【食べログ3.5以上】六本木の人気おすすめ寿司屋ランキングTOP15

六本木の特徴と寿司屋を探す際のポイント

JR線は通っていないものの都営地下鉄大江戸線に東京メトロ日比谷線と二つの駅があり、東京港区内において東京の中央部に近い国際的な都市である六本木は、東京を代表するセレブインターナショナルの街である。

各国大使館や公館などがあるだけでなく、世界的に有名な外資系の大規模なハイクラスホテルがあり、多くの海外VIPをはじめとした外国人ビジネスマンや旅行者が多く、国際的高級志向の高い地域となっている。また、六本木ヒルズや東京ミッドタウンの出現により、さらに多くの人が立ち寄る場所となった。

高級志向のグルメといえば、日本グルメで代表的なものが、寿司だ。六本木にはセレブが求めるおいしい寿司が集まっており、おいしい酒と共に味わえる名店や、知る人ぞ知る人気店、飲み放題も楽しめる寿司屋や、コースでメニューを選択できる店もある。

海外だけでなく日本のVIPたちからも愛される御用達のお店も多く、日本の伝統ある寿司文化が伝わる美味を楽しむことができる。評価の高いお店を中心に、ご紹介したい。

六本木の人気おすすめ寿司屋ランキングトップ15(目次)

店舗
(クリックで詳細)
価格帯 個室

15位 鮨 海界

2万-3万円 あり

14位 酒呑

8000-1万円 なし

13位 阿部寿司

8000-1万円 なし

12位 ひのきざか

2万-3万円 あり

11位 Sushi Zo Tokyo

2万-3万円 なし

10位 六緑

2万円-3万円 あり

9位 江戸前 鮨 服部

1万-1万5000円 あり

8位 六本木 すし巽

1万-2万円 あり

7位 奈可久

1万円-1万5000円 なし

6位 鯛良

2万-3万円 あり

5位 すきやばし 次郎

3万円- なし

4位 蔵六雄山

2万円-3万円 なし

3位 鮨 由う

1万5000-2万円 あり

2位 鮨 なかむら

2万円-3万円 なし

1位 鮓 村瀬

2万-3万円 あり

15位 鮨 海界

別次元の上質さ



ミッドタウンの反対側にひっそりと佇む「海界」。店内は、木の香りが芳しい上質な和の空間になっている。北海道のミシュラン三つ星店で修業した店主が握る鮨は極上の一言。まさに言葉を失うほどの質の高さだ。「海界」では、上質の次元が全く異なる。まさに別世界といっていいだろう。

もちろん、鮨の出来も次元が違う。メニューは「おまかせ」(22,000円)と「おまかせ鮨」(18,000円)の2種類に、アラカルトとなっている。まずは大将におまかせして、提供される至高の握りに全てを委ねるのが得策だろう。口どけまろやかな「大トロ」や、シャリの酸味と相性抜群の「コハダ」など、ここでしか味わえない上質な握りを存分に堪能することができる。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木7-9-6 1F

アクセス: 六本木駅8番出口から徒歩2分
営業時間:18:00-24:00
定休日:日曜
価格帯:20000円-30000円
個室:あり

14位 酒呑

日本酒と鮨の相性を再認識されられる名店



日本酒と鮮魚を楽しむ大人の隠れ家「酒呑(ささの)」は、カウンター席でのデート利用や、テーブル席でのちょっとした飲み会利用など、幅広いシーンに合う使い勝手の良さが魅力の居酒屋だ。鮮度抜群の魚介は生簀から取り出したばかりのものを捌くため、ダイレクトに本来の旨さを感じることができる。ミッドタウンを超えた先の雑居ビルにあるので、店の場所は少々わかりづらいかもしれないが、ぜひ訪れてみて欲しい。

名物の「うにくら」は、豪快に盛られたウニとイクラが楽しめる人気メニュー。これだけでも日本酒が進んでしまうだろう。鮨に合うのは、なんといっても米から作られた日本酒である。米と魚は、日本の食文化を代表する美食であることを再認識させられる名店と言ってもいい。


店舗情報

住所: 東京都港区赤坂9-6-23 赤坂葵ビル2F

アクセス: 六本木駅8番出口から徒歩3分
営業時間:17:30-24:00
定休日:日曜、祝日
価格帯:8000円-10000円
個室:なし

13位 阿部寿司

リーズナブルなランチが人気



六本木の寿司店というと高いイメージがつきまとうが、この「阿部寿司」では、比較的リーズナブルに本格的な鮨を楽しむことができる。ランチタイムには「日替わりランチ」(1,100円)や、「鉄火丼」(1,200円)など、手軽に注文できるメニューも多い。ネタは確かな美味しさなので、訪れる価値は十分にある。これだけのクオリティのものをこの低価格で提供していることに驚くはずだ。

夜には「阿賀野コース」(5,500円)と「信濃コース」(7,000円)の2種類が用意されているが、事前に予約すれば「巻機コース」(10,000円)の利用もできる。六本木ではコースでしか注文を受け付けてくれない店舗も多いが、阿部寿司ではアラカルトでのオーダーも可能だ。六本木で気軽に鮨を楽しみたいときには重宝するだろう。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木3-16-26 ハリファックスビル1F

アクセス: 六本木駅3番出口から徒歩7分、六本木一丁目駅から徒歩6分
営業時間:11:30-14:30、17:30-29:00
定休日:年中無休
価格帯:8000円-10000円
個室:なし

詳細・クーポン: ぐるなび食べログ

12位 ひのきざか

大都会の夜景を眺めながら極上寿司を!



窓の外に広がる六本木の夜景を眺めながら高級鮨を楽しむという贅沢。それを実現できるが「ひのきざか」だ。四季折々の美食を楽しませてくれるので、季節によってメニューの内容が変わる。食材で四季を感じるために、何度も足を運びたくなるはずだ。

料理は贅を極める。ランチタイムの「松花堂弁当」(4,000円)は、お造りや温物、天ぷらなどをひととおり味わえる豪華な弁当。もはや、懐石料理と言ってもいい。だが「ひのきざか」を利用するなら、やはり夜景が楽しめる時間帯がおすすめだ。握り寿司は8貫で8,000円から。シャリが少なくネタ厚めの豪華な鮨である。光りものも生臭くはないので、苦手でも問題なく食べることができるだろう。


店舗情報

住所: 東京都港区赤坂9-7-1 ザ・リッツ・カールトン東京45F

アクセス: 六本木駅8番出口から徒歩3分
営業時間:11:30-14:30、17:30-22:00
定休日:年中無休
価格帯:20000円-30000円
個室:あり

詳細・クーポン: ぐるなび食べログ

11位 Sushi Zo Tokyo

スタイリッシュな店内で日本の食文化と伝統を感じる



1号店をロサンゼルスにオープンして以来、寿司職人としての工夫と技法を大切にする創業者の想いを受け継ぎ続けている「Sushi Zo Tokyo」。ニューヨークでもミシュランに掲載されるなど、その実力は折り紙つきだ。店内はスタイリッシュでありながらも、和の伝統も感じさせるデザインになっている。ジャズが流れる店内で、ゆっくりとくつろぎながら日本の食文化を堪能して欲しい。

旬の食材を使ったコース構成を重視しているため、メニューは「おまかせ」(22,000円)のみ。コースでは、仕入れにこだわった本物の魚介が最高の形で提供される。香りの良い大間の鮪や、軍艦で楽しむウニなど、洗練された握りながらも江戸前の流れをしっかりと引き継いでいる逸品ばかりだ。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木7-6-5 栄ビル 1F

アクセス: 六本木駅8番出口から徒歩4分
営業時間:18:00-23:00
定休日:日曜
価格帯:20000円-30000円
個室:なし

10位 六緑

開放的な居心地のいい店内



グランドハイアット東京の6階で新鮮な魚介が楽しめる「六緑」。選りすぐりの職人が厳選された食材を握るという、まさに究極の鮨がここにある。カウンターには1本の吉野檜から切り出された木材を使用するなど、店内の至るところに自然美が感じられるのも魅力だ。全体的に明るく開放的な空間になっているので居心地も良い。

敷居が高く入りにくい印象もあるが、六本木という場所やグランドハイアット内の店舗という条件を加味すれば、決して割高な価格設定ではない。ランチタイムには「ばらちらし」(3,200円)や、「寿司弁当」(4,800円)など、オーダーしやすいメニューも揃っている。ディナーはさすがにコースがメインとなるが、スタンダードなコースなら9,600円から楽しむことができる。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木6-10-3 六本木ヒルズグランドハイアット東京6F

アクセス: 六本木駅C1出口から徒歩3分
営業時間:11:30-14:30、18:0-21:30
定休日:年中無休
価格帯:20000円-30000円
個室:あり

9位 江戸前 鮨 服部

わびとさびが感じられる至高の店内空間



健材や空間にもこだわり、全てにおいて吟味したものを提供する「服部」。店内に入れば、至る所に「わびとさび」を感じることができる。ビル内の店舗でありながら、石垣や竹垣に囲まれた風情ある外観も素晴らしい。白木の巨大なカウンターは、それだけで芸術の域に達しているともいえる崇高な造りだ。ここで鮨を味わうことができるのだから、これ以上の贅沢はないだろう。

ネタへのこだわりも数段上のレベルだ。築地から厳選して仕入れている天然の生マグロは、産地だけではなく漁法にまで気を配っている。また、高級店のウニといえば北海道北見の蝦夷ばふんウニだが、「服部」では、漁状況や季節によって函館産を使うなど仕入れ先を変えている。もちろん、米や酢、海苔から醤油に至るまで、一切の妥協はない。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木7-4-12 ジャスミン六本木ビル 1F

アクセス: 六本木駅8番出口から徒歩2分
営業時間:17:30-23:30
定休日:日曜、祝日
価格帯:10000円-15000円
個室:あり

詳細・クーポン: ぐるなび食べログ

8位 六本木 すし巽

割高と感じさせない本物の寿司の旨さ



「すし巽」を利用するなら、寿司にあまり詳しくなくても心配する必要はない。職人が丁寧に、鮨のひとつひとつについて説明をしてくれるからだ。熟年の職人が握る本物のネタは、その日だからこそ会える旬のネタ。素材は、江戸前寿司一筋のオーナーが、独自のルートで厳選したものを使用している。日本酒も豊富に揃っている。

鮨の旨さを大きく左右するシャリの質と握りは、「すし巽」が特にこだわっている部分だ。同じ極上のネタとシャリでも、握りが悪ければ味は三流のそれにも劣る。鮨というのは、非常に繊細なのである。メニューは3種類のコースのみ。スタンダードなコースでも13,000円だが、それでも安いと思わせる旨さがここにはある。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木6-1-4 丸正小林六丁目ビル5F

アクセス: 六本木駅3番出口から徒歩1分
営業時間:16:00-24:00
定休日:年中無休
価格帯:10000円-20000円
個室:あり

詳細・クーポン: ぐるなび食べログ

7位 奈可久

親方のこだわり江戸前寿司にリピーター続出



カウンター席が中心の落ち着いた明るい店内で、本物の職人が握る寿司が楽しめる「奈可久」。親方の素朴な人柄に惹かれて通い詰めている常連も多い人気店だ。ネタは冷蔵庫でも保冷庫でもよく、カウンターに氷柱を立てて自然の冷気で保存するという豪快な方法を採用している。ここにも、親方の鮨に対するこだわりを感じることができる。

メニューはコースが基本。親方がとことんこだわる江戸前寿司を、おまかせで堪能して欲しい。弾力からも鮮度の良さが分かる「アオリイカの握り」や、昆布の旨みかしっかりと染み込んでいる「鰈の昆布〆握り」、酢卵と絡めた甘い海老が最高の味わいとなる「海老握り」など、間違いのない至高の握りを存分に圧倒されるだろう。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木7-8-4 銀嶺ビルB1F

アクセス: 六本木駅8番出口から徒歩5分
営業時間:17:00-22:00
定休日:日曜、祝日
価格帯:10000円-15000円
個室:なし

6位 鯛良

都心の夜景を眺めながら楽しむ極上の握り



隠れ家のような「鯛良」の店内からは、美しい都会の夜景が見える。首都高速を見下ろしながら食べる鮨は絶品だ。明るく清潔感のあるカウンター席のほかには、8名まで利用できる個室も用意されているので、特別な飲み会や会食にも利用可能だ。広い店内スペースを贅沢に使っているため、窮屈な思いをすることはない。個室からは東京タワーを見ることもできる。

メニューは「大将おまかせ特選コース」のみだが、間違いのない素材と、職人の見事な包丁さばきを堪能することができる。定番の鮨だけではなく、独自スタイルの握りも出してくるので驚くかもしれない。もちろん、どちらもレベルの高い逸品であることに変わりはない。酒の種類も多いので、誰を連れて行っても喜ばれるだろう。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木6-2-35 六本木662BLD 8F

アクセス: 六本木駅1a出口から徒歩1分
営業時間:17:30-26:00
土曜と祝日は、17:30-23:30
定休日:日曜、月曜が祝日の場合は日曜営業月曜休み
価格帯:20000円-30000円
個室:あり

5位 すきやばし 次郎 六本木ヒルズ店

日本を代表する鮨の名店



職人気質の大将が握る鮨をガッツリ味わうなら、「すきやばし次郎」が最適だ。日本の文化をそのまま店内に凝縮させたような雰囲気に、思わず圧倒されてしまう人もいるだろう。大将による弟子への厳しい叱責は、もはや名物にもなっている。

鮨の提供スピードは早い。ネタも大きいので、相当な満腹感を得られるはずだ。シャリとの相性だけではなく、ネタの提供温度までも考えられている握りは全てが一級品。「大トロ」の脂の溶け具合や、口中で溶けていくクリーミーな雲丹を豪快に乗せた「雲丹軍艦」など、ここでしか味わえない至高の1貫を存分に体験することができる。ランチでもひとり30,000円はかかる高級店だが、それだけの価値がある名店だ。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ けやき坂通り3F

アクセス: 六本木駅C1出口から徒歩10分
営業時間:11:30-14:00、17:00-21:00
定休日:水曜日
価格帯:30000円-
個室:なし

4位 蔵六雄山

江戸前の王道を行く



31年間六本木で営業を続けた蔵六鮨からのれん分けされた「蔵六雄山」。腕の良い板前との会話を楽しみながら、カウンター席で味わう鮨は格別だ。徹底的に手間をかけた仕事は、まさに江戸前寿司の王道。しっかりと熟成させた「トロ」や、酢と塩で丁寧に〆た「コハダ」など、素材の旨さを徹底的に活かした握りを提供している。

ネタの仕入れ先は、築地や産地直送など、旬の素材に合わせて厳選している。メニューは「お任せコース」(22,000円)の1コースのみ。最初の1品は必ず鮪から提供される。ネタと素材には丁寧な仕事が施されているため、極上料理を次々と楽しめるはずだ。コースはボリュームたっぷりなので、上質な鮨をガッツリと食べたい時にもおすすめ。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木7-18-24 鈴木ビル2F

アクセス: 六本木駅2番出口から徒歩3分
営業時間:月曜-金曜と祝前日は、18:00-23:00
土曜は、18:00-22:00
定休日:日曜、祝日
価格帯:20000円-30000円
個室:なし

詳細・クーポン: ぐるなび食べログ

3位 鮨 由う

自然美を感じながら楽しむ一流の握り



高級料亭などを手掛けた設計士による洗練された店内デザインが、心地良い時間を演出してくれる「由う」。自然の素材を活かしているので、心が安らぐのだろう。一見わかりにくい店の入り口も、独特の雰囲気を醸し出している。この、自然美溢れるスタイリッシュな空間で、ミシュランを獲得した大将の腕を楽しんで欲しい。

コースでは、男性でも十分に満足できる量が提供される。これが15,000円から楽しめるのだから、六本木という場所柄を考慮しなくても破格といえるだろう。新しい技術を取り込むことにも貪欲だが、あくまでもオリジナルを追求し続ける大将は、職人としての技術だけではなく、人を楽しませる才能にも長けている。約2時間のコースだが、あっという間に時間が過ぎてしまうはずだ。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木4-5-11 ランド六本木ビルB1

アクセス: 六本木駅8番出口から徒歩3分
営業時間:12:00-14:00、18:00-23:00
月曜、祝翌日は、18:00-23:0
定休日:日曜、祝日
価格帯:15000円-20000円
個室:あり

2位 鮨 なかむら

口の中で溶けてゆく芸術的な寿司



ミシュランを獲得している「なかむら」は、予約がなかなか取れないことでも知られている人気店だ。清潔感のある落ち着いた店内には、カウンター席があるのみ。この特等席で、大将の握りを間近に見ながら、至福の時間を堪能することができる。提供される料理と鮨の数々は、ほとんど芸術の域に達しており、感動すら覚えるだろう。

仕事は丁寧で繊細だ。隠し包丁の入れ具合も見事なので、どのネタも心地良い食感を伴いながら、あっという間に口の中で溶ける。「白子」や「ノドグロ」など、1度食べたらいつまでも記憶に残るネタも多い。日本酒も、鮨を知り尽くしているからこそできる絶妙な品揃えとなっている。全てにおいて一流を楽しめる極上の空間だ。


店舗情報

住所: 東京都港区六本木7-17-16 米久ビル1F

アクセス: 六本木駅2番出口から徒歩3分
営業時間:18:00-23:30
定休日:日曜、祝日
価格帯:20000円-30000円
個室:なし

1位 鮓 村瀬

全てが超一流の高級店



3方向から囲むように配されたカウンター席で、板前が握る華麗な手捌きを楽しむ「村瀬」。ここでは、伝統的な江戸前の手法を守った寿司の王道を存分に楽しむことができる。コースはツマミと握りが交互に提供されるスタイルだ。広めの個室もあるので、接待や会食などでの利用にも向いているだろう。店内から見える中庭も素晴らしい。

提供される鮨や料理は、全てが一級品。「熟成カツオ」や「トリ貝のしゃぶしゃぶ」「手乗せウニ」など、この店だから味わえる逸品揃いだ。「太刀魚」の絶妙な塩加減も感嘆し、桜鱒の目張り鮨」では、想像力の秀逸さに感服するだろう。コース鮨と日本酒でひとり30,000円程度の会計となる高級店だが、帰る頃には、それでも安いと感じているはずだ。


店舗情報

住所: 東京都港区西麻布1-2-3 アクティブ六本木1F

アクセス: 六本木駅C1出口から徒歩5分
営業時間:18:00-23:00
定休日:月曜
価格帯:20000円-30000円
個室:あり

最新情報をチェックしよう!