【2022年版】大阪のおすすめアフタヌーンティー15選 人気ホテルでエレガントなひとときを

⑨ ザ・ラウンジ/スイスホテル南海大阪

スイスの新しい風を感じるホテル

スイスホテル南海大阪のザ・ラウンジ
<画像元:一休

なんば駅直結のスイスホテル南海大阪は、大阪・ミナミを代表するリッチで機能的なホテルです。あたたかみと洗練さをあわせもつスイスの現代的なデザインで、多くのファンを魅了しています。

ロビーに面する「ザ・ラウンジ」では毎日午後にハープの生演奏があり、自家製デザートや軽食を楽しみながら、リラックスしたティータイムを過ごせます。

【6月】「バイタリティーアフタヌーンティー」

スイスホテル南海大阪のアフタヌーンティー
<画像元:一休

ハープの生演奏をバックに、体にやさしい健康的なアフタヌーンティーを。

「チアシードと豆乳とバニラのパンナコッタ」などスイーツ7品と、「チキンと泉州産ブロッコリーの紅イモパンのサンドイッチ」などセイボリーは5品。

話題のヘルシーフード、亜麻仁(アマニ)を混ぜ込んだスコーンは、香ばしさと素朴な味わいが特徴です。

ドリンクはビュッフェスタイルで、好きな紅茶を自分でカップに注いていただきます。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪6F
アクセス: 南海「なんば駅」直結
時間: [アフタヌーンティー] 2時間制
価格: [アフタヌーンティー] 3,500円
定休日: 年中無休

⑩ カフェラウンジ コアガリ/ホテルロイヤルクラシック大阪

大阪の伝統と未来が交差するホテル

<画像元:一休

新歌舞伎座の意匠を受け継ぎ、大阪の古今をつなぐロイヤルクラシック大阪。なんば駅から徒歩1分という最高の立地で、活発な観光と静寂のステイ、どちらもかなえてくれます。

人が行き交う御堂筋に面した「コアガリ」は、買い物帰りの一休みや仕事の打ち合わせなど、人々が気軽に立ち寄る憩いの場所となっています。

【5月・6月】L’OCCITANEコラボで南仏の初夏をイメージ

<画像元:一休

フランスの人気コスメブランド「L’OCCITANE(ロクシタン)」とホテルロイヤルクラシック大阪がコラボレーション。

プロバンスの爽やかな夏を演出したすがすがしいアフタヌーンティーです。

ミントが香るグラスデザートをはじめ、「タルト・オ・シトロン」「ラベンダー畑のマカロン」など、いきいきとしたビタミンカラーが目をひきます。

ドリンクは2時間お替わり自由なので、2時間のんびりとくつろぎましょう。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市中央区難波4-3-3 ホテルロイヤルクラシック大阪2F
アクセス: 地下鉄「なんば駅」から徒歩1分
近鉄「大阪難波駅」から徒歩5分
南海「難波駅」から徒歩3分
時間: [アフタヌーンティー] 2時間制
価格: [アフタヌーンティー] 4,000円
定休日: 年中無休

⑪ メインラウンジ/リーガロイヤルホテル(大阪)

日本庭園のような心地よいラウンジ

<画像元:一休

中之島駅に直結するリーガロイヤルホテルは、1935年創業の老舗ホテルです。風格を感じさせる堂々としたたたずまいと、四季折々の表情を見せる美しい庭園が訪れる人をひきつけます。

その庭園の続きのような清々しい雰囲気の「メインラウンジ」は、和のテイストを散りばめた心落ち着く癒しの空間です。

【4月~6月】Desert&Tea「ちいさなアート展」

div align=”center”>

<画像元:一休

春のピクニック気分を盛り上げてくれるお皿の上の “おいしいアート”。「ジュレ・オランジェ」「抹茶のミルクチョコムース」「ヘーゼルナッツのポップチョコ」などが並びます。

「絵画のクッキー」はカリッ食する前に、じっくり鑑賞したくなるほど精細なつくりです。アートの感性を豊かにしてくれそうなアフタヌーンティーは、6月いっぱい開催されます。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区中之島5-3-68 リーガロイヤルホテル1F
アクセス: 京阪「中之島駅」直結
時間: [アフタヌーンティー] 要確認
価格: [アフタヌーンティー] 4,500円
定休日: 年中無休

⑫ ザ・コスモポリタン/グランフロント大阪

商業施設に入るおしゃれなレストラン

 ザ・コスモポリタンの店内
<画像元:一休

大阪駅から徒歩1分、梅田駅から徒歩3分とアクセス至便なグランフロント大阪は、時代を先どる多彩な店舗の入った大型複合施設です。

その南館9階にある「ザ・コスモポリタン」では、明るくスタイリッシュな店内で、産直食材を使ったステーキや鉄板料理、世界各国のワインなどを提供しています。

【通年】ボリューミーでコスパ良好なアフタヌーンティー

<画像元:一休

人気のアフタヌーンティーは1日限定14食で、とくに土曜は予約必須です。

料理と同じくデザートのレベルの高さにも定評があり、季節ごとのアフタヌーンティーでは、パティシエの創意に富んだスイーツを心ゆくまで楽しめます。

ケーキもサンドイッチ(バーガー)もサイズが大きめなので、しっかりおなかをすかせて来店しましょう。ドリンクは1人2種類まで選べます。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館9F
アクセス: JR「大阪駅」から徒歩1分
阪急「梅田駅」から徒歩3分
時間: [アフタヌーンティー] 要確認
価格: [アフタヌーンティー] 4,500円
定休日: グランフロント大阪に準ずる

⑬ ロビーラウンジ/ANAクラウンプラザホテル大阪

ソファでくつろぐオールデイラウンジ

堂島川沿いに建つANAクラウンプラザホテル大阪は、京阪大江橋駅から徒歩1分の場所にあります。個性的なレストランやプール・サウナなどを完備した、都会のオアシスのようなホテルです。

1階の「ロビーラウンジ」は、木をイメージしたオブジェが特徴的な、品よく落ち着いた空間です。ゆったりとしたソファに腰をおろすと、旅や仕事の疲れを忘れさせてくれます。

【5月・6月】「Pink afternoon tea ~rose~」

<画像元:一休

心がパッと華やぐような「Pink afternoon tea」、6月までは薔薇(rose)バージョンで展開中です。

ガラスドームに入った薔薇の形のムースをはじめ、ミルフィーユ、ブラマンジェ、エクレアなど人気アイテムがドレスを着たよう華麗ないいでたちでせいぞろい。

薔薇にプラスしていちごのアイテムも多いので、いちご好きも必見です。

スモークサーモンや生ハムを薔薇に見立てたセイボリーも華やかさいっぱい。パティシエのこだわりが光るおとぎ話のような世界観をお楽しみください。

※5月からは「Pink afternoon tea ~Pink rose~」がスタートします。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区堂島浜1-3-1
アクセス: 京阪「大江橋駅」から徒歩1分
JR「北新地駅」から徒歩3分
時間: [アフタヌーンティー] 2時間制
価格: [アフタヌーンティー] 5,400円
定休日: 年中無休

⑭ さくららうんじ/千里阪急ホテル

芝生の庭がある万人憩いのスポット

千里阪急ホテルのさくららうんじ
<画像元:一休

大阪国際空港や新大阪駅にもアクセスしやすい千里阪急ホテルは、出張から観光、ご褒美ステイまで広く利用できる都市型ホテルです。

ロビーのそばにある「さくららうんじ」は気取らない雰囲気で、大人から子供まで、多くの人に親しまれています。横に広がる芝生の庭も、隠れた人気スポットです。

【6月】エレガントな “お花畑” ~champ de fleurs~

6月のアフタヌーンティーは、お花畑がモチーフ。バスケットに入ったセイボリーが初夏のピクニック気分を盛り上げます。

スイーツは、濃厚な「抹茶とミルクチョコムース」や、パープルが目を引く「バタフライピーのゼリー」など、お茶を使ったアイテムがそろいます。

コスパのよさで有名なさくらラウンジのアフタヌーンティー。セイボリーにはパスタもくわわって食べごたえは十分。

ドレッシングやジュレなど、セイボリーにもさまざまなお茶を味つけや風味づけにしのばせてています。

店舗情報
住所: 大阪府豊中市新千里東町2丁目1番D-1号 千里阪急ホテル1F
アクセス: 地下鉄・モノレール「千里中央駅」すぐ
時間: [アフタヌーンティー] 要確認
価格: [アフタヌーンティー] 3,000円
定休日: 年中無休

⑮ UPSTAIRZ/Zentis Osaka(アップステアーズ/ゼンティス大阪)

感性豊かな新時代のホテル体験

<画像元:一休

堂島浜エリアで2020年に開業ゼンティス大阪。研ぎ澄まされた感性でホテルステイの新しいかたちを追求し、ほかでは体験できないワンランク上のサービスを提供します。

併設する「UPSTAIRZ Lounge, Bar, Restaurant」では、東京・中目黒にある有名レストランの一流シェフを招聘。食材を厳選した味も見た目も驚きに満ちた創作料理を楽しめます。

【5月・6月】お花とトロピカルの華やかな世界

5月と6月はリゾート気分を味わえるトロピカルなアフタヌーンティーが登場。

フラワーリースに見立てたココナッツのケーキや、植木鉢をイメージしたタルトなど、オリジナリティあふれる世界観はUPSTAIRZならでは。

「グリーンアスパラのポシェ」や「サーモンのパヴェ」など、みずみずしく繊細なセイボリーも、一つひとつ大切に味わいたい完成度の高さです。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区堂島浜1-4-26 ゼンティス大阪(Zentis Osaka)2F
アクセス: JR「北新地駅」から徒歩約5分
時間: [アフタヌーンティー] 要確認
価格: [アフタヌーンティー] 6,957円
定休日: 年中無休

大阪で特別な日にはアフタヌーンティーがおすすめ!

大阪でアフタヌーンティーを楽しめる人気スポット(2022年版最新)をご紹介しました。アイデア豊かなコンセプトや華麗で繊細なスイーツたちは、私たちをおおいに魅了します。その独特な世界にとっぷり浸るひとときは、まさに日常からのエスケープ。毎日がんばる自分へのご褒美や特別な日のお祝いなど、いつもとちがうスペシャルな機会に、ぜひ優雅なアフタヌーンティーを楽しみましょう。(執筆者:めしレポ編集部)