【2022年夏】大阪のおすすめアフタヌーンティー20選 人気ホテルでエレガントなひとときを

大阪で夏の避暑はアフタヌーンティーがおすすめ

アフタヌーンティーは、イギリス貴族が昼食と夕食のあいだに、紅茶を飲みながら軽食をつまんで語らう習慣があったことがはじまりといわれます。日本でも、ホテルなどでアフタヌーンティーを提供するレストランが増えてきました。この記事では、大阪でアフタヌーンティーを体験できる人気スポットを、2022年夏の最新情報とともにご紹介します。

【2022年夏】大阪の人気アフタヌーンティー20選(目次)

ホテル・レストラン
(クリックで詳細)
最寄駅 価格※
① スプレンディード/ザ・リッツ・カールトン大阪 梅田駅 6,300円
② 梅田 璃泉(りせん)/ホテルビナリオUMEDA 梅田駅 3,200円
③ ザ・ロビーラウンジ/ザ・リッツ・カールトン大阪 梅田駅 6,900円
④ ティーラウンジ パルテール/ホテル阪急インターナショナル 大阪梅田駅 6,000円
⑤ ロビーラウンジ/ウェスティンホテル大阪 大阪駅 6,000円
⑥ マイプレイス カフェ&バー/ヒルトン大阪 大阪駅 5,500円
⑦ ラウンジ 3-60(スリーシクスティ)/インターコンチネンタルホテル大阪 大阪駅 6,325円~
⑧ ザ・コスモポリタン/グランフロント大阪 大阪駅 4,500円
⑨ ザ・ラウンジ/スイスホテル南海大阪 なんば駅 4,400円
⑩ カフェラウンジ コアガリ/ホテルロイヤルクラシック大阪 なんば駅 4,000円
⑪ 隨縁亭(ずいえんてい)ホテルモントレ グラスミア大阪 なんば駅 4,000円
⑫ ザ パーク/帝国ホテル 大阪 桜ノ宮駅 6,500円
⑬ 40 Sky Bar & Lounge(40スカイバー & ラウンジ)/コンラッド大阪 肥後橋駅・渡辺橋駅 5,800円
⑭ LOUNGE PLUS(ラウンジプラス)/大阪マリオット都ホテル 天王寺駅 5,700円
⑮ セントレジスバー/セント レジス ホテル 大阪 本町駅 6,500円
⑯ メインラウンジ/リーガロイヤルホテル 中之島駅 4,900円
⑰ ロビーラウンジ/ANAクラウンプラザホテル大阪 大江橋駅 5,800円
⑱ さくららうんじ/千里阪急ホテル 千里中央駅 3,000円
⑲ UPSTAIRZ/Zentis Osaka(アップステアーズ/ゼンティス大阪) 新天地駅 8,470円
⑳ ゆう/シェラトン都ホテル大阪 上本町駅 5,500円

※価格は「一休.comレストラン」のプランです。

① スプレンディード/ザ・リッツ・カールトン大阪

トスカーナの別荘に招かれた気分

ザ・リッツ・カールトン大阪にあるスプレンディード
<画像元:一休

梅田駅から徒歩5分の場所にあるザ・リッツ・カールトン大阪。18世紀のロンドンを彷彿とさせる堂々としたたたずまいが、伝統の重さを感じさせます。

1階にある「スプレンディード」は、自然と芸術が息づくトスカーナ地方の別荘を思わせる温もりあるレストランです。本格的なイタリア料理と厳選ワインを堪能できます。

【7月・8月】シトラスが主役のアフタヌーンブッフェ

※写真は7月前半「イッツ・ア・セレブレーション!」の内容です。

7月後半からは、レモンやオレンジなどの柑橘フルーツを中心にしたスイーツやセイボリーを楽しめます。ビュッフェとアフタヌーンティー両方を満喫できる点が魅力です。

工夫をこらした合計22品ものアイテムのほか、個々に提供される「ドルチェパルフェ・レモン」もあります。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区梅田2丁目5番25号 ザ・リッツ・カールトン大阪1階
アクセス: 阪神「梅田駅」から徒歩5分
JR「大阪駅」から徒歩7分
滞在可能時間: 90分
価格: 6,300円
定休日: 木・金曜日のディナータイム

② 梅田 璃泉(りせん)/ホテルビナリオUMEDA

都会の隠れ家で和食や日本酒を堪能する

ホテルビナリオUMEDAのレストラン
<画像元:一休

梅田駅の中心から少し離れた場所にあるので、のんびり過ごせる雰囲気です。都会の隠れ家のような「璃泉(りせん)」では、季節の会席料理やおいしい日本酒をいただけます。

3,000円台でお得感いっぱいのアフタヌーンティー

贅沢な気分を味わえる和のアフタヌーンティーは、4段のお重でサーブされます。充実した内容で3,200円(税込)と、コスパのよさも魅力です。

季節により内容は変わりますが、ふわふわの「出汁巻玉子のサンドイッチ」や、ブランド卵を使った濃厚な「プリン」は定番アイテム。口コミでも人気を集めています。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区豊崎3-9-1 ホテルビナリオUMEDA1F
アクセス: 阪神「梅田駅」から徒歩5分
地下鉄「中津駅」から徒歩3分
滞在可能時間: 13:00-17:00の間で無制限
価格: 3,200円
定休日: 日曜・月曜のディナータイム

③ ザ・ロビーラウンジ/ザ・リッツ・カールトン大阪

イギリス貴族の邸宅に招かれたよう

ザ・ロビーラウンジの店内
<画像元:一休

梅田駅から徒歩5分のザ・リッツ・カールトン大阪は、英国貴族のエレガンスと日本の伝統美が調和した最高級クラスのホテルです。

その魅力を凝縮した「ザ・ロビーラウンジ」では、クラシックやジャズの生演奏を聴きながら、本格的なアフタヌーンティーのほかアルコール類も楽しめます。

【7月・8月】最新イタリアンブランドがコラボ

<画像元:一休

イタリアの最新ブランド「N21 ヌメロヴェントゥーノ」とタッグを組むハイセンスなアフタヌーンティー。

双方に共通する独創的な “手仕事” が鮮やかに花開いた内容になっています。

スイーツは「夏みかんのババ」「ローストバニラ グレープフルーツ」「ピスタチオ チェリータルト」など5点。セイボリーは「サーモンとクリームチーズのサンドウィッチ」や「ロブスターのキャビア・バブルティー」など4点あります。

大人ムード漂うエッジーなアフタヌーンティーをお楽しみください。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区梅田2丁目5番25号 ザ・リッツ・カールトン大阪1F
アクセス: 阪神「梅田駅」から徒歩約5分
滞在可能時間: 2時間
価格: 6,900円
定休日: 年中無休

④ ティーラウンジ パルテール/ホテル阪急インターナショナル

選べる豪華なスイートルームも魅力

ティーラウンジ パルテールの店内
<画像元:一休

大阪梅田駅から徒歩3分。豪華なスイートルームや多彩な宿泊プランに定評があるのがホテル阪急インターナショナルです。

「ティーラウンジ パルテール」では、日本紅茶協会お墨付きの幅広いティーセレクションや、季節ごとにテーマの変わるアフタヌーンティーを楽しめます。

アフタヌーンティーセット「Supreme」

ティーラウンジ パルテールのアフタヌーンティー
<画像元:一休

Supreme(シュプリーム)は、日本語で “最高の” という意味。それにふさわしく、上質なホテルクオリティを実感できるリッチなアフタヌーンティーです。

内容は季節によりかわり、訪れるたびに新しい味や華やかな見た目を楽しめます。1日20食限定のアフタヌーンティーなので、ご予約はお早目に。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区茶屋町19-19 ホテル阪急インターナショナル2階
アクセス: 阪急「大阪梅田駅」から徒歩3分
JR「大阪駅」から徒歩10分
滞在可能時間: 2時間
価格: 6,000円
定休日: 年中無休

⑤ ロビーラウンジ/ウェスティンホテル大阪

吹き抜けが爽快なくつろぎ空間

ウェスティンホテル大阪のロビー
<画像元:一休

JR大阪駅にほど近いウェスティンホテル大阪は、ビジネスに観光、そして日常からの贅沢な逃避行に、国内外を問わず多くの人から愛されるホテルです。

ホテルの顔でもある「ロビーラウンジ」は、3フロア分の開放的な吹き抜けが圧巻。窓の外に見える木々の緑も気分を和ませてくれます。

【6月~8月】「スイートメロン」のアフタヌーンティー

ウェスティンホテル大阪のアフタヌーンティー
<画像元:一休

6月からはファンの多いメロンづくしを堪能できるアフタヌーンティーを開催。パティシエの技とこだわりが光るスイーツ&セイボリーに脱帽です。

メロンクリームソーダ風のジュレ
<画像元:一休

「メロンクリームソーダ風ジュレ」「赤肉メロンのパウンドケーキ」「メロンのミルクレープ」など、すべてのアイテムにメロンを使った100%の完成度

フレッシュ感満載のセイボリー
<画像元:一休

「メロンとスモークサーモンのカナッペ」などフレッシュ感満載のセイボリーのほか、メロンスープを添えた「フォアグラのテリーヌ」のスペシャルディッシュも要チェックです。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区大淀中1-1-20 ウェスティンホテル大阪 1F
アクセス: JR「大阪駅」から徒歩9分
滞在可能時間: 2時間30分
※高層階プランは12:00‐18:00(最大6時間)
価格: 6,000円~
定休日: 年中無休

⑥ マイプレイス カフェ&バー/ヒルトン大阪

大阪の今を発信する西梅田に立地

マイプレイス カフェ&バーの店内
<画像元:一休

ヒルトン大阪が位置する西梅田周辺は、芸術やエンターテイメントなど多彩なジャンルで注目を集めるエリアです。

ホテル1階の「マイプレイス カフェ&バー」は、朝9時から日付が変わる時間までオープン。モーニングからランチ、ティー、ディナーと、一日を通して、観光客やビジネスマンにくつろぎのひとときを提供しています。

【6~8月】サンリオのキュートな世界観に心酔

ヒルトン大阪のアフタヌーンティー
<画像元:一休

サンリオファンでなくてもキュートなお祭りムードを存分に楽しめるアフタヌーンティーが8月末まで。

サンリオの人気キャラクターが集まった “夏フェス” をイメージしています。

あまりのかわいさに食べてしまうのがもったいないですが、夏にぴったりのさわやかなスイーツはほっぺが落ちるようなおいしさです。

※ホテル内の「フォルク キッチン オールデイダイニング」では、同じテーマでスイーツビュッフェを開催中です。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区梅田1丁目8-8 ヒルトン大阪 1F
アクセス: JR「大阪駅」から徒歩2分
滞在可能時間: 2時間
価格: 5,500円~
定休日: 年中無休

⑦ ラウンジ 3-60(スリーシクスティ)/インターコンチネンタルホテル大阪

オープンビューが爽快なモダンラウンジ

<画像元:一休

商業施設「グランフロント大阪」に入るインターコンチネンタルホテル大阪は、屋内プールやジム、ウェディングチャペルなど、多彩な施設をあわせもつ都会的なホテルです。

ビル20階に位置するレセプションの隣に、「ラウンジ 3-60(スリーシクスティ)」があります。鮮やかなビビッドカラーが印象的な店内は、どの席からも大きな窓が見え、爽快な眺望が心をリフレッシュしてくれます。

【7月~9月】しずる萌え!「ピーチアフタヌーンティー」

<画像元:一休

“旅行かばん” を開く演出がおなじみ。夏は旬の桃をふんだんに取り入れたみずみずしいアフタヌーンティーを展開します。

<画像元:一休

「ピーチとラズベリーのオペラ」「ピーチとプラムのクランブルとフロマージュブラン」「ハモンセラーノと桃 豆腐のババロワ」など9つのアイテムは何からなにまで桃づくし

ため息がでるほどに美しいビジュアルにもご注目ください。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区大深町3-60 インターコンチネンタルホテル大阪 20F
アクセス: JR「大阪駅」から徒歩5分
阪急「大阪梅田駅」から徒歩5分
滞在可能時間: 2時間
価格: 6,325円~
定休日: 年中無休

⑧ ザ・コスモポリタン/グランフロント大阪

商業施設に入るおしゃれなレストラン

グランフロント大阪の館内
<画像元:一休

大阪駅から徒歩1分、梅田駅から徒歩3分とアクセス至便なグランフロント大阪は、時代を先どる多彩な店舗の入った大型複合施設です。

その南館9階にある「ザ・コスモポリタン」では、明るくスタイリッシュな店内で、産直食材を使ったステーキや鉄板料理、世界各国のワインなどを提供しています。

コスパ良好な定番アフタヌーンティー

グランフロント大阪のアフタヌーンティ
<画像元:一休

人気のアフタヌーンティーは1日限定14食で、とくに土曜は予約必須です。

料理と同じくデザートのレベルの高さにも定評があり、季節ごとのアフタヌーンティーでは、パティシエの創意に富んだスイーツを心ゆくまで楽しめます。

ケーキもサンドイッチ(バーガー)もサイズが大きめなので、しっかりおなかをすかせて来店しましょう。ドリンクは1人2種類まで選べます。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館9F
アクセス: JR「大阪駅」から徒歩1分
阪急「梅田駅」から徒歩3分
滞在可能時間: 要確認
価格: 4,500円
定休日: グランフロント大阪に準ずる

⑨ ザ・ラウンジ/スイスホテル南海大阪

スイスの新しい風を感じるホテル

スイスホテル南海大阪の館内
<画像元:一休

なんば駅直結のスイスホテル南海大阪は、大阪・ミナミを代表するリッチで機能的なホテルです。あたたかみと洗練をあわせもつスイスの現代的なデザインで、多くのファンを魅了しています。

ロビーに面する「ザ・ラウンジ」では毎日午後にハープの生演奏があり、自家製デザートや軽食を楽しみながら、リラックスしたティータイムを過ごせます。

【7月・8月】「サマー ランデブー アフタヌーンティー」

<画像元:一休

華麗なアフタヌーンティーで “夏のデート” に出かけましょう。リゾート感あふれる演出に開放的な気分を味わえること必至。4,000円台とリーズナブルな価格も魅力です。

ヤシの木やイルカ、サーフボードなど、南国モチーフで飾られたスイーツたちは写真映え抜群。この時期だけのトロピカルスコーンは爽快な甘さがあとをひきます。

ドリンクはビュッフェスタイルで、お好きな紅茶をカップに注いでいただきましょう。

店舗情報
住所: 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪6F
アクセス: 南海「なんば駅」直結
滞在可能時間: 2時間
価格: 4,400円
定休日: 年中無休

⑩ カフェラウンジ コアガリ/ホテルロイヤルクラシック大阪

大阪の伝統と未来が交差するホテル

カフェラウンジ コアガリの店内
<画像元:一休

新歌舞伎座の意匠を受け継ぎ、大阪の古今をつなぐロイヤルクラシック大阪。なんば駅から徒歩1分という最高の立地で、活発な観光と静寂のステイ、どちらもかなえてくれます。

人が行き交う御堂筋に面した「コアガリ」は、買い物帰りの一休みや仕事の打ち合わせなど、人々が気軽に立ち寄る憩いの場所となっています。

高級感あふれるイブニングティーセット

ホテルロイヤルクラシック大阪のティーセット
<画像元:一休

17時から19時まで20食限定で提供されるイブニングティーセットです。

スイーツは「季節のショートケーキ」や「ティラミス」8品のほか、シェフおすすめの月替わりケーキも楽しみです。

セイボリーは、日替わりの前菜2種と具だくさんのスープ、ホクホクのポテトフライとボリューミーです。ケーキの品数も多いので、ディナーとして利用するのもいいでしょう。

ワンドリンクにはスパークリングワインも選べます

店舗情報
住所: 大阪府大阪市中央区難波4-3-3 ホテルロイヤルクラシック大阪2F
アクセス: 地下鉄「なんば駅」から徒歩1分
近鉄「大阪難波駅」から徒歩5分
南海「難波駅」から徒歩3分
滞在可能時間: 2時間
価格: 4,500円
定休日: 年中無休