歴史ある東京日本橋でランチしよう! 中華・洋食・海鮮丼など、おすすめ10選をご紹介

歴史ある日本橋でランチタイム

東京屈指のオフィス街・金融街として知られる日本橋。江戸時代に五街道の起点として交通の要所となり、以来近現代にいたるまで多くの人やモノが集まる街として栄えてきた。そんな歴史ある日本橋でランチをするならどんなお店がいいだろう? 下町の粋を感じる有名店から知る人ぞ知る路地裏のお店まで、おすすめ10店を集めてみた。行き交う人の流れからしばし身を離して、至福のランチを満喫しよう。

東京日本橋でおすすめランチ10選(目次)

店舗
(クリックで詳細)
特徴や内容
① 日本橋海鮮丼 つじ半 日本橋本店 弾ける鮮度の海鮮丼をお値打ち価格で
② 日本橋 天丼 金子半之助 本店 歴史を受け継ぐ極上の天丼が980円
③ 日本橋 やぶ久(やぶきゅう) 足踏み製法を明治から受け継ぐ伝統のそば
④ ジジ&ババ 実家気分で味わう “やさしさ洋食”
⑤ とうがらし 八重洲店 庶民感覚で楽しむ本格韓国料理
⑥ 肉友(にくとも) 肉々しさ100%の極上ローストビーフ丼
⑦ フォカッチェリア ラ ブリアンツァ 常識をくつがえすフォカッチャは必食
⑧ ニホンバシ イチノイチノイチ バランスよしの和食ランチでパワーチャージ
⑨ 小楠国 日本橋店(しょうなんごく) 洗練空間でバラエティ豊かな中華ランチを
⑩ 食工房 あらじん オムライスとコロッケが名物の洋食屋

① 日本橋海鮮丼 つじ半 日本橋本店

弾ける鮮度の海鮮丼をお値打ち価格で

日本橋にきたら一度は食べたいとう人も多い海鮮丼専門店のここが本店。つけ麺の名店「つじ田」と和食の名店「「日本橋 天丼 金子半之助」の創業者がタッグを組んでオープンしたお店だ。

本当においしい海鮮丼を多くの人に食べてほしいという一途な思いで北海道の水産業者に直談判。その想いに共感を得て、味も品質も一流の海鮮丼をお値打ち価格で提供することを実現している。

1500円と手の届きやすい「ぜいたく丼(竹)」。脂ののったマグロの濃厚な旨みとシラスの塩気が絶妙にマッチ。
ほかに梅(1100円)、松(2000円)、特上(3500円)とあり、どれもマグロ、ミル貝、海老、いかなど9種のネタが共通しており段階ごとにうにやイクラが増量されていく。

海鮮丼を食べ終えたら一度カウンターに器を戻して出汁茶漬けにしてもらおう。少量のった柚子の風味がなんとも上品。あたたかさがお腹と心をさらに満たしてくれる。

口の中で弾けるようなネタの鮮度をこの値段で味わえるのはかなりお得。子どもの頃から友達で、食に精通した創業者二人の意気投合ぶりがうかがえるようだ。

店舗情報
住所: 東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル 1F
アクセス: 日本橋駅B3出口から徒歩2分
東京駅八重洲北口から徒歩5分
営業時間: [月曜-金曜] 11:00-15:00/17:00-21:00
[土曜・日曜・祝日] 11:00-21:00
定休日: 年中無休

② 日本橋 天丼 金子半之助 本店

歴史を受け継ぐ極上の天丼が980円

日本橋駅から徒歩4分、三越前駅からは徒歩1分の場所にある日本橋きっての天丼の名店。日本の和食会を牽引した料理人、 金子半之助氏の孫である金子真也氏が2010年に開店した。子どもの頃から祖父の味に慣れ親しんできた真也氏は門外不出のレシピを受け継ぎ、その一つとして「秘伝の江戸前の丼タレ」を継承。これに合うネタやその調理法を試行錯誤しながら探求し、やっと行き着いた答えがこちらで食べられる極上の天丼だ。

金子半之助氏が思い描いた “粋で豪快で手軽な天丼” をそのまま体現した「江戸前天丼」。大ぶりの穴子やイカ、海老はその日の朝に豊洲市場で仕入れるから新鮮そのもの。ぽってりとした半熟卵もファンの多い品目。良質な油で揚げられた天ぷらは軽やかで胃もたれしない。この贅沢さで980円なのだからおどろきだ。

120円で味噌汁をつけられるのもうれしい。秘伝のタレがたっぷりと染みた天ぷらとごはんのハーモニーは外国人観光客の舌もとりこにする。並んででも堪能するべき、唯一無二の丼グルメだ。

店舗情報
住所: <東京都中央区日本橋室町1-11-15 1F・2F
アクセス: 地下鉄「三越前」駅A1出口から徒歩1分
地下鉄「日本橋」駅から徒歩4分
JR「新日本橋」駅から徒歩5分
営業時間: [平日] 11:00-22:00
[土日祝] 10:00-21:00
定休日: 年末年始

③ 日本橋 やぶ久(やぶきゅう)

足踏み製法を明治から受け継ぐ伝統のそば

日本橋駅から徒歩1分の「やぶ久」は明治35年創業の日本橋を代表する超老舗。4代にわたり受け継いできた伝統の足踏み製法により、背筋がすっと伸びるようなしっかりとコシの強いそばが特徴だ。北海道産の最上級そば粉に福井産の粗挽き粉をブレンドしているから、心地よい歯切れのよさや上品な風味も楽しめる。

そばはもちろん、このお店がカレー好きにも人気の理由はテレビでもたびたび紹介されている「カレー南蛮」。別製の返しを使ったコクのあるつゆは、目が覚めるほどスパイシー。ふつうの他に辛口、大辛口、激辛を用意し、辛党も納得の激辛は7種の七味で爽やかな汗をかけること間違いない。

ランチタイムのおすすめは小さなそばと小さなごはんのセット、950円(税別)。そばはカレー南蛮、たぬき、おろしなど、ごはんはカレー丼、玉子丼、いか天丼などから、好きなものを組み合わせられる。2つのおいしさを一度で楽しめるとあって人気のメニュー。

つけそばもいちおしで、「夏野菜の冷やしそば」や「つけカレーせいろ」はぜひ一度おためしを。そば自体の素朴なおいしさをダイレクトに味わえることも魅力だ。

店舗情報
住所: 東京都中央区日本橋2-1-19
アクセス: JR「東京駅」八重洲北口から徒歩3分
地下鉄「日本橋駅」B7出口から徒歩1分
営業時間: [月曜-金曜] 11:00-16:00/17:00-23:00
[土曜] 11:00-16:00/17:00-21:30
定休日: 日曜・祝日

④ ジジ&ババ

実家気分で味わう “やさしさ洋食”

日本橋駅からほど近いビルの2階にある1977年創業の洋食屋さん。山形県出身の “ジジ” と山梨県出身の “ババ” がふるさとの食材を使ったあたたかな料理をふるまう家庭的なお店だ。

11:30からのランチタイムはほどなく近隣の会社員などで満員に。店内はアットホームな雰囲気で居心地がよく、みんなリラックスした様子で昼のひとときを楽しんでいる。

昼時の一番人気は牛100%のハンバーグ(1100円税別)。チーズ風味のデミグラスソースは濃厚、まろやか。ごはんを運ぶ箸が止まらない。

あつあつの「グラタンランチセット」(1100円税別)はミートドリア、スパゲッティーグラタン、マッシュポテトが主役のチーズグラタンから選ぶ。自家製のホワイトソースはほっこりするようなやさしい味わい。

「チキンカツカレー」(1350\税別)はジジ担当。マイルドかつ後味はキレのあるカレーに甲州地鶏を使ったサクサクのカツがどどんと乗って腹ペコ時も大満足だ。

ランチメニューはどれもサラダ、スープ、ドリンクが付くのがうれしい。プラス250円でチキンカツや揚げ立てメンチのトッピングもおすすめ。食後はミラノブレンドの香り高いコーヒーでホッとひといき。。

店舗情報
住所: 東京都中央区日本橋2-2-15 日本橋テイトビル 2F
アクセス: 地下鉄「日本橋駅」B0出口から徒歩1分
JR「東京駅」八重洲出口から徒歩5分
営業時間: [平日] 11:30-15:00/17:00-24:00
[土曜] 12:00-15:00/17:00-23:00
定休日: 日曜

⑤ とうがらし 八重洲店

庶民感覚で楽しむ本格韓国料理

日本橋駅、東京駅から歩いて5分。八重洲桜通りを1本入った路地裏にたたずむ韓国料理のお店。気取らない雰囲気の店内は韓国ポップスが流れ、現地の食堂に訪れたようだ。

韓国人の料理人が作る料理はあえて日本人の口に合わせない本格派。薬食同源の考えを軸に、身体の芯から温まる韓国の家庭料理を存分に味わえる。

「自家製サムゲタン」は奥深い薬膳の味と香りがふんわりと鼻に抜ける。ホロホロとくずれるほどに柔らかく煮込まれた鶏肉も絶品だ。

「チーズビビンパ」は寒い日にぜひ食べたい一品。クリーム色の海に沈む自家製ナムルはどこか懐かしい味わいで、すべてを混ぜ合わせてほおばるとホクホクと心まで温まるおいしさ。

ほかにも「「スンドゥブチゲ」、「プルコギ定食」、「ユッケジャン定食」などがあり、いずれも800円前後と値段はきわめて良心的。うまい・安い・早い、そしてヘルシー。お腹をすかせた忙しい都会人のお助け札のようなお店だ。

店舗情報
住所: 東京都中央区八重洲1-5-10 ソーケンビル八重洲 1F
アクセス: 地下鉄「日本橋駅」から徒歩3分
営業時間: 11:00-14:00/17:00-23:30
定休日: 日曜

⑥ 肉友(にくとも)

肉々しさ100%の極上ローストビーフ丼

“赤身肉の聖地” といわれる吉祥寺の「肉山」がプロデュースする肉尽くしのビストロ。昼はローストビーフ丼(2000円)または日替わりプレート(1000円)、夜は最高級の肉ざんまいに酔いしれる「ディナーコース」(6000円)の一択という潔さ。とにかくおいしい肉が食べたい、という人に向けてその答えをダイレクトに打ち返してくれるお店なのだ。

「ローストビーフ丼」は極上赤身肉のおいしさをこれでもかというほどに味わえる。たのもしい弾力をフルに満喫しながら噛みしめると、肉本来の旨みがジュワジュワと口の中を満たしていく。赤身なのですっきりとした味わいで、甘みのある自家製ダレとの相性もぴったりだ。

2回目以降の来店なら日替わりプレートもチェックしよう。ハンバーグやステーキなどの肉料理はワンランク上の完成度で、フレンチ出身のシェフの本領を再確認できるはず。

手間ひまかけて作られたスープやサラダも、素材の声が聞こえてくるよう。肉のおいしさはもちろん、食べることの楽しみや豊かさをあらためて感じさせてくれるようなお店だ。

店舗情報
住所: 東京都中央区日本橋本石町3-2-5 マレ本石ビル 2F
アクセス: JR「新日本橋駅」「三越前駅」、JR「神田駅」から徒歩5分
営業時間: 11:30-14:00/17:30-23:00
定休日: 日曜

⑦ フォカッチェリア ラ ブリアンツァ

常識をくつがえすフォカッチャは必食

日本橋高島屋S.C.6階にあるフォカッチェリア ラ ブリアンツァは、味・値段・雰囲気のすべてに満足できる使い勝手のよいイタリアン。シェフの奥野義幸氏は会社員を経験した後に単身イタリアに渡り、数々の有名店で修行を積んで異色の持ち主だ。

看板の極薄ピザ「フォカッチャ・ディ・レッコ」をはじめ、旬の食材を使ったイタリア各地の郷土料理をリーズナブルに楽しめる。

平日は、前菜とサラダ、選べるパスタにデザートとドリンクがついたセット(1400円税別)が人気。その名も「がっつりサラダ」は思いっきり野菜を食べらる点が満足感大。

パスタは「低糖質パンのラザニア」か「本日のパスタ」を選べる。プリプリとした食感のスパゲティはほどよい塩加減で食がすすむ。「本日のパスタ」は個性を生かした素材から季節を感じられることも魅力。

メイン付きのセット(2500円税別)は、魚料理や豚のグリルなどが選べる。焼き加減も味加減も絶妙で、食材の味覚を最大限に引き出すプロの手仕事が光る。

チーズの芳醇な香りとパリっと香ばしく焼き上げられた生地が特徴のフォカッチャは、ランチタイムも単品でオーダーできる。フォカッチャの概念がくつがえること間違いない。

上質な料理を気軽に楽しめるのがこの店の魅力。職場の集まりや家族での会食など、さまざまなシーンで利用してほしい。

店舗情報
住所: 東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋高島屋 S.C. 6F
アクセス: 「日本橋駅」B4出口直通
営業時間: 11:00-22:00
定休日: 不定休(日本橋髙島屋S.C.に準じる)

⑧ ニホンバシ イチノイチノイチ

バランスよしの和食ランチでパワーチャージ

由緒ある日本橋のたもとで、全国の秀逸なお酒や季節感あふれる和食を楽しめるお店。川沿いのテラス席やムーディなバーエリア、スタイリッシュなレストランフロアと目的に合わせて空間を選べる点も魅力だ。料理人の矜持が光る粋な肴や刺身、天ぷらから鍋、江戸切そばまで、幅広い料理を提供する。

ランチタイムは、品数豊富でバランスのとれた定食メニューが近隣の会社員などに好評だ。

「本日の煮付け魚膳」(1280円税別)は数量限定で提供。丁寧な下ごしらえと素材のよさを損なわない絶妙な味付けがしみじみと伝わる。ほかにも「豚の西京焼き膳」、「鶏の竜田揚げ膳」、「鯵フライ膳 」など選択肢は多彩なので、定期的に通うお客さんが多いというのもうなずける。

「ニホンバシ御膳」(2180円税別)は、天麩羅5種盛りに刺身がセットのちょっと贅沢な内容。ビジネスランチなどにもおすすめだ。また、土日限定の「真鯛の土鍋めしコース」(2750円税別)は鹿児島県産のいずみ鶏の塩焼きも一食の価値あり。

どれも茶わん蒸しや小鉢がつき、味噌汁とごはんはお替わり自由と気前がいい。午後からの仕事にむけてしっかりパワーチャージできそうだ。

店舗情報
住所: 東京都中央区日本橋1-1-1 国分ビルディング 1F
アクセス: 地下鉄「日本橋駅」B9b出口から徒歩1分 
営業時間: [月曜-金曜] 11:00-14:00/17:00-22:00
[土日祝] 11:00-15:00/17:00-22:00
定休日: 不定休

⑨ 小楠国 日本橋店(しょうなんごく)

洗練空間でバラエティ豊かな中華ランチを

日本橋駅から徒歩1分。銀座で人気を博した「上海小南国」の後を継ぐ中華料理店。フカヒレや上海蟹などの高級食材も取り入れる本場の料理は、経験豊かな熟練シェフの腕でより上質に。

洗練された雰囲気の店内は落ち着いた個室もあり、特別な日には最適。一方で、普段づかいも大歓迎で、子どもから大人まで楽しめる幅広い中華メニューをそろえている。

ランチタイムは麺類やチャーハンのほか、炒め物や煮込み料理などを1000円前後で用意。日替わりの定食も人気。

「担々麺」はまろやかな胡麻味噌スープにピリリとした辛味がくせになる。中国本土の青山椒や花椒油がきめてで、刺激を求めるしびれファンも満足のお味。

ある日の日替わりランチは「蟹肉入りあんかけチャーハン」。こってりと甘みのあるあんがパラっと炒められたチャーハンと相性抜群。

「五目焼きそば」は具沢山で食べごたえ十分。スープや杏仁豆腐のレベルも高く、店のこだわりが感じられる。

前菜の盛り合わせや点心、麻婆豆腐などがついた「プレミアムランチセット」(2200円税別)や、名物の上海ダックが食べられる「飲茶セット」(2700円税別)など、ちょっと豪華なセットメニューも。セミフォーマルなシーンにおすすめだ。

店舗情報
住所: 東京都中央区日本橋1-16-3 日本橋木村ビル B1F
アクセス: 地下鉄「日本橋駅」D2出口から徒歩1分
営業時間: [月曜-金曜] 11:00-15:30/17:00-23:00
[土曜] 11:00-15:30/17:00-21:00
[日曜・祝日] 11:00-15:30
定休日: 年中無休(祝日・日曜はランチ営業のみ)

⑩ 食工房 あらじん

オムライスとコロッケが名物の洋食屋

日本橋三越新館の目の前にあるビルの地下1階。レトロな雰囲気が居心地のよいアットホームな洋食屋さんで、昼時には近隣で働く人で早々と満員になる。

看板メニューはテレビ番組で東京第2位と評されたオムライス(950円税込)。ケチャップで味付けされた懐かしい味わいのチキンライスを、ふわとろタイプの柔らかな卵がやさしく覆う。ほどよい酸味のデミグラスソースと一緒にすくってほおばると、おいしさの三重奏が口いっぱいに広がる。

また、コロッケ(2個1300円税込)もオムライスと同じく看板メニュー。食べてみると「メンチカツなのでは?」との感想をもつ人が大多数。そのくらい中は肉感たっぷりで、じゃがいもはむしろつなぎくらいの塩梅。玉ねぎの甘みや香辛料の香りがあいまってごはんがどんどんすすむので、定食として難なく成立する。

ちなみに木曜のランチは「コロッケの日」として通常より200円引きで食べられるので見逃せない。

ほかにも「日替わりランチ」として各曜日で焼き魚や豚汁、肉野菜定食などをラインナップ。洋食屋らしいメニューを味わいたい人は、月曜の「スペシャルランチ」(1050円税込)がおすすめ。ハンバーグ、エビフライ、白身魚のフライ、チキン南蛮がワンプレートに並ぶ主役の競演に思わず歓声を上げてしまいそう。

店舗情報
住所: 東京都中央区日本橋室町1-7-2 八木長ビル B1F
アクセス: 地下鉄「日本橋駅」から徒歩3分
地下鉄「三越前駅」A1出口から徒歩1分
営業時間: [月曜-金曜] 11:00-14:30/17:30-21:30
[日曜] 11:00-14:30
定休日: 土曜

受け継がれる日本橋の歴史

日本橋でランチするのにおすすめの10店をご紹介した。東京の経済を牽引する先端的な街だが、飲食店に関しては、下町風情のあたたかさを感じる庶民的なお店も少なくない。忙しく働くビジネスマンも、昼時には気取らないランチを楽しみながら、羽を伸ばしているのかも。日本橋の橋そのものは今や殺伐とした首都高速の下にひっそりと身をひそめている。けれど街の歴史は今も健在で、日本の明日を担う次世代の人たちにより、新しい時代へと受け継がれていくのだろう。