【2022年秋】京都で人気のアフタヌーンティー18選 ホテルの優雅なティータイムにおすすめ

京都でおすすめ! 雅なアフタヌーンティー

悠久の歴史を今に受け継ぐ古都・京都。季節ごとに変わるさまざまな表情で、訪れる人たちを魅了します。この記事では、そんな風情たっぷりの京都で、優雅なアフタヌーンティーを楽しめるおすすめのホテル・レストランをご紹介。季節の素材を使った繊細なスイーツやセイボリーはもちろん、しとやかな和の粋にあふれる京都ならではの空間づくりにもご注目ください。

【2022年秋】京都で人気のアフタヌーンティー18選

レストラン/ホテル 最寄り駅
①ザ・サウザンド キョウト 京都駅
② アマン京都 円町駅
③ ザ・リッツ・カールトン京都 京都市役所前駅
④ ホテルモントレ京都 烏丸御池駅
⑤ 平安神宮会館 東山駅
⑥ 南禅寺参道 菊水 蹴上駅
⑦ ホテル ザ ミツイ キョウト 二条城前駅
⑧ 京都ブライトンホテル 今出川駅
⑨ フォーシーズンズホテル京都 七条駅
⑩ ハイアットリージェンシー京都 七条駅
⑪ ザ・ホテル青龍 京都清水 清水五条駅
⑫ フォションホテル京都 清水五条駅
⑬ パーク ハイアット 京都 祇園四条駅
⑭ Salon de KANBAYASHI 上林春松本店 祇園四条駅
⑮ 下鴨茶寮(しもがもさりょう) 出町柳駅
⑯ ラデュレ 京都四条店 河原町駅
⑰ ザ ソウドウ 東山 京都 河原町駅
⑱ MUNI KYOTO(ムニ キョウト) 嵐山駅

※ 本文に記載している価格は「一休.comレストラン」のプランです。

① TEA AND BAR(ティー アンド バー)/THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)

古都の静けさを物語る都会派ホテル

TEA AND BARの店内
<画像元:一休

京都駅からほど近いTHE THOUSAND KYOTOホテルは、洗練された222の客室、岩盤浴やホットバスを有するスパなど、ハイクオリティな施設を備える都会的なホテルです。古都の静けさを感じさせる落ち着いた雰囲気が、訪れるゲストを癒しています。

ロビー階に面した「TEA AND BAR」では、開放的なカフェと、大人のひとり時間を演出するバー、二つの異なるゾーンがゆるやかに融合します。

【9月~11月中旬】「芋栗南瓜アフタヌーンティー」

ザ サウザンド キョウトのアフタヌーンティー
<画像元:一休

豊かな秋の実りをたっぷりと感じられる風情あるアフタヌーンティーが11月まで。

ウェルカムドリンクからはじまり、スタンドスイーツにアシェットデセール、スコーン、セイボリーとアフタヌーンティーファンも大満足の豊富なラインナップです。

<画像元:一休

さつまいも、カボチャ、洋梨など旬の果実を贅沢に使ったスイーツは、素材本来の美味がつまったほくほくとしたおいしさです。

紅葉を表現したアシェットデセールはしぼりたてのモンブラン。中には丹波栗が1つまるごと入っています。

店舗情報
住所: 京都府京都市下京区東塩小路町570
アクセス: JR「京都駅」から徒歩1分
価格: 6,215円(税込)~
滞在可能時間: 11:30~14:30/15:30~18:30(2部制)
定休日: なし

② ザ・リビング パビリオン by アマン/アマン京都

古都に佇む別荘のようなホテル

アマン京都の館内
<画像元:一休

京都駅から車を30分ほど走らせた森の中にひっそりと佇むアマン京都。和の風情あふれる落ち着いたゲストルームは、日常から解き放たれる上質なプライベートリゾートを実現しています。

その中心を担う「ザ・リビング パビリオン」は、ランチからディナーまでを楽しめるおしゃれなオールデイダイニングです。京都近郊の山で採れた旬の食材を丁寧に調理した一皿は、新しい食の感動を体験させてくれます。

京の粋にあふれるアフタヌーンティー

京都らしく優美なアフタヌーンティーは、高級感のあるお重でサーブされます。ふたを開けるときのワクワクした気持ちも一興です。

四季折々の要素を取り入れた風情あるスイーツは、繊細な見た目と奥深い味わいで魅了します。

貴重な工芸品のように美しいセイボリーは、トリュフや雲丹などのリッチな食材を取り入れ、アマンならではの洗練さをかもしだしています。

おもてなしの精神にあふれる細やかな接客も、日頃の疲れを癒してくれるでしょう。

店舗情報
住所: 京都府京都市北区大北山鷲峯町1番
アクセス: JR「京都駅」から車で約30分
JR「円町駅」から車で10分
価格: 8,600円(税込)~
滞在可能時間: 2時間
定休日: なし

③ ザ・ロビーラウンジ/ザ・リッツ・カールトン京都

京都らしい風光明媚な景色も魅力

ザ・リッツ・カールトン京都の内観
<画像元:一休

鴨川のほとりに建つ5つ星ホテル、ザ・リッツ・カールトン京都。東山三十六峰を望む洗練された客室をはじめとする充実した施設と、伝統を受け継ぐあたたかなおもてなしの精神が融合するホテルです。

ホテルの玄関口にある「ザ・ロビーラウンジ」は、京都の町家様式を象徴する格子を取り入れた情緒あふれる内装が印象的です。

「ピエール・エルメ・パリ」のアフタヌーンティー

「ピエール・エルメ・パリ」のアフタヌーンティー
<画像元:一休

しっとりと和の風情あふれる店内では、フランスの有名パティスリー「ピエール・エルメ・パリ」のケーキやスコーンを味わえるアフタヌーンティーが好評です。

ウェルカムティーからはじまり、セイボリーやケーキが順番に運ばれてきます。月ごとにテーマが異なり、訪れるたびに新しいアイテムに出会えることも魅力です。

セイボリーは、ホテル専属のシェフが高級食材も取り入れながら丹精こめて作ります。目と舌に鮮やかな余韻を残す一口サイズのフレンチに感激です。

ティーマイスターが選ぶ香り高い季節の紅茶とともに、くつろぎの昼下がりをお過ごしください。

アフタヌーンティーの写真
<画像元:一休
店舗情報
住所: 京都府京都市中京区鴨川二条大橋畔
アクセス: 地下鉄「京都市役所前駅」から徒歩約3分
京阪「三条駅」から徒歩約6分
価格: 5,000円(税込)~
滞在可能時間: 2時間
定休日: なし

④ ザ・ライブラリー/ホテルモントレ京都

日本とイギリスが融合するクラシカルな空間

<画像元:一休

京都と姉妹都市の関係にある英国のエジンバラ。ともに情緒あふれる歴史的な街並みや文化が魅力です。ホテルモントレ京都は、そんな日本とイギリスの伝統を融合させたクラシカルな佇まいが、ほかにはない個性を生み出しています。

英国の書斎をモチーフにした「ザ・ライブラリー」では、お気に入りの本を片手に、日常の雑事から解き放たれる満ち足りた休息を得られます。

【10月】「ハロウィンアフタヌーンティー」

ハロウィンのアフタヌーンティー
<画像元:一休

豪華な3段ワゴンでやってくる充実のアフタヌーンティーは、そのコスパの良さもでも有名です。

10月は鮮やかなオレンジが印象的なハロウィン仕様のアフタヌーンティー。「紫芋のお墓タルト」「棺のフランボワーズオペラ」「本日のゴースト」など、シュールで可愛いスイーツたちが遊び心をくすぐります。

グラタンにミックスサンドなど、ボリュームたっぷりのセイボリーで、おなかいっぱいになれそうです。

店舗情報
住所: 京都府京都市中京区烏丸通三条下ル饅頭屋町604 ホテルモントレ京都 1F
アクセス: 地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩2分
地下鉄「四条駅」から徒歩5分
阪急「烏丸駅」から徒歩5分
価格: 4,900円(税込)
滞在可能時間: 2時間
定休日: なし

⑤ 平安神宮会館

国指定名勝の日本庭園を借景とするレストラン

平安神宮会館の館内
<画像元:一休

1895年に建立された平安神宮は、国指定名勝である平安神宮神苑(日本庭園)をはじめ、多くの重要文化財や登録有形文化財を有しています。京都三大祭りの一つである「時代祭り」が開催されることでも有名です。

美しい神苑に隣接する「平安神宮会館」の迎賓殿やロビーラウンジでは、時期限定のアフタヌーンティーを優雅に楽しめます。

遊び心ある和洋折衷のアフタヌーンティー

京都らしい静謐さに遊び心を加味したアフタヌーンティーは、値段もリーズナブルでリピーターが絶えません。

大福やお団子などの和菓子と、パフェやケーキなどの洋菓子がバランスよく取り入れられています。

毎回好評のティラミスは鳥居のマークがポイント。インパクトのある写真映えを一層後押しします。

美しい庭園を眺めながら、京都の魅力をおいしく楽しく満喫できるおすすめのアフタヌーンティーです。

店舗情報
住所: 京都府京都市左京区岡崎西天王町97
アクセス: 地下鉄「東山駅」から徒歩12分
価格: 4,500円(税込)
滞在可能時間: 2時間30分
定休日: 不定休

⑥ 南禅寺参道 菊水

癒しとグルメの満ち足りたひととき

 南禅寺参道 菊水の館内
<画像元:一休

京都市左京区にある寺院、南禅寺のそばにある “食と時を味わう別邸”。長く「料亭旅館」として愛された「菊水」が、新しい時代の風を受けてモダンにリニューアルしました。

広大な庭園と5つの客室、そして京都の古今を映し出す和洋混在のレストランが同居しています。

一日5組限定でゆったりアフタフーンティー

 南禅寺参道 菊水のアフタヌーンティー
<画像元:一休

季節ごとに装いを変えるアフタフーンティーは、一日5組限定(最大4人)です。14:30~17:00 の間で、好きなだけ滞在できます。

お膳の上に絵画のように配置されたスイーツは、京都らしい雅な世界を表現しています。

旬の食材を取り入れたセイボリーは、ハンバーガーやキッシュなど食べごたえも十分。ドリンクは紅茶や日本茶、コーヒーが飲み放題です。

店舗情報
住所: 京都府京都市左京区南禅寺福地町31
アクセス: 地下鉄「蹴上駅」から徒歩7分
価格: 6,000円(税込)
滞在可能時間: 14:30~17:00間で時間制限なし
定休日: 年中無休

⑦ THE GARDEN BAR(ザ ガーデンバー)/HOTEL THE MITSUI KYOTO

三井総領家の歴史ロマンに包まれて

 THE GARDEN BARの店内
<画像元:一休

二条城近くに250年以上にわたり存在した三井総領家の邸宅。その跡地に誕生したのが HOTEL THE MITSUI KYOTOです。京都の新旧が調和する品格とあたたかなホスピタリティが、国内外のゲストに支持されています。

心和む日本庭園に面した「THE GARDEN BAR」では、京都の四季折々の情景を表現したスイーツや、本格的窯を使ったグリル料理、また、食後はバラエティ豊かなオリジナルカクテルを楽しめます。

【9月】今が旬!ぶどうが主役のアフタヌーンティー

<画像元:一休

みずみずしいぶどうをふんだんに使った9月限定のアフタヌーンティー。

「マスカットショートケーキ」「ぶどうもち」「赤ワインのボンボンショコラ」など、ぶどうの魅力を最大限に味わえるラインナップです。

<画像元:一休

「シャインマスカットの白和え」やぶどうの葉をそえた柚子味噌ソースの「生湯葉巻」など、セイボリーにもぶどうを忍ばせています。

ドリンクは20種類以上から2つ選択可能です。

【10月~11月】秋の味覚を詰め込んだアフタヌーンティー

HOTEL THE MITSUI KYOTOのアフタヌーンティー
<画像元:一休

秋の味覚を堪能できる11月までのアフタヌーンティー。

かぼちゃプリン

<画像元:一休

「かぼちゃプリン」「栗のムース」「柑橘のボンボンショコラ」など、秋を感じられるスイーツがふんだんに味わえます。

ハロウィンセイボリー
<画像元:一休

「カボチャのポタージュ」や「茸のケーキサレ」、「紫芋のニョッキ」など、6種類のセイボリーも秋の味覚がたっぷり。

ドリンクは20種類以上から2つ選択可能です。

店舗情報
住所: 京都府京都市中京区油小路通二条下る二条油小路町284
アクセス: 地下鉄「二条城前駅」から徒歩2分
価格: 5,400円(税込)~
滞在可能時間: 12:00~14:00/14:30~16:30(2部制)
定休日: なし

⑧ ラウンジ・バー クー・オ・ミディ/京都ブライトンホテル

吹き抜けのラウンジでリラックスタイム

京都ブライトンホテルは、京都御所から徒歩約5分の閑静な住宅街に位置しています。広い施設の中には、和の粋をしたためた客室やレストラン、結婚式場があり、時代とともに幅広い客層から愛されています。

吹き抜けが気持ちのよい「ラウンジ・バー クー・オ・ミディ」では、旬の果実を使ったフォトジェニックなパフェも人気です。

【9月~10月】三段重の贅沢アフタヌーンティー

夏の果実満載のアフタヌーンティー
<画像元:一休

開けたときにアッと歓声があがりそうな三段のお重に入ったアフタヌーンティー。多彩な旬のフルーツをぎゅっと詰め込んでいます。

秋はぶどう、洋梨、栗などを使ったスイーツがせいぞろい。

とくに「ぶどうのタルト」や「和栗のモンブラン」は不動の人気です。

ビビッドな色使いも印象的で、絵画のような美しさです。紅茶やチョコ、りんごを層のように重ねた “〆パフェ” まであり、3,800円は文句なしのコスパ。満足度の高いアフタヌーンティーになっています。

店舗情報
住所: 京都府京都市上京区新町通中立売(御所西)京都ブライトンホテル1F
アクセス: 地下鉄「今出川駅」から徒歩8分
価格: 3,800円(税込)
滞在可能時間: 13:00~17:00の間で無制限
定休日: なし

⑨ ザ・ラウンジ&バー/フォーシーズンズホテル京都

自由な発想が生む先進のアフタヌーンティー

フォーシーズンズホテル京都の館内
<画像元:一休

趣深い京都の東山エリアにあるフォーシーズンズホテル京都。伝統とモダン、そして自然が調和する新しいシティリゾートを体現しています。

800年を越える歴史をもつ日本庭園「積翠園」は、四季折々の美しい表情でゲストを魅了します。「ザ・ラウンジ&バー」では、その積翠園を見渡しながら、心ほどける癒しのひとときを過ごせます。

【9月・10月】「オータムアフタヌーンティー」

〈画像元:一休

秋を迎えたホテルの日本庭園「積翠園」を、アフタヌーンティーで表現。旬の野菜や果物のおいしさをダイレクトに味わえるラインナップが魅力です。

スイーツは「スイートポテトクレームブリュレ」「抹茶の苔玉」など5品、セイボリーは「かぼちゃキッシュ」「焼きナスと鰻のサンドウィッチ」など4品あります。

目にもおいしいフルーティーなオリジナルカクテルも要チェックです。

店舗情報
住所: 京都府京都市東山区妙法院前側町445-3 フォーシーズンズホテル京都3階
アクセス: 京阪「七条駅」から徒歩12分
JR「京都駅」からタクシーで約7分
価格: 6,000円(税込)~
時間: 15:00-17:30(アフタヌーンティー)
定休日: なし

⑩ 東山 Touzan/ハイアットリージェンシー京都

渡月橋の麓にある感性豊かなホテル

ハイアットリージェンシー京都のレストラン
<画像元:一休

ハイアットリージェンシー京都は、歴史深い京都東山にある高級ホテルです。

「東山 Touzan」では、趣きある石庭園の眺めを借景に、京の粋をしたためた優美な和食を堪能できます。

京都老舗の日本茶も堪能

ハイアットリージェンシー京都のアフタヌーンティー
<画像元:一休

運ばれてきたとたん、アッと声を上げたくなるような印象的なビジュアルと充実したアイテム数。

「カクテル一口寿司」や「フォアグラムース最中」など、和洋融合の会席料理のようなセイボリーも魅力です。

東山 Touzanのスコーン
<画像元:一休

「ほうじ茶と干し葡萄のスコーン」と苺ジャム&クロテッドクリームは、おどろくほどよく合います。

自慢の日本茶は、京都の老舗「一保堂茶舗」の厳選茶葉をラインナップ。スイーツやセイボリーとの飲み合わせをお楽しみください。

店舗情報
住所: 京都府京都市東山区三十三間堂廻り644番地2
アクセス: 京阪「七条駅」から徒歩7分
価格: 6,000円(税込)~
滞在可能時間: 1時間30分
定休日: 年中無休(不定休)