吉祥寺で人気のテイクアウト18選! ランチにもおすすめの出来立てグルメをお持ち帰り

吉祥寺はテイクアウトがおすすめ!

吉祥寺といえば、東京の住みたい街ランキングで常に上位をマークする人気タウン。駅周辺にジャンルを越えた飲食店や洋服・雑貨のお店、デパートに緑豊かな公園まであって、一日中楽しめる。グルメなお店も多く集まる吉祥寺だが、この記事ではテイクアウトのメニューが好評のお店をご紹介。天気のいい日には、さわやかな公園ランチなどおすすめだ。

\ Uber Eats も上手に活用♪ /
Uber Eatsの初回限定 割引クーポン

【2022/7/1~31】クーポンコード:

MESHIREPOJP50

【駅南側】吉祥寺で人気のテイクアウト 7選(目次)

店舗
(クリックで詳細)
特徴や内容
① トリバンドラム 断面に萌えるサンドウィッチ
② レインボウスパイス食堂 かぶと 南と北のインドカレー
③ ウェイキー ウェイキー 白いバンズのハンバーガー
④ うたかた食堂 有機野菜や玄米を使ったお弁当
⑤ バインミー☆サンドイッチ 吉祥寺店 ベトナムのローカルグルメ
⑥ やっぱりステーキ 吉祥寺店 ジューシーな厚切りステーキ
⑦ プリミ・バチ ワンランク上のイタリアン

① TRIVANDRUM(トリバンドラム)

断面にもうっとり! 口福サンドウィッチ

井の頭公園へ続く通りにあるテイクアウト専用のベーカリー。店頭の木箱の中には名物のカレーパンやシュガートースト、ミニ食パンなどがずらりと並ぶ。

自家製の食パンもおいしいサンドイッチは、ボリュームたっぷりで食べごたえあり。注文すると奥の厨房で作ってくれる。

「ベイクドカツサンド」は、肉厚で柔らかなカツにソースがしっとり馴染んで美味。しゃきしゃきとしたキャベツの食感も楽しい。

子どもから大人まで人気の「チーズハンバーグサンド」は、自家製のデミグラスソースが決め手。とろけるチーズと濃厚な肉の旨みにあいまって思わず笑顔になってしまう。

サンドウィッチのお供には、サクサク仕上げにこだわるフレンチフライやスリランカの高級茶を使ったチャイがいちおしだ。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-6
アクセス: 吉祥寺駅公園口(南口)から徒歩3分
営業時間: [平日] 11:00-20:00
[土日祝] 10:00―20:00
定休日: 年中無休(年末年始を除く)
ウーバーイーツで注文

② レインボウスパイス食堂 かぶと

北インドと南インドの極上カレー

吉祥寺駅南口から歩いてすぐの高架付近にあるカレー屋さん。こじんまりとした入口で見逃しがちだが、虹の絵を目印にいこう。

店主は、インド・スパイス料理研究家の渡辺玲氏に師事。南インドや北インドの本格的なカレーを気軽に楽しめる。

看板はマグロの頭をじっくりと煮込んだ「マグロのフィッシュヘッドカリー」。キレのある辛みとさわやかな酸味が特徴だ。

秘伝のガラムマサラを使った「チキンマサラカリー」や、南インドのバターカリー「ネイクォリーカリー」も人気。

やみつきになるおいしさ!「スパイシーカレーつけ麺」もおすすめ。麺は定番のほかに、手もみの「もちもち麺」も数量限定で選べる。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩2分
営業時間: 11:30-15:00/17:30-21:00
※日により異なるのでお店のSNSをチェック
定休日: 不定休
ウーバーイーツで注文

③ WAKIE WAKIE(ウェイキー ウェイキー)

国産豚の甘みが染み出すハンバーガー

吉祥寺駅南口から徒歩2分の雑居ビル2階にあるハンバーガー&ホットドッグのお店

新宿御苑の「CHATTY CHATTY(チャッティチャッティ」の姉妹店で2018年にオープンした。

パン屋さんに特注しているもっちりとした白いバンズと、上質なOZビーフを国産の “クレピネット”(豚の網油)で包んだジューシーなパティが特長だ。

定番の「ベーコンチーズバーガー」は、厚切りスモークベーコンにチェダーチーズがまとやかにとろける。

上手に食べるコツは、紙の上からハンバーガーをギュッと押して高さ調整しておくこと。

「てりやきエッグバーガー」はファンの多い王道メニュー。玉子の絶妙な半熟具合とこってりとしたてりやきソースが見事にマッチする。

パキッとジューシーなホットドッグにはソフトフランスパンを使用。

月替わりバーガーがあったり、トッピングが自由だったり、楽しみの幅が広いので、何度でも通いたくなってしまう。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-3 オリエンタルビル 2F
アクセス: 吉祥寺駅徒歩(南口)から2分
営業時間: 11:00-22:00
定休日: 月曜
ウーバーイーツで注文

④ うたかた食堂

有機野菜や玄米を使ったお弁当

吉祥寺駅から徒歩13分の住宅街にあるレンタルスペースで、月・水・木曜のみ営業する100%ヴィーガンのお店

山形県出身の店主が、日々のはかないしあわせを大切に、と名付けたのが「うたかた食堂」だ。

有機野菜や玄米を使ったお弁当は、日によって内容が違う。お店のインスタグラムをチェックしよう。

「気まぐれカレーの玄米弁当」「和風アボトマ豆腐丼」「豆ミートと野菜の酢豚風」などがある。

優しい味わい、でもしっかり食べごたえもあって、ヴィーガンの人でもそうでなくても満足できる。おやつタイムにはぜひ、オリジナルのマフィンもためしてほしい。

容器を家から持参すると、割引きあり。テイクアウトのお弁当中心だが、小さなイートインスペースも設置している。

店舗情報
住所: 東京都三鷹市井の頭4-9-12 1F
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩13分
井の頭公園駅から徒歩5分
営業時間: 11:00-18:00頃(なくなり次第終了)
定休日: 火曜・水曜・木曜・日曜
ウーバーイーツで注文

⑤ バインミー☆サンドイッチ 吉祥寺店

中身ぎっしりのベトナムサンドイッチ

2021年7月にオープンしたベトナムサンドイッチのお店。高田馬場や水道橋にも店舗がある。

カリっと香ばしいフランスパンに、肉や魚介、野菜といろいろな食材をはさむのが「バインミー」。

店内の食券機で種類やサイズ、ソースなどを選択し、自分好みのバインミーをオーダーできる。

「サイゴンハム&豚パテ」「サバのトマト煮」「エビアボカド」「国産牛ステーキ」など食欲をそそるメニューがずらり。

自家製ナマスのしゃきしゃきとした食感と甘酸っぱさがアクセントだ。

ベトナム人のお母さんが作る特製バインミーも登場。ベトナムの屋台や家庭で食べられるローカルな味を楽しめる。

スイーツ系のバインミーも大人気。中にはさむフルーツは、時期ごとに変わるので、季節の味覚をチェックしてみて。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-7
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩1分
井の頭公園駅から徒歩5分
営業時間: 10:00-21:00
定休日: 年中無休
ウーバーイーツで注文

⑥ やっぱりステーキ 吉祥寺店

ジューシーな厚切りステーキを手軽に

沖縄発祥でいまや全国に展開する “地域のステーキ食堂”。吉祥寺店は南口のドン・キホーテの裏エリアにある。

丁寧に下処理した厚切り肉を、富士山の溶岩石でふっくらジューシーに焼き上げる。リーズナブルな値段もあいまって子どもから大人まで人気だ。

店内のステーキメニューを単体、またはお弁当でテイクアウト可能。

創業時から定番の「ミスジステーキ」をはじめ、肉質柔らかな「ひれステーキ」、甘やかな脂が絶品の「サーロインステーキ」などがある。

それぞれお肉の量が選べる。ごはんも多めなのがうれしいポイントで、がっつりランチにはもってこいだ。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-6 R.MATSUBARA 1F
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩3分
営業時間: 11:00-23:00
定休日: 年中無休
ウーバーイーツで注文

⑦ プリミ・バチ

食卓を優雅に彩る一流イタリアン

井の頭公園入口のすぐそばにある「プリミ・バチ」は、記念日やご褒美ランチにぴったりの上品なリストランテだ。

イタリアで修行をした宇賀神シェフが繰り出す料理は「シンプルかつエレガント」がコンセプト。厳選した食材の長所を最大限に引き出し、繊細さと大胆さをあわせもつ唯一無二の美味を堪能できる。

自宅でもエレガントな食事を楽しめるようにと、テイクアウトメニューにもこだわりが光る。

「プリミ・バチ特製BOX」は、とろけるような生サーロイン、人気の「ズワイ蟹と渡り蟹のタリオリーニ」のほか,
スイーツもついたいろどり鮮やかなセットメニューだ。

リガトーニ(ショートパスタ)のボロネーゼソースは、和牛を使っているので味にふくよかな甘みと濃厚なコクがある。パスタのゆで加減もちょうどよく、家でもそのおいしさを十分に味わえる。

ちなみに店の看板メニューの一つである「ズワイ蟹と渡り蟹のタリオリーニ」は、真空パック(二人分)でも販売している。

ほかにも「ピッツァマルゲリータ」や「牛ほほ肉のマルサラ煮込み」、事前予約制のスペシャルセット(前菜・ピッツァ・メイン・パスタ)などもお持ち帰りが可能だ。

店舗情報
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-21-1 井の頭パークサイドビル 2F
アクセス: 吉祥寺駅(南口)から徒歩3分
営業時間: 11:00-14:30/17:00-19:30(テイクアウト)
定休日: 年中無休
ウーバーイーツで注文