〈東京〉安くてかわいい!アフタヌーンティーが人気のカフェ&レストラン13選 ~2000円台・3000円台~

穴場も!安くてかわいい東京のアフタヌーンティー

アフタヌーンティーとは、その昔、イギリス貴族が午後のひとときにお茶やお菓子を楽しみながらおしゃべりをする習慣があったことに由来するといわれます。東京でも近年、ホテルを中心にアフタヌーンティーを展開するレストランが増えてきました。リッチな雰囲気が魅力ですが、値段がお高めなのが気になるところ。そこでこの記事では、東京都内で2,000円台、3,000円台と、安いけれどかわいい高コスパなアフタヌーンティーがあるカフェ・レストランをご紹介します。知る人ぞ知る穴場もあるので、ぜひチェックしてください。

【2,000円台・3,000円台】東京の安くて可愛いアフタヌーンティー13選(目次)

ホテル・レストラン
(クリックで詳細)
最寄り駅 価格(税込)※
① cafe accueil(カフェ アクイーユ) 恵比寿駅・代官山駅  2,992円
② HATAKE CAFE(ハタケ カフェ)伊勢丹新宿店 新宿駅・新宿三丁目駅 3,600円
③ Pepper PARLOR(ペッパーパーラー) 渋谷駅 2,980円
④ 絵本の国のアリス 新宿駅 2,500円
⑤ LA COCORICO(ラ ココリコ)上野店 上野駅 2,500円
⑥ Sign(サイン)吉祥寺 吉祥寺駅 2,380円
⑦ RITUEL CAFE(リチュエル カフェ) 新宿駅 3,850円
⑧ シンガポール・シーフード・リパブリック東京 竹芝駅  2,750円
⑨ Le Pain Quotidien 東京ミッドタウン店 六本木駅 3,300円
⑩ ブラッスリーカフェ ルコンテ 表参道駅 2,100円
⑪ オッティモ・シーフード・ガーデン 上野駅 3,000円
⑫ IL Fiume(イルヒューメ) 渋谷駅 3,300円
⑬ アクアリウムダイニング 新宿ライム 新宿駅 3,300円

※価格はOZmall(オズモール)のプランです。

① cafe accueil(カフェ アクイーユ)

ナチュラルな魅力の癒し系アフタヌーンティー

恵比寿と代官山それぞれの駅から徒歩5分の場所にあるナチュラルテイストのカフェです。「アクイーユ」はフランス語で “おもてなし” を意味し、その名のとおり、あたたかな接客と居心地のよい空間で、リラックスした時間を過ごせます。

フルーツやクリームをたっぷりのせたパンケーキが有名ですが、3,000円以下で楽しめるフォトジェニックなアフタヌーンティーもおすすめです。

シーズンにより内容はかわりますが、マリトッツォやチョコフォンジュなど、話題のスイーツも登場します。また、お店自慢のパンケーキがついてくることもポイントです。

アフタヌーンティーは2時間制で、ドリンクが1つセットになります。コーヒーやハーブティー、フルーツジュースなどがあり、紅茶はポットでサーブされます。

店舗情報
住所: 東京都渋谷区恵比寿西2-10-10
アクセス:「恵比寿駅」「代官山駅」から徒歩5分
営業時間: 日曜-木曜 11:00-22:00
金曜・土曜・祝前日 11:00-23:00
価格: [アフタヌーンティー] 2,992円(税込)
定休日:なし(年末年始を除く)

② HATAKE CAFE(ハタケ カフェ)伊勢丹新宿店

可愛くてヘルシーなアフタヌーンティー

HATAKE CAFE 伊勢丹新宿店の内観
〈画像元:OZmall

新宿伊勢丹にある「HATAKE CAFE(ハタケ カフェ)」は、食をとおして自然の恵みを感じられるオーガニックなカフェです。

素材は無農薬や非遺伝子組み換えにこだわり、季節を感じられるパスタやスープ、サラダからデザートまで、手間暇かけて作っています。

〈画像元:OZmall

アフタヌーンティーは、見た目のかわいさとおいしさはもちろん、からだを気づかうヘルシーさも特徴。フルーツタルトや焼菓子、チキンサンドなどに使用する食材は、産地や鮮度にこだわっています。

(夏は口コミアワード2年連続受賞の「ブルーハワイアフタヌーンティー」も人気)

有機牛乳を使ったカフェラテや特別栽培ゴーヤ茶など、飲み放題のドリンクメニューにも健康志向が生かされています。

店舗情報
住所: 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館地下2階
アクセス:「新宿三丁目駅」から徒歩1分、「新宿駅」東口から徒歩4分
営業時間: 10:30-20:00
価格: [アフタヌーンティー] 3,600円(税込)
定休日: 伊勢丹に準ずる

③ Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)

アフタヌーンティーしながらロボットと相席も?

道玄坂にある東急プラザ渋谷5Fで近未来を感じられるユニークなカフェです。Pepper(ペッパー)をはじめ、さまざまなロボットが料理を運んだり片づけたり、ときには隣に座って一緒に遊んだりします。

内装は、日本を代表するインテリアデザイナー森田恭通(もりたやすみち)氏が手掛けます。ウッドやストーンをはじめ自然界にある素材をモチーフにし、科学と自然がゆるやかにコラボレートする空間です。

アフタヌーンティーは、ワゴンのふちにかわいらしくリボンを巻き付けて登場します。カジュアルな雰囲気のカフェですが、フードやスイーツはおどろくほど本格的です。

ストロベリーシーズンには厳選したあまおうを使うなど、素材にもしっかりこだわっています。

飾りつけも一つひとつ手が込んでいて、すぐに食べるのはもったいなく感じるかもしれません。ドリンクは17種類もあり、90分間飲み放題になるので、こちらもあわせて楽しみましょう。

店舗情報
住所: 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷5F
アクセス:「渋谷駅」南改札西口から徒歩1分
営業時間: 11:00-21:00
価格: [アフタヌーンティー] 2,980円(税込)
定休日: なし

④ 絵本の国のアリス

新宿の地下に広がるファンタジーワールド

新宿駅東口から徒歩5分の場所にある、インスタ映え抜群のダイニングカフェです。きらめくシャンデリアや鏡が織りなす空間は、まさに絵本の世界に迷い込んだかのよう。ここにしかない非日常を心ゆくまで体験できます。

アフタヌーンティーは2,500円(OZmallのプラン)と値段は安いものの、2段ワゴンにプレートがついてリッチ感があります。

おなかに余裕があれば、パスタやアヒージョなど、追加メニューを注文することも可能です。

スイーツは「りんごのコンポート」や「フルーツミニタルト」、フィンガーフードは「トランプサンドウィッチ」「日替わりのキッシュ」などぜんぶで14種類あります。

半個室やテーブル席など、お好きな席を選んで、思わずうっとりするようなメルヘンチックな世界を堪能しましょう。

店舗情報
住所: 東京都新宿区歌舞伎町1-6-2 T-wingビル B2F
アクセス:「新宿駅」東口から徒歩5分
営業時間: ランチ 11:30-14:30 ディナー 17:00-23:00
価格: [アフタヌーンティー] 2,500円(税込)
定休日: なし

⑤ LA COCORICO(ラ ココリコ)上野店

ホテル1階のオープンなビストロ

上野駅近くのホテル1階に入るカジュアルフレンチ・イタリアンのお店です。大人から子どもまで気軽に入れる雰囲気で、テラス席もあります。

パスタやキッシュなど多彩なメニューの中で、名物は皮をパリパリに焼いた丸ごと一羽の「ロティサリーチキン」です。

〈画像元:OZmall

フレッシュ感あふれるアフタヌーンティーは、ティラミス、マカロン、クレムブリュレなどがところせましと並びます。

セイボリーはキッシュやサンドイッチなどがあり、食べごたえも十分。ドリンクはお替わり自由です。

特別な日には、ランチコースとアフタヌーンティーを組み合わせたプランもおすすめです。自慢のチキンもほどよい大きさでついてきます。

店舗情報
住所: 東京都台東区上野7-7-1 ホテルサンルートステラ上野1F
アクセス:「上野駅」入谷口から徒歩1分
営業時間: [昼] 11:30-15:00 [カフェ] 15:00-17:00
[夜] 17:00-23:00
価格: [アフタヌーンティー] 2,500円(税込)
定休日: 不定休

⑥ Sign(サイン)吉祥寺

モダンなカフェで苺のアフタヌーンティー

吉祥寺のアトレ本館にあるおしゃれなカフェです。店内はすっきりと洗練された雰囲気で、ところどころに飾られたモダンアートが目をひきます。

リラックスできる居心地のよい空間では、ナポリタンやオムライスなどの懐かしい洋食や、思わず写真におさめたくなる特製ドリンクを楽しめます。

ピンク色の三段ワゴンが印象的な「ストロベリーアフタヌーンティー」は、お店のシンボルともいえる存在です。

ショートケーキや杏仁豆腐、グラスデザートなどが甘酸っぱいいちごづくし。クリームをたっぷりしぼった「苺のクロワッサンサンド」もおすすめです。塩気のあるフライドポテトがほどよい口直しになります。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺 本館1F
アクセス:「吉祥寺駅」直結
営業時間: [朝] 9:00-11:00 [昼] 11:00-15:00
[夜] 15:00-22:00
価格: [アフタヌーンティー] 2,380円(税込)
定休日: 不定休

⑦ RITUEL CAFE(リチュエル カフェ)

上品で可愛いフランス系アフタヌーンティー

新宿ルミネ1のB2Fにあるフランス由来のおしゃれなカフェです。鮮やかなブルーと白で統一された店内は、クールで洗練された雰囲気。

パティシエが手作りするケーキや、焼きたてのパンは、材料をフランスや国内各地から取り寄せるなど、食へのこだわりも格別です。

リチュエル カフェのアフタヌーンティー
〈画像元:OZmall

モチーフのブルーカラーをあしらったアフタヌーンティーは、上品かつ可愛い! とヌン活ファンにも大好評。定番のカヌレのほか、グラスデザートやマカロンなど、季節ごとにかわるアイテムもあります。

リチュエル カフェのクロワッサン
〈画像元:OZmall

ボリュームにも納得の「ブリュレクロワッサンシュー」は、まろやかなバターの香りとザクザクと軽快な食感がくせになります。

さらにこちらのアフタヌーンティーの魅力はお店自慢おカットケーキを1つつけられること。「プレミアムショートケーキ」や「フレジエ エスカルゴ」などから選べます。

単品でオーダーする人も多い人気のケーキがまるごとセットになるアフタヌーンティー、ファンが多いこともうなずけます。

店舗情報
住所: 東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿ルミネ1 B2F
アクセス:「新宿駅」南口直結
営業時間: 9:00~22:00 ※土日祝は8:30開店
価格: [アフタヌーンティー] 3,850円(税込)
定休日: ルミネに準ずる

⑧ シンガポール・シーフード・リパブリック東京

景色もコスパも最高のアフタヌーンティー

シンガポール・シーフード・リパブリック東京
〈画像元:OZmall

竹芝にある人気のシーフードレストランです。中華とエスニックが融合するシンガポール料理とともに、ワクワクするようなアジアの旅行気分を味わえます。

シンガポール・シーフード・リパブリック東京の内観
〈画像元:OZmall

大きな窓のむこうには爽快な東京ベイの景観が広がり、スカイツリーも望めます。天気のよい日は、明るいテラス席をチョイスするのもいいでしょう。

近くにある浜離宮恩賜庭園の散策とセットにして来店するのもおすすめです。

シンガポール・シーフード・リパブリック東京のアフタヌーンティー
〈画像元:OZmall

アフタヌーンティーは、季節により内容が変わります。ケーキ、タルト、サンドイッチ、季節のジェラートなど、いろいろなアイテムを少しずついただけるのがポイントです。3,000円以下とは思えないほどボリュームがあり、コスパのよさもリピーターが多い理由です。

スイーツは甘すぎず上品な味わいで、最後まで飽きることなく楽しめます。ドリンクは90分のフリーフローで、爽やかな後味のクランベリージュースなどもおすすめです。

店舗情報
住所: 東京都港区海岸1-10-30 アトレ竹芝タワー棟3F
アクセス:「竹芝駅」から徒歩3分
「浜松町駅」北口から徒歩7分
営業時間: [昼] 11:00-17:00 [夜] 17:00-22:00
価格: [アフタヌーンティー] 2,750円(税込)
定休日: なし

⑨ Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)東京ミッドタウン店

ベルギー発のオーガニックベーカリー

世界中で愛されるベルギー発祥のベーカリーレストランです。オーガニックにこだわる素朴で作ったパンや総菜を多彩にそろえ、モーニングからディナーまで幅広く利用できます。

東京には新宿オペラシティと芝公園、そして六本木の東京ミッドタウンの3店舗があります。

お店のムードそのままに、アフタヌーンティーもほっこりあたたかな雰囲気です。全粒粉の小麦粉で焼いたスコーンはやさしい甘さとさっくりとした食感が特徴。オーガニックストロベリージャムとクリームをたっぷりつけていただきます。

コーヒーや紅茶もオーガニックの豆や茶葉を使用し、体にやさしいアフタヌーンティーを2時間ゆっくりと楽しめます。

店舗情報
住所: 東京都港区赤坂9-7-3 ミッドタウンウエスト E-0110
アクセス:「六本木駅」直結
営業時間: [朝]7:30-11:00 [昼]11:00-17:00
[夜]17:00-23:00
価格: [アフタヌーンティー] 3,300円(税込)
定休日: なし(元日を除く)

⑩ ブラッスリーカフェ ルコンテ

表参道駅近にある “大人の隠れ家”

ブラッスリーカフェ ルコンテの席
〈画像元:OZmall

表参道駅から徒歩1分。そんな一等地にもかかわらず、店内は驚くほど広々としています。

アンティーク調のインテリアがセンスよく配置され、その世界観はさながらパリの裏路地にあるカフェのよう。気軽なランチからワインのすすむディナーまで、多くのゲストが足を運びます。

ブラッスリーカフェ ルコンテの内観
〈画像元:OZmall

東京タワーの見えるロフト席は、“大人の隠れ家” といった雰囲気です。ふかふかとした皮張りのソファで、ゆったりと羽を伸ばせます。

ほどよいボリュームでオーダーしやすいアフタヌーンティーは、ドリンク付きで2,100円と、その安さもうれしいポイントです。目を引くびんに入りのデザートは、プリンやムース、ゼリーなど、時期により変わります。

スイーツだけでなく、スモークサーモンやスコーン、天然酵母のベーグルなどもつくので、ランチとして利用するのもおすすめです。

店舗情報
住所: 東京都港区南青山3-18-19 フェスタ表参道ビル新館 3F
アクセス:「表参道駅」から徒歩1分
営業時間: [昼] 11:30-15:00 [夜]17:00-20:00
価格: [アフタヌーンティー] 2,100円(税込)
定休日: なし(年末年始を除く)

⑪ オッティモ・シーフード・ガーデン 上野の森さくらテラス店

イタリアンならではのスイーツや軽食も魅力

オッティモ・シーフード・ガーデンの内観
〈画像元:OZmall

上野駅不忍口からすぐそばにある気さくでセンスのよいイタリアン。ズワイ蟹やオマール海老など、市場から直送される新鮮なシーフードがおいしさの秘密です。

ペンダントライトやソファが印象的な店内は、誰かのお宅に招かれたかのようにリラックスできる空間。上野駅を見下ろすテラス席も人気です。

オッティモ・シーフード・ガーデンのアフタヌーンティー
〈画像元:OZmall

ワゴンにところせましと並ぶのは、期間限定の苺のデザートやセイボリー。「カンノリーノ」や「ティラミス」といったイタリアンならではのスイーツも、春らしい苺フレイバーで登場します。

軽食はパニーニやオムレツがラインナップし、食べごたえ十分。ドリンクは約30種類が飲み放題で、滞在時間の制限はないので、心ゆくまでアフタヌーンティーを楽しめます。

店舗情報
住所: 東京都台東区上野公園1-2 上野の森さくらテラス3F
アクセス:「上野駅」不忍口から徒歩1分
営業時間: 11:00-22:00
価格: [アフタヌーンティー] 3,300円(税込)
定休日: なし

⑫ IL Fiume(イルヒューメ)

プレートに花咲くアフタヌーンティー

IL Fiumeの店内
〈画像元:OZmall

渋谷駅の新南口から徒歩5分ほどの落ち着いたエリアにあるイタリアンレストラン。炭火焼のステーキや手間暇かけたオードブル、旬の食材が光るパスタが自慢です。

モノトーンが基調のスタイリッシュな店内は、使い勝手のよいカウンターやテーブルのほか、半個室のソファ席もあります。

プレートを華やかに彩るアフタヌーンティーは、季節のフルーツをふんだんに使ったスイーツが魅力です。パンナコッタやマフィン、タルトにマカロン、クロカンブッシュなど、パティシエ渾身のプチフールがにぎやかに並びます。

紅茶専門店「amsu」の紅茶や、自家製レモネードなど、こだわりあるドリンク類も要チェックです。

店舗情報
住所: 東京都渋谷区渋谷3-14-2 ベルティス渋谷1F
アクセス:「渋谷駅」新南口から徒歩5分
営業時間: [昼] 11:30-15:00 ※土曜を除く
[夜] 17:30-22:30 ※金曜は23:00まで
価格: [アフタヌーンティー] 3,000円(税込)
定休日: なし(年末年始を除く)

⑬ アクアリウムダイニング 新宿ライム

かわいい魚たちを見ながらアフタヌーンティー

アクアリウムダイニング 新宿ライムの店内
〈画像元:OZmall

新宿駅の中央東口からすぐ、大きな水槽のあるレストランです。カラフルな熱帯魚の泳ぐ店内は、まるで海の底にある秘密の世界に迷い込んだよう。

平日は夕方から、土日・祝日はお昼から営業していて、ふだんのランチやディナーから誕生日パーティー、女子会、デートなどに利用できます。

アクアリウムダイニング 新宿ライムのアフタヌーンティー
〈画像元:OZmall

おしゃれなアクアリウムでのアフタヌーンティーは、ここでしかできない体験です。豪華な3段のティースタンドでサーブされるスイーツやセイボリーは、季節の食材を用いてパティシエが一つひとつ手作りしています。

2時間のフリードリンクには、スパークリングワインやカクテルもあり、その種類の多さにもびっくり。デザートやドリンクはもちろん、お皿やポットまでインスタ映えするアイテムばかりで、自然とテンションが上昇します。

ゆったりとリラックスできるソファ席で、非日常感いっぱいのアフタヌーンティーをお楽しみください。

店舗情報
住所: 東京都新宿区新宿3-36-10 ミラザ新宿3F
アクセス:「新宿駅」中央東口から徒歩1分
営業時間: [月曜‐金曜・祝前日] 17:30-28:00(LO26:00)
[土日祝] 12:00-28:00
価格: [アフタヌーンティー] 3,300円(税込)
定休日: なし

東京で楽しむ!コスパ優秀なアフタヌーンティー

東京で安くてかわいいアフタヌーンティーがあるカフェ・レストランをお届けしました。特別感あふれるスイーツや軽食を、コスパよく楽しめるのは何よりのしあわせ。エレガントなアフタヌーンティーをお得に楽しみながら、日常から解きはなたれるプチ贅沢を堪能しましょう。(執筆者:めしレポ編集部)