吉祥寺で人気のテイクアウト17選! ランチにもおすすめの出来立てグルメをお持ち帰り

楽しみ方いろいろ! 吉祥寺でテイクアウト

吉祥寺といえば、東京の住みたい街ランキングで常に上位をマークする人気タウン。駅周辺にジャンルを越えた飲食店や洋服・雑貨のお店、デパートに緑豊かな公園まであって、一日で何から何まで楽しめる。グルメなお店も多く集まる吉祥寺だが、この記事ではそんな中でテイクアウトのメニューが好評のお店を紹介しよう。青空の似合う吉祥寺の街で、さわやかな公園ランチなどおすすめだ。

\ Uber Eats も上手に活用♪ /
ウーバーイーツの初回限定 2,500円割引クーポン
クーポンコード:

MESHIREPOJP24

【南口周辺】吉祥寺で人気のテイクアウト 7選
【北口周辺】吉祥寺で人気のテイクアウト 9選

【南口周辺】吉祥寺で人気のテイクアウト 7選(目次)

店舗
(クリックで詳細)
特徴や内容
① トリバンドラム 断面にもうっとり! 口福サンドウィッチ
② レインボウスパイス食堂 かぶと マグロの頭を煮込んだカレー!?
③ ウェイキー ウェイキー 国産豚の甘みが染み出すハンバーガー
④ momento(モメント) ヴィーガン対応の自然派イタリアン
⑤ バインミー☆サンドイッチ 吉祥寺店 中身ぎっしりのベトナムサンドイッチ
⑥ やっぱりステーキ 吉祥寺店 コスパ優秀の厚切りステーキ弁当
⑦ ブレイク タイム 手間ひまかけた洋食を気軽にテイクアウト
⑧ プリミ・バチ 食卓を優雅に彩る一流イタリアン

① TRIVANDRUM(トリバンドラム)

断面にもうっとり! 口福サンドウィッチ

井の頭公園へ続く通りにある屋台風の小さなベーカリー。店頭の木箱の中には名物のカレーパンやシュガートースト、ミニ食パンなどがずらりと並ぶ。テイクアウト専門店だが店先にテラス席もあり、散歩や買い物の途中でひとやすみする人の姿もちらほら。

注文してから奥の厨房で作ってくれるサンドウィッチは、ボリューミーで腹ペコ男性にも好評。

「ベイクドカツサンド」(税別880円)は、肉厚で柔らかなカツにソースがしっとり馴染んで美味。しゃきしゃきとしたキャベツの食感も楽しい。

子どもから大人まで人気の「チーズハンバーグサンド」(税別780円)は、自家製のデミグラスソースが決め手。とろけるチーズと濃厚な肉の旨みにあいまって思わず笑顔になってしまう。

「フィッシュサンド」(税別780円)はタルタルソースとタラのフライがまろやかにマッチ。あと味はさっぱりとしているので軽やかな食後感。

ほかにも「メンチカツサンド」、「グリルドチーズサンド」、「ベジタブルサンド」など多数ラインナップ。サンドウィッチのお供には、サクサク仕上げにこだわるフレンチフライやスリランカの高級茶を使ったチャイがいちおしだ。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-6
アクセス: 吉祥寺駅公園口(南口)から徒歩3分
営業時間: [平日] 11:00-20:00
[土日祝] 10:00―20:00
定休日: 年中無休(年末年始を除く)
ウーバーイーツで注文

② レインボウスパイス食堂 かぶと

マグロの頭を煮込んだカレー!?

吉祥寺駅南口から歩いてすぐの高架付近にあるカレー屋さん。さりげなく佇んでいるので見逃しがちだが虹の絵を目印に。インド・スパイス料理研究家の渡辺玲氏に師事した店主がふるまうカレーは南インドや西インド式の本格派。これにくわえて「マサララーメン」や「マグロのステーキ定食」などがあり、ちょっと他にはない独特の個性をびしびしとたたき出している。

看板はマグロの頭をじっくりと煮込んだ「マグロのフィッシュヘッドカリー」。キレのある辛みとさわやかな酸味が特徴だ。秘伝のガラムマサラを使った「マグロマサラカリー」や南インドのバターカリー「ネイクォリーカリー」も人気。

インド人シェフが作る「ビリヤニ」は、イベント時のみ登場。風味豊かな炊き込みごはんに2種のカレーもついて満足度が高い。レアなアイテムなので出会いたい人は店のSNSなどをチェックしよう。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩2分
営業時間: 11:30-15:00/17:30-20:30
定休日: 不定休
ウーバーイーツで注文

③ WAKIE WAKIE(ウェイキー ウェイキー)

国産豚の甘みが染み出すハンバーガー

吉祥寺駅南口を出て左へ2分ほど歩いた雑居ビル2階にあるハンバーガー&ホットドッグの専門店。新宿御苑の人気バーガー店「CHATTY CHATTY(チャッティチャッティ」の姉妹店で2018年にオープン。

パン屋さんに特注しているもっちりとした白いバンズと、上質なOZビーフを国産の “クレピネット”(豚の網油)で包んだジューシーなパティが特長だ。

厚切りスモークベーコンにチェダーチーズがとろける「ベーコンチーズバーガー」(1,350円)。取りこぼしなく上手に食べるコツは、最初に紙の上からハンバーガーをギュッと押して高さ調整しておくこと。

「てりやきエッグバーガー」(1,250円)はファンの多い王道メニュー。玉子の絶妙な半熟具合とこってりとしたてりやきソースが黄金マッチ。

月替わりメニューも必見。初夏に登場した「さっぱりぽん酢ジュレのバーガー」。ハンバーガー店の常識をくつがえす斬新な組み合わせが得意技だ。

ホットドッグにはソフトフランスパンを使用。「ザワークラウトドッグ」、「チリビーンズドッグ」、「コールスロードッグ」などバリエーション豊富。

ハンバーグやホットドッグは、メニュー表にある意外にも自由自在にトッピングを変えられるので、自分だけのオリジナルバーガーを追求してみるのも楽しい。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-3 オリエンタルビル 2F
アクセス: 吉祥寺駅徒歩(南口)から2分
営業時間: 11:00-22:00
定休日: 月曜
ウーバーイーツで注文

④ momento(モメント)

ヴィーガン対応の自然派イタリアン

井の頭公園駅から徒歩5分、吉祥寺駅からは徒歩13分ほどの場所にあるシェアキッチン。ここで月曜・金曜・土曜限定で営業するのが「モメント」だ。化学調味料・添加物不使用にこだわり、本場イタリアンを再現した料理や、植物性の原料のみを使ったヴィーガン料理を提供する。イタリアで修行した男女二人のシェフは、野菜料理コンテスト日本代表の実力派だ。

テイクアウトは1,100円~1,200円前後でお弁当やパスタを用意。内容は日によって変わるので公式SNSをチェックしよう。

季節感のあるお弁当は素材のよさを損ねない丁寧な調理がおいしさの秘訣。豆腐ハンバーグはふっくら優しい口あたりと素朴な味わいに食べたそばから心が和む。

「有機きたあかりのクロケッタ」はタケノコと枝豆がゴロゴロと。特製トマトソースとの相性も抜群

パスタも持ち帰り可能。「具沢山野菜のスパゲッティポモドーロ」は自然の甘みをグッと凝縮したトマトソースが太めの麺にこってりと絡む。

ホームパーティでおおいに華を添えてくれるオードブル盛り合わせは1人前1,500円で、2人前から注文受付。容器を持参するとそのぶん50円割引に(お弁当も)。プラスチックゴミの削減を心掛けている。

店舗情報
住所: 東京都三鷹市井の頭4-9-12 1F
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩13分
井の頭公園駅から徒歩5分
営業時間: 11:30-14:00/17:00-20:00
定休日: 火曜・水曜・木曜・日曜
ウーバーイーツで注文

⑤ バインミー☆サンドイッチ 吉祥寺店

中身ぎっしりのベトナムサンドイッチ

2021年7月に吉祥寺駅南口にオープンしたベトナムサンドイッチのお店。高田馬場や水道橋にも店舗がある。

カリっと香ばしいフランスパンに、肉や魚介、野菜といろいろな食材をはさむのがバインミー。店内の食券機で種類やサイズ、ソースなどを選択し、自分好みのバインミーをオーダーできる。

「サイゴンハム&豚パテ」「サバのトマト煮」「エビアボカド」「国産牛ステーキ」など食欲をそそるメニューがずらり。自家製ナマスの食感と甘酸っぱさがアクセントだ。

いろいろな具材をぎっしり詰め込んだバインミーは、ヘルシーさも人気の秘訣。

来店が楽しみになるマンスリーバインミーも登場する。この月は、ベトナム人スタッフが作った「バインミーチャーチュン」。人参、春雨、きくらげを混ぜて蒸した卵が入っていて、素朴のおいしさにホッとした気持ちになれる。

バインミーのほかにベーグルやスコーンもある。季節の果物がまるまると入ったベーグルは断面にもうっとり。また、ココナッツミルクをたっぷり使った話題のベトナムスイーツ「チェー」もぜひ試してほしい。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-7
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩1分
井の頭公園駅から徒歩5分
営業時間: 10:00-21:00
定休日: 年中無休
ウーバーイーツで注文

⑥ やっぱりステーキ 吉祥寺店

コスパ優秀の厚切りステーキ弁当

沖縄発祥の「やっぱりステーキ」が、肉好きの舌と心を捉えながら全国に展開中。吉祥寺店は南口のドン・キホーテ裏エリアにある。

ボリュームのある赤身肉ステーキを格安で食べられることが一番の魅力だ。

店内のメニューはすべてお弁当形式にしてテイクアウトが可能。

看板の「ミスジステーキ」は150gで1,200円。溶岩プレートで焼いたミスジは、肉本来の濃厚な旨みはありつつ、あっさりした味わいなので食べやすい。

同じく人気の「サーロインステーキ」は200gで1,700円。ほどよくサシが入っているのでジューシーで柔らかい

ほかにランプ、イチボ、ヒレなどがあり、どれも肉の量を選べるのでお腹と相談して注文しよう。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-6 R.MATSUBARA 1F
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩3分
営業時間: 11:00-23:00
定休日: 年中無休
ウーバーイーツで注文

⑦ ブレイク タイム

手間ひまかけた洋食を気軽にテイクアウト

吉祥寺駅から徒歩5分。サンロードを抜けた五日市街道沿いにある、カフェ&ベーカリー。

手折した自家製のパイとキッシュが看板メニューで、ほかにもハンバーグやオムライスなどの洋食弁当が、本格的な味と評判だ。

ハンバーグ、チキン、ラタトゥイユにソーセージも入って食べごたえ満点。手ごねのハンバーグはふっくらとして香ばしい焼き目までおいしい。

ミニオムレツとハンバーグがコンビになったお弁当もおすすめ。ふるふる、ふわふわのオムレツは、特製デミグラスソースとの相性もぴったりだ。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-20
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩5分
営業時間: 111:00-24:00
定休日: 火曜

⑧ プリミ・バチ

食卓を優雅に彩る一流イタリアン

井の頭公園入口のすぐそばにある「プリミ・バチ」は、記念日やご褒美ランチにぴったりの上品なリストランテだ。イタリアで修行をした宇賀神シェフが繰り出す料理は「シンプルかつエレガント」がコンセプト。厳選した食材の長所を最大限に引き出し、繊細さと大胆さをあわせもつ唯一無二の美味を堪能できる。

自宅でもエレガントな食事を楽しめるようにと、テイクアウトメニューにもこだわりが光る。「プリミ・バチ特製BOX」は、とろけるような生サーロイン、人気の「ズワイ蟹と渡り蟹のタリオリーニ」のほかスイーツもついたいろどり鮮やかなセットメニュー。趣向を変えた手土産として利用する人もいるそうだ。

リガトーニ(ショートパスタ)のボロネーゼソースは、和牛を使っているので味にふくよかな甘みと濃厚なコクがある。パスタのゆで加減もちょうどよく、家でもそのおいしさを十分に味わえる。

ちなみに店の看板メニューの一つである「ズワイ蟹と渡り蟹のタリオリーニ」は、2人分の真空パックでも販売しており、作り立てのおいしさを家でも楽しめる。

ほかにも「ピッツァマルゲリータ」や「牛ほほ肉のマルサラ煮込み」、事前予約制のスペシャルセット(前菜・ピッツァ・メイン・パスタ)などもお持ち帰りが可能だ。プリミ・バチならではの “シンプル&エレガント” な食事をぜひ自宅でも満喫しよう。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-21-1 井の頭パークサイドビル 2F
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩3分
営業時間: 11:00-20:30
定休日: 年中無休
ウーバーイーツで注文