【カワサキ名物】川崎駅・京急川崎周辺の人気おすすめ餃子8選

実は!餃子推しの街

あまり知られていないが、神奈川県川崎市は「餃子の街」に数えられることもある。
「かわさき餃子」の特徴は、「かわさき餃子舗の会」が開発した専用みそ。従来の「醤油、酢、ラー油」という食べ方だけではなく「みそ、酢、ラー油」という新しいギョーザの食べ方、味の楽しみ方を提案する。あなた好みの黄金比で配合して、味噌だれ餃子のうまさをご堪能あれ。

さて、この記事ではそんな「かわさき餃子舗の会」加盟店をはじめとして、餃子の名店を8店、厳選してご紹介する。

①中華成喜

川崎元祖!老舗のど直球

川崎駅から徒歩5分。成喜は川崎で初めて餃子を出した中華料理屋だ。初めは和食専門の日本料理屋だったが、メニューの中に試験的に餃子を加えたところ、これが爆発的な大ヒット。その後中華専門店となり、現在まで地元の人たちに根強く愛される。

餃子はおよそ380円、6個。もちもちの皮は特注品で、かむほどに味わい深くなる。餡のバランスも絶妙だ。「かわさき餃子舗の会」オリジナル商品、「かわさき餃子みそ」をつけて。
野菜多めのさっぱりした味わいには、こうしたパンチの効いたタレが合う。

店舗情報
住所: 神奈川県川崎市川崎区小川町2-11
アクセス: 川崎駅から202メートル
営業時間: 11:30-21:30
定休日: 火曜

②三鶴

皮から手作り 名物サンマーメンも!

川崎駅東口にある中華料理店。ディープな裏通りに位置するが、地域のなかでも上品な雰囲気をまとったお店だ。

こちらは「かわさき餃子舗の会」と同時に「かながわサンマー麺の会」の会員店舗でもあり、神奈川名物のひとつ、「サンマー麺」も味わえる。
生碼麺、生馬麺、三碼麺とも表記するご当地の味、サンマーメンは、神奈川県の中華料理店、ラーメン店では広く提供されているラーメンの一種。中華風の塩ラーメンもしくは醤油ラーメンの上に、モヤシ入りのあんをかけたとろみのある一杯。

さあ、満を持して餃子一人前(480円)を。大ぶりで丸っこい餃子が4つ。自家製の皮はモチモチで、厚みもある。具はキャベツとニラ。粗く切ってありシャキシャキ感が残る。ぎっしり詰まっていおり、1個のボリューム感たっぷり。

店舗情報
住所: 神奈川県川崎市川崎区小川町16-10
アクセス: 京急川崎駅から518メートル
営業時間: 11:30-14:00、17:00-21:00
定休日: 火曜、日祝ランチ

③東京餃子軒 川崎店

東京発の話題店

ランチタイムには満席になっていることも多い人気店、「東京餃子軒」。川崎店は川崎駅東口から新川通りを第一京浜の方へ7分ほど歩いた左側にある。

巷で話題の餃子には下味が付いており、そのまま食べてもシンプルな味を楽しめる。ふた口めからは自家製をつけて食べるのもまた美味。卓上には定番の醤油、酢、ラー油のほか餃子専用の豆板醤味噌がある。味噌の甘みの中にもニンニクのパンチが効いており、おつまみにもおかずにも持ってこいの万能タイプ。
餃子だけではちょっと物足りない、というあなたには「唐揚げセット」。多くの人が注文する人気メニューだ。ボリューム満点の唐揚げにご飯、サラダ、味噌汁、スープ、キムチまでついてランチなら690円というコストパフォーマンス。

店舗情報
住所: 神奈川県川崎市川崎区小川町14-6 岩本第4ビル 1F
アクセス: 川崎駅から徒歩7分
営業時間: 要確認
定休日: 要確認

④天龍

コスパ上々 町中華の極

川崎駅ほど近く、アーケードのとば口に店を構える中華料理屋、「天龍」。その看板にはでかでかと「天下一」「餃子」と轟々しい文字が踊る。名前だけでも厳然としたその店は、入ってみればコスパ最強絶品町中華。

抑えるべき名物はタンメン。550円とリーズナブルなその一杯は、シンプルながら珠玉だ。透明なスープにたっぷりの野菜が嬉しい。薄切りの豚肉も旨味を醸し出す。味はあっさり。

餃子はなんと300円。少し小ぶりのサイズで、餡は少なめ。そのため軽めの口当たりでパリパリ一口で食べれてしまう一皿だ。濃厚な味噌のコクが相性良い。

店舗情報
住所: 神奈川県川崎市川崎区砂子1-1-1
アクセス: 京急川崎駅から189メートル
営業時間: 11:00-26:00
定休日: 無休

⑤徳福

肉汁がジャンボに飛び出す

徳福は徳島中華そばの専門店。徳島ラーメンは、地元では「おかずラーメン」とも呼ばれる豚骨ベースのラーメン。徳島に豚骨ラーメンが広がったのは、日本ハムの前身である徳島ハムの工場が近くにあり、安いとんこつが大量に入手可能であったためといわれている。大きめで大量のメンマ、豚バラがその特徴だ。生卵をかき混ぜ豚バラにくぐらせたり、黄身をラーメンに落としたりするその独特の食べ方から関東では「すき焼きラーメン」とも言われている。こちらでは中細面、鶏豚骨スープで比較的さっぱりしたラーメンを楽しめる。

肉汁飛び出す熱々餃子がもう一つの売りだ。そのメニュー名も「肉汁餃子」。ニンニクの効いたパンチのある逸品である。
さらに「ジャンボ極み餃子」はその肉汁ジューシー度はそのままに、なんとサイズが2倍に!これはぜひ、お腹を空かせてご来店を。

店舗情報
住所: 神奈川県川崎市川崎区駅前本町7 川崎モアーズ 7F
アクセス: 京急川崎駅から242メートル
営業時間: 11:00-23:00
定休日: 無休

⑥福盈門

ハイクオリティ中華の織りなすオリジナル餃子

福盈門では「医食同源」をコンセプトに日々サービスを行う本格中華料理店だ。川崎、新橋、鶴見に店を構える。

川崎は日航ホテルビルにある。自慢の特製XO醤をさまざまな中華料理に使用。中華であれば様々なバリエーションの料理を味わえるのも魅力だ。また、新鮮素材を厳選するとともに、料理用油はすべてコレステロール0。これぞ医食同源。

点心の皮から手作りする、こだわりの料理の数々。中でもオススメは皮から手作り、旨味のきいたスープを閉じ込めた小籠包や焼き餃子だとか。
焼き餃子は本来日本生まれの料理だが、これを本格中華のお店で味わえることも珍しい。それだけの自信を持って提供される餃子は、皮から手作りしたパリパリモチモチの逸品だ。

店舗情報
住所: 神奈川県川崎市川崎区日進町1 川崎日航ホテル B1F
アクセス: 川崎駅から153メートル
営業時間: 11:00-23:00
定休日: 不定休

⑦太陸

タワー餡かけかた焼きそばとは

川崎駅からおよそ7分、仲見世通り沿いにある「太陸」。赤い外観と赤い看板ですぐ分かる。創業昭和36年、このあたりでは知られた老舗だ。

ネットなどで話題の「タワー硬焼きそば(790円税別)」はまさに天に向かってそびえるような大盛りのかた焼きそば。餡のとろみと麺の硬さがなせる技だ。旨味たっぷり、濃厚でトロッとした餡にはキャベツ、キクラゲ、ニンジン、モヤシ、ニラ、豚バラ肉が、たっぷり。ポキッポキッとした食感で美味。

焼き餃子は丸っこい無骨な形が独特だ。皮は厚めでもちもちとした食感。具は野菜たっぷり、スタミナ満点の逸品である。

店舗情報
住所: 神奈川県川崎市川崎区東田町1-12
アクセス: 京急川崎駅から502メートル
営業時間: [月-木]11:00-14:00、17:00-23:30
[金・土] 11:00-14:00、17:00-翌1:30
定休日: 日曜、祝日

⑧餃餃者

餃子の種類がハンパない

ギョっとしてしまうような餃子押しの店名。それもそのはず、餃餃者は焼餃子、水餃子、揚げ餃子、スープ餃子、オリジナル餃子など40種類以上もの餃子を取り揃える、本物の専門店だ。

ランチのおすすめは三種盛り合わせ焼餃子定食、850円。羽根つき餃子(3種6個)、スープ、サラダ、ごはん、小鉢2品が付いたセットだ。メインの羽根つき餃子は全部で6個、ビシッとした長方形の羽根がついていて存在感がある。「汁飛び注意!」。皮を噛むとじゅわっと汁があふれだす。そこに肉や野菜などの旨みがたっぷり。しそ焼餃子、海老焼餃子、ニラ焼餃子と3種類の焼餃子を、ニンニクだれと黒酢ベースの辛口だれと合わせていただく人気メニュー。

ディナーのおすすめは、餃子のラインナップをすべて食べ放題のコースがおすすめ。絶品餃子を、あらゆる種類、思う存分、召し上がれ。

店舗情報
住所: 神奈川県川崎市川崎区貝塚1-4-18
アクセス: JR川崎駅東口下車 徒歩12分
営業時間: 【平日】11:30-14:00
【土日祝】11:30-15:00
【全日】17:00-23:00
定休日: 無休