【電気街口・昭和通り口】秋葉原の人気おすすめカレー15選

秋葉原の特徴とカレー屋を探す際のポイント

家電や電子部品を商う商店が軒を連ねる、電気の町・秋葉原。近年は駅前の再開発によってオフィスビルが建ち並んでいる。また、国内外の観光客も多く訪れる観光スポットとしても人気で、昔ながらの飲食店と新しく参入した店が入り乱れているのが秋葉原の特徴だ。

また秋葉原は神田神保町に次ぐカレー激戦区としても知られ、インドカレーや和風カレー、エスニックなど様々なテイストのカレー店が集結している地域でもあるのだ。昔ながらのカレーライスが食べられる老舗店から、話題の人気店の出店、こだわりの詰まったカウンターの小さな店など、店のスタイルも様々なので、その日の気分に合った店の中から選ぶことができるのもうれしい。

多くの店が密集し賑わっているのはやはり電気街口周辺だが、昭和通り周辺にも名店が多い。この記事では、本当におすすめのおいしいカレー店のみをエリアに分けて紹介しているので、ぜひ店選びの参考にしてもらえればと思う。

【電気街口・昭和通り口】秋葉原の人気おすすめカレー15選

①秋葉原電気街口の人気おすすめカレー9選

②秋葉原昭和通り口の人気おすすめカレー6選

秋葉原電気街口の人気おすすめカレー9選

電気街口① トプカ

昼間はカレー屋、夜は居酒屋



嵐の相葉雅紀がドラマの撮影で訪れたこともある有名店。昼はカレーや、平日のみ夜は居酒屋になるという二つの顔を持つ店だ。インドカレー、欧風カレーのどちらも味わえるのも魅力だ。支払いは最初に済ませるシステムなので店頭でメニューを決めておこう。テーブルにはラッキョウと福神漬け、各種スパイスが置かれている。

盛り合わせカレーはAとBがある。Aがインド風ポークと欧風牛すじの盛り合わせ、Bはポークとマトンの組み合わせ。どちらもご飯が中央にあり、左右に別れて別のカレーが盛られている。一度に二つのカレーを味わえる。夜には店構えから内観までがらりと居酒屋に変わる。メニューは意外にも海鮮系が多く刺身が人気だ。インド風おつまみ&カレーとして、ナンや各種カレーも酒のつまみにできる。


店舗情報

住所: 東京都千代田区神田須田町1-11 竹内ビル 1F

アクセス:秋葉原駅電気街口から徒歩5分、淡路町駅A3出口から徒歩2分
営業時間:
月曜-金曜は11:00-15:30、17:30-22:30(夜は居酒屋営業)
土曜、日曜、祝日は11:30-18:00
定休日:無休
価格帯:1000円-2000円
個室:無し

電気街口② 栄屋ミルクホール

創業70年以上。カレーライスとラーメンの老舗



「栄屋ミルクホール」の創業は1945年。実に70年以上の歴史を持つ店だ。看板には「軽食・喫茶 サカエヤ」と歴史を感じる字体で書かれているのは昔の名残か。いまどき珍しい昔ながらの中華屋という外観でもある。メニューにはカレーライスやラーメン各種、季節限定の冷やし中華、おにぎりがある。神田ラーメンの老舗として知られているが、このカレーライスも隠れた人気だ。

カレーのルーはどこか懐かしい薄黄色。とろりとした粘り気がある。ごろりとした鶏肉が入っている。蕎麦屋にありそうなスタンダードな和風カレーといったところだろうか。ラーメン&カレーセットは950円。ラーメンもまたレトロで中華そばと言ったほうがイメージに近い。お腹を空かせてセットでどちらも味わいたい。


店舗情報

住所: 東京都千代田区神田多町2-11-7

アクセス: 秋葉原駅電気街口から徒歩8分、淡路町駅A3出口から徒歩2分
営業時間: 10:30-17:00
定休日: 土曜、日曜、祝日
価格帯: -1000円
個室:無し

電気街口③ ブラウニー

牛すじカレーにチーズやオムライスをトッピング



小さめの暖簾がかかり、立ち飲みバルのようなオシャレな外観。店内はカウンター8席という小規模なお店だ。男性店主が一人で営むこだわりのカレー屋。メニューの基本となるのは牛すじカレーごはん(750円)。ピリ辛でが甘みもある。よく煮込まれた牛すじがトロトロで美味い。卓上には辛味パウダーが置いてあるので辛さの調節もできる。

ほかにも牛すじハヤシライスと牛すじチリライスがある。そして、チーズとオムレツの組み合わせなども自由自在。14時以降は青菜炒めのせやカレーと野菜ピラフ、カレーとガーリックピラフというハーフ&ハーフの組み合わせも楽しめる。ご飯を中心にお皿に二つのルーを乗せられるのが魅力。ご飯が切れてしまうと閉まってしまうこともあるようなので、なるべく早い時間の来店がいいだろう。


店舗情報

住所: 東京都千代田区外神田3-7-9 サンビュー外神田 1F

アクセス: 秋葉原駅電気街口から徒歩5分、末広町駅3番出口から徒歩1分
営業時間:
月曜-金曜は12:00-16:00、18:00-21:00
土曜は12:00-16:00、18:00-20:00
祝日は12:00-19:00
定休日:日曜
価格帯: -1000円
個室:無し

電気街口④ ジンコック

カニクリームコロッケが名物のカレー屋



「カリー屋 ジンコック」。看板に描かれたシェフのイラストとこじんまりとした店構え。そして「カニクリームコロッケがうまい店」というキャッチコピーも。店内は二つのテーブルとカウンターのみ。カレーはインド風カレー(濃い味系)とカシミール風カレー(あっさり派)から選べる。チキンと野菜、なすとひき肉、オムライス風キーマカレーなど組み合わせが多彩だ。

名物は揚げたてあつあつのカニクリームコロッケ(190円)。トッピングに頼むとライスとカニクリームコロッケ、そしてルーが別盛で提供される。外はサクサク、中を割ってみるとトロトロとしたクリームが流れ出す。マイルドでカニ風味は少なめ。カレーは極辛や激辛など4段階から辛さを選べる。極辛は通常よりさらにコクが増す。カニクリームコロッケと一緒に食べるのがオススメだ。


店舗情報

住所: 東京都千代田区神田須田町1-2-3 山勝ビル 1F

アクセス: 秋葉原駅電気街口から徒歩8分、淡路町駅A3出口から徒歩1分
営業時間: 11:30-15:00、17:00-21:00
定休日: 土曜、日曜、祝日
価格帯:-1000円
個室:無し

電気街口⑤ カリガリ 秋葉原

ココナッツベースのオリジナルカレー



カフェのような外観の「カリガリ 秋葉原」。「カリガリ」の字体や鳥のイラストは秋葉原らしく、ビットゲームのようにカクカクとしている。店内の壁には液晶テレビが掛っていてスポーツ観戦もやっていたり、アニメやアイドル系のポスターがいろいろ貼ってある。名物の秋葉盛り(1080円、ディナーは1300円)はカレー2色掛けに煮玉子、チキン竜田や揚げナス、ポテトフライ、うずらの卵にチーズ、パクチーが盛られた贅沢な一品。

レギュラーカレーはカリガリカレー、インドカレー、2色掛けカレーがある。カリガリカレーはココナッツベースのマイルドなとろみがあるオリジナルカレーだ。トッピングで自由にチキン竜田やパクチー、うずらの卵などを自由にアレンジできるのが楽しい。


店舗情報

住所: 東京都千代田区外神田3-6-9 沖村ビル 1F

アクセス: 秋葉原駅電気街口から徒歩8分、末広町駅3番出口から徒歩2分
営業時間:
月曜-金陽は11:30-15:00、17:00-23:00
土曜、日曜、祝日は11:00-23:00
定休日:年末年始
価格帯:1000円-2000円
個室:無し

電気街口⑥ エチオピアカリーキッチン

朝限定、ワンコインのサンバルセットが人気



「エチオピアカリーキッチン」のメニューは時間帯によって異なる。朝メニューは開店の7:30から11:00まで。サンバルセットは豆と野菜のカレーとドリンク、サラダ付きで400円ととてもお得だ。100円プラスで大森にもできる。サイドメニューには2個で100円のタンドリーフライドチキンもある。出勤前やすこし早い昼食、ブランチに寄るのがいいだろう。

通常のメニューだとスタンダードなインド風カレーライスのチキンカレーやポークカレーなどを選べる。どちらも900円。エビカレーやインド豆がたっぷり入った辛めの豆カレーもある。ヘルシーな野菜豆カレーは美味しさと健康の両取り。もともとスパイシーなカレーだが、辛さは0倍から70倍まで選べる。カレーにはポテトが付いてお替り自由。


店舗情報

住所: 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ B1F

アクセス: 秋葉原駅電気街口から徒歩8分、御茶ノ水駅聖橋口から徒歩1分
営業時間:
月曜-金曜は7:30-22:30
土曜、日曜、祝日は11:00-21:00
定休日:無休
価格帯:-1000円
個室:無し

電気街口⑦ カレーの市民アルバ

秋葉原で金沢カレーを満喫



金沢カレーの老舗の秋葉原本店。スタンダードなのは熟成ビーフカレー(570円)。ルーとライス以外にも千切りキャベツが乗っているのが金沢カレーの特徴だ。ルーは濃いめのトロトロで甘さと芳醇さがある。とろとろオムカレーはその名の通り、とろけるようなオムレツが乗っている。他にも組み合わせは様々で、ウィンナーやクリームコロッケ、しょうが焼きを乗せたメニューなどがある。

ホームランカレー(1000円)はエビフライやウィンナー、カツなど器からはみ出るほどに盛られた一品だ。ご飯も大盛の350gなのでコスパの良さは間違いない。金沢を代表するB級グルメのハントンカレー(1000円)も味わえる。ご飯を卵に包んでエビフライや白身魚のフライの魚介系を乗せてケチャップをかけたハントンライスに、アルバカレーをかけた一品。しかも大盛り無料。


店舗情報

住所: 東京都千代田区外神田3-2-9

アクセス:秋葉原駅電気街口から徒歩5分、末広町駅3番出口から徒歩5分
営業時間:11:00-21:30
定休日:無休
価格帯:-1000円
個室:無し

電気街口⑧ PLUCK

アニメやゲーム好きに人気のカレースタンド



さすが秋葉原。漫画家や声優、ゲーム関係者、格闘家などのサインが所狭しと壁に飾ってあります。中には高橋名人の色紙も。サブカル好きであれば色紙を見に来店してもいいくらいです。「PLUCK」という変わった店名もマンガ「ジョジョの奇妙な冒険」から取ったという説がある。注文は食券機で券を購入するシステム。店頭でメニューを決めておくといいだろう。

カレーは5、6種類の中から選べる。PLUCKチキンカレー、ナスとひき肉のカレー、タイ風グリーンカレーなど。プラックセットはライス、カレー3種、サラダ、ドリンクで850円のお得なセットだ。PLUCKチキンカレーは和風テイストでコクがありライスによく合うタイプのカレーだ。中辛でもなかなかのスパイシーな刺激がある。


店舗情報

住所: 東京都千代田区神田須田町2-2-13 ベルメゾン神田 B1F

アクセス: 秋葉原駅電気街口から徒歩4分、岩本町駅A1出口から徒歩3分
営業時間:
月曜-金曜は11:00-15:00、17:30-21:30
土曜は11:00-15:00
定休日:日曜、祝日
価格帯:-1000円
個室:無し

電気街口⑨ AKL ~カレーなる酒場~

カレーに豆腐という絶妙な組み合わせが人気



秋葉原のカレーなる居酒屋こと「AKL」(あから)。ランチとディナータイムで営業している。ボウルに入れたカレーが特徴的。ライスは豆腐に替えてもらえるので糖質制限で白米を食べられないひとにも嬉しい。トッピングがヘルシーだからか、ランチは意外にも女性客も多いようだ。神田カレーグランプリに参加している年には来店の際にスタンプラリーを押しておくのを忘れずに。

席は5席のみで夜は立ち飲みのようか形になる。カレーはスパイス入り辛口キーマカレーと牛、豚、鶏の3種の肉を贅沢に使ったオリジナルカレーのミート3の2種類がある。どちらも入れたカレーボールのあいかけもある。トッピングにはきざみタマゴ、コールスロー、温玉、チーズ、納豆、とうふなど、冷たいものもある。納豆やとうふも意外とカレーに合うと評判だ。


店舗情報

住所: 東京都千代田区神田司町2-10-19 1F

アクセス:秋葉原駅電気街口から徒歩8分、淡路町駅A3出口から徒歩3分
営業時間:11:30-14:00、17:00-21:00
定休日:土曜、日曜、祝日
価格帯:1000円-2000円
個室:無し




次ページでは秋葉原駅昭和通り口の人気おすすめカレー店をご紹介!

秋葉原の街並み
最新情報をチェックしよう!