札幌のおすすめスイーツをテイクアウト&デリバリー 人気の10店をシェア!

札幌で人気スイーツをテイクアウト&デリバリー

札幌といえば観光もいいけれどグルメもはずせない!札幌駅周辺でおいしい料理やスイーツをテイクアウトできる人気のカフェやレストランをご紹介します。お天気のいい日はのんびり食べ歩きも素敵です♪

\ Uber Eats も上手に活用♪ /

【2022/12/1~31】クーポンコード:

meshirepojpdec6j16

札幌でテイクアウトが人気のおすすめ店 10選(目次)

店舗
(クリックで詳細)
エリア
①円山菓子製堂 中央区
②Majisand(マジサンド) 中央区
③ Komichi(コミチ) 中央区
④ えにかいたもち 中央区
⑤ ハンケサンドイッチアンドイン 豊平区
⑥ 1616cafe(イロイロカフェ) 豊平区
⑦ Flower Flower(フラワーフラワー) 北区
⑧ ミスタークロワッサン 北区
⑨ ふわもち邸 厚別区
⑩ 花とコーヒーとたい焼き ユトリノハナ 清田区

①【中央区】円山菓子製堂

フォトジェニックな生どらやき

ショッピングモール「マルヤマクラス」の1階にある「生どらやき」専門店。しっとり香ばしい生地からあんこやクリームがあふれんばかりの見た目は写真映えもばっちりです。

苺大福生、道産餡生、レーズンバターといった不動の定番のほか、旬のフルーツを使った季節限定のメニューも登場。「焼き芋あんクリームパン」や「円山とろとろ黒糖わらび餅」も要チェックです。

店舗情報
住所: 北海道札幌市中央区南1条西 27-1-1 マルヤマクラス1階
アクセス: 円山公園駅直結
営業時間: 10:00-20:00
定休日: マルヤマクラスに準ずる

②【中央区】Majisand(マジサンド)

パティシエが作るフルーツサンド

ワンランク上のフルーツサンドを食べたい人におすすめ。狸小路にあるケーキ屋さんのようなお店の中に入ると、色とりどりのフルーツサンドが華やかに並んでいます。

熟練のパティシエが一つひとつ丁寧に手作りしていて、クリームのなめらかさ、パンのふわふわ感、フルーツのみずみずしさなど、すべてがハイレベルです。

旬の食材を贅沢に使っていることも特徴。サンドする素材にあわせてクリームの甘さや固さを調整するなど、細部までこだわっています。

店舗情報
住所: 北海道札幌市中央区南2条西1-5-9 広和ビル 1F(狸小路内)
アクセス: 狸小路駅から徒歩4分
営業時間: 11:00-20:00
定休日: 年中無休

③【中央区】Komichi(コミチ)

濃厚すっきりな極上ソフトクリーム

札幌の食文化を支える歴史深い「二条市場」。その中にある小さなソフトクリーム専門店です。

フレッシュな牛乳をたっぷり使った「ミルクソフトクリーム」。こく深く濃厚だけれど後味はすっきりとしていてどんどん食べすすめてしまいます。

パフェは普通サイズとハーフサイズを選択可能。食べ頃の新鮮フルーツをトッピングして、彩りもきれいです。気軽にテイクアウトして、近くの創成川沿いをお散歩するのもいいでしょう。

店舗情報
住所: 北海道札幌市中央区 南3条東1 新二条市場内
アクセス: 豊水すすきの駅から徒歩5分
営業時間: 10:00-17:00
定休日: 木曜

④【中央区】えにかいたもち

つきたて、焼きたてのお餅やお団子

中央区にあるお餅と大福の専門店。本店は中島公園通駅から徒歩圏内、スタンドは札幌駅19番出入口近くにあります。

お店で毎日つくお餅はつやつやとしてマシュマロのようにやわらか。団子も焼きたてで「みたらし」「ごま」「黒蜜きなこ」などがおすすめです。

大福は「豆」や「よもぎの草」といった定番のほかに、和洋ミックスのメニューも人気。「イチゴのショートケーキ大福」は、中に入ったシフォンやカスタードも自家製です。

店舗情報(本店)
住所: 北海道札幌市中央区南11条西8-3-19 エフェクト南11条B棟 1F
アクセス: 中島公園通駅から約4分
営業時間: 10:00-19:00
定休日: 年中無休

⑤【豊平区】Hanke Sandwich&Inn(ハンケサンドイッチアンドイン)

断面萌えのフルーツサンド

菊水駅から徒歩6分にあるおしゃれなサンドイッチ専門店

「Inn = 宿」の名前のとおり本当に泊まれる一軒家で、2階にリビング、3階に寝室があります。

フルーツサンドは季節ごとに新しいメニューが登場するので、いくたびに新鮮なおいしさに出会えます。

食事系なら皮がパリパリクリスピーなバゲットサンドもいちおし。テイクアウトして近くの豊平川でピクニックも楽しいでしょう。

店舗情報
住所: 北海道札幌市豊平区豊平3条2-1-45
アクセス: 菊水駅から徒歩6
営業時間: 111:00-16:00
定休日: 水曜

⑥【豊平区】1616cafe(イロイロカフェ)

サクサクもちもち「クロッフル」

地下鉄環状通東口近くにある、韓国発祥の映えスイーツ「クロッフル」の専門店。「クロッフル」は、クロワッサンとワッフルをかけあわせたハイブリッドスイーツです。

サクサク、もちもちの生地に、たっぷりのシロップやソースが染み込んで、うっとりするようなおいしさです。

「チョコバナナ」「オレオ」「ロースターキャラメル」などの人気メニューがテイクアウトできます。

店舗情報
住所: 北海道札幌市豊平区豊平3条2-1-45
アクセス: 菊水駅から徒歩6
営業時間: 111:00-16:00
定休日: 水曜

⑦【北区】Flower Flower(フラワーフラワー)

見るたび食べるたびエレガントな気分

札幌パセオ地下1階にある、お花を主役にしたコンセプトカフェ。よい香りに包まれながらいただくスイーツは、どれもキュートで思わず心がときめきます。

食べるのがもったいないけれど溶けないうちに……。クリームの中に細かな氷の粒が入っていて、口のなかでひんやりシャリシャリとするふしぎな食感です。

ほんもののお花がそえられたフォトジェニックなドリンクメニューも人気。花束をかたどったエレガントなクレープもおすすめです。

店舗情報
住所: 北海道札幌市北区北六条西2 PASEO センター B1F
アクセス: 札幌駅直結(パセオ地下1階)
営業時間: 10:00-20:00
定休日: 年中無休(パセオに準ずる)

⑧【北区】ミスタークロワッサン

ビッグなおいしさを思い切りガブリ!

2021年、あいの里教育大前にオープンしたクロワッサン専門店。いつもいいにおいがただよう店内には、さまざまな種類の焼きたてクロワッサンが陳列されています。

王道のおいしさの「プレーン」は、芳醇なバターの香りとサクサクふわふわの生地の食感を贅沢に味わえる一品。予想以上の大きさにもびっくりするかも。

「メロンパン風」や「クリーム」「生チョコ」「エッグ」、春は「さくらあんホイップ」なども人気です。

いちごの季節には「sunaoないちご」とコラボした豪華なひんやりスイーツも登場。ソフトクリームは併設する「「Annie・アニー」のもので、北海道江別市の「町村農場」の牛乳を使っています。

店舗情報
住所: 北海道札幌市北区あいの里4条5-14-5
アクセス: あいの里教育大駅から徒歩15分
営業時間: 9:30~売切れまで
定休日: 不定期(インスタで確認のこと)

⑨【厚別区】ふわもち邸

笑顔あふれるしあわせの食感

厚別区にある話題のドーナツ&ベーグル屋さん。天然酵母や道産小麦にこだわり、一つひとつお店て丁寧に手作りしています。

素材本来のおいしさを引き出したドーナツやベーグルは、店名のとおりふわふわ、もちもちで、一口食べれば誰もがファンに。

夏には「レモンアップルパイドーナツ」、秋には「えびすかぼちゃのチーズケーキ ドーナツ」など、季節限定の商品に出会えることも楽しみです。

店舗情報
住所: 北海道札幌市厚別区厚別中央2条2-3-3
アクセス: ひばりが丘駅から徒歩5分
営業時間: 8:00-16:00
定休日: 月曜・火曜

⑩【清田区】花とコーヒーとたい焼き ユトリノハナ

もちもちのたい焼きはグルテンフリー

大谷地駅から車で約3分のテイクアウト専門のたい焼き屋さん。小麦粉のかわりに米粉を使ったグルテンフリーのたい焼きが自慢です。

生地は予想以上に米粉感いっぱいで、もっちりと弾力があります。クリスピーな焼き目とのコントラストがたまりません。

「メープルチーズ」「小倉ホイップ」「ピスタチオ」「焼きそば」など、日によって多彩なメニューが登場します。

ちなみにパフェやソフトクリームも人気です。「抹茶」「黒蜜きな粉」「スイートポテト」などの限定パフェは、時期が終わらないうちにぜひトライしましょう。

店舗情報
住所: 北海道札幌市清田区平岡5条2-2-18
アクセス: 大谷地駅から車で3分
営業時間: 10:00~15:00(なくなり次第)
定休日: 水・日・土曜(不定休)

札幌で光る至高のスイーツをテイクアウト

札幌の街にはおいしいスイーツがいっぱい。お店で食べるのもいいけれど、テイクアウトして近くの公園で食べたり、デリバリーして自宅でゆっくり楽しむのもいいでしょう。モッフル、クレープ、フルーツサンド…、いろいろな味にトライして、自分だけのお気に入りを見つけてください。(執筆者:めしレポ編集部)