい。

にぎり1.5人前(1,700円)。マグロとトロが合わせて3貫、赤貝、つぶ貝、自身2種、イカ、海老、アジ、カツオ、玉子。
マグロはもちろん本マグロで厚みもしっかり。赤身、腹側の身で大トロに近いもの、その中間、と同じマグロ3貫でも味わいは豊か。
寿司店にしては柔らかい炊き加減のシャリで、味付けは標準的。、おにぎりのようなしっかりと握られた寿司は、大衆的で下町のスタイルか。
イカは、青じそが挟んであって香りが心地よい。爽やかな寿司だ。

店舗情報
住所: 東京都中央区築地6-25-4
アクセス: 築地駅から379メートル
営業時間: [月曜-金曜]10:30-14:00、17:30-21:00
[土曜、日曜、祝日]10:30-14:00
定休日: 水曜

⑩つきじ鈴富 すし富

卸業者の直営

豊洲市場まぐろ専門仲卸「鈴富」直営の本格江戸前鮨店。まぐろをはじめとして「旬の天然魚」にこだわった握りを提供する。平日10:30~15:00は厳選された天然のネタを使ったランチメニューを。そして夜は美味しいお酒で一杯やりながら旬の食材を使ったミニコースメニューが人気だ。

ランチメニューで目を引くのが、鮪きりおとしづけ丼。なんと660円という安さ。天然インド鮪を贅沢に使っている。鮪の赤身は一つ一つが大きく切られてご飯の上に乗っている。まぐろはスジも少なく柔らかく食べやすくて美味い。

ディナーも手頃な値段で飲み食いでき、さまざまなシーンで訪れられる。

店舗情報
住所: 東京都中央区築地6-24-8
アクセス: 築地駅から393メートル
営業時間: 10:30-20:00
定休日: 年始