難波でおすすめランチ!食い倒れの街のTOP25【食べログ3.5以上】

※食べログ評価の確認と店舗入れ替えを随時実施!!

難波の特徴とランチのお店を探す際のポイント

大阪の二大繁華街のひとつ、“ミナミ”の玄関口にあたる難波エリア。カジュアルな雰囲気で若者が闊歩する「アメリカ村」や、夜の定番歓楽街「宗右衛門町商店街」、グリコの看板で有名な「戎橋」など、大阪らしいスポットが点在するエリアだ。

3本の地下鉄やJR、近鉄線、阪神線など複数の交通機関が交差し、アクセスも至便。最近では外国人観光客も多く訪れる。グルメの街としても知られ、居酒屋やレストラン、おしゃれなカフェなど人気の飲食店が軒を連ねる。最近は路地裏に名店が集まった「裏なんば」がグルメの注目を集めている。

食い倒れの街にふさわしく、ランチもさまざまなジャンルで選り取り見取り。むしろ、選択肢が多すぎて、選ぶのに困ることも多いだろう。そこで、お店を選ぶポイントにしたいのが待ち時間。行列ができる人気店も多いので、リサーチしておくのがおすすめだ。ゆっくりと時間を取る余裕があれば行列店で並ぶのもいいだろう。ひとりで食事をするならば、相席OKかどうかもポイントだ。あとは、その日の気分と予算に応じて、ランチ選びを楽しもう。

【食べログ3.5以上】難波のおすすめランチランキングTOP25(目次)

店舗
(クリックで詳細)
ジャンル 価格帯

25位 韓日館 宗右衛門店

焼肉 1000-2000円

24位 料理屋 のだ

和食 1000-2000円

23位 ぺりーのいくら丼

いくら丼 -1000円

22位 クンテープ

タイ料理 1000-2000円

21位 カジュアル割烹 Shun

和食 1000-2000円

20位 カレー屋バンバン

カレー -1000円

19位 梁亜楼

シンガポール料理 -1000円

18位 とんかつ 吉兆

とんかつ 1000-2000円

17位 大黒

和食 1000-2000円

16位 イタリアンバール スペッロ

イタリアン 1000-2000円

15位 魚匠 銀平

魚定食 1000-2000円

14位 普通の食堂いわま

和定食 -1000円

13位 坂町の天丼

焼肉 -1000円

12位 ダイニングステージ 佐海屋

和定食 -1000円

11位 ニューライト

カレー -1000円

10位 重亭

洋食 1000-2000円

9位 天ぷら 大吉

天ぷら -1000円

8位 千とせ

うどん -1000円

7位 味乃家 本店

お好み焼き 1000-2000円

6位 大阪難波 自由軒

カレー、洋食 -1000円

5位 一芳亭

中華 -1000円

4位 クレープリー・アルション

ガレット 1000-2000円

3位 道頓堀 今井

うどん 1000-2000円

2位 福太郎

お好み焼き 1000-2000円

1位 シンズキッチン

インド料理 1000-2000円

韓日館 宗右衛門店

韓国料理尽くしのランチバイキング

1986年創業の、芸能人や韓流スターもよく訪れる老舗韓国料理店。韓国の古き良き田舎の風情が感じられる異国情緒たっぷりの店内で、焼肉はもちろん、伝統料理や薬膳料理など本場の味を堪能できる。

お昼は、1000円で楽しめるランチバイキングがコスパ最強と大人気。野菜が中心の韓国伝統の薬膳ナムルなど、毎日日替わりメニューが15品も登場し、好きなだけ食べることができる。チャプチェやプルコギ、トッポギなど家庭料理がズラリと並んだ様子は壮観で、それだけでワクワクしてしまうかも。さらに充実させたい人は、「ユッケジャン」や「純豆腐チゲ」などのスープやチゲが390円でオーダーできるほか、「ビビン麺」や「参鶏湯」などの追加メニューもある。バイキングの営業時間は11:30~14:30分。腹ペコで訪れよう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区宗右衛門町1-22

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅14番出口から徒歩7分、地下鉄千日前線日本橋駅2番出口から徒歩4分
営業時間:11:30-23:00
定休日:年中無休
価格帯:1000-2000円(ディナーは6000-8000円)
個室:有り

料理屋 のだ

ランチで本格和食を楽しめる店

路地裏の隠れた名店として知る人ぞ知る割烹で、店主はホテルの割烹で料理長を務めたこともある経験豊かな料理人だ。料理は旬の味わいを大切にした繊細な味付けが評判。夜は、その日の仕入れによってメニューが変わる会席のコースや、アラカルトが味わえる。

ランチは、料理箱に盛られた6種類のおかずとご飯、赤だしがセットの「本日の御膳」と、さらにレンコン饅頭とデザートが付く「本日の御膳(上)」、そして予約が必要な「お昼のミニ会席」の3種類。「本日の御膳」のおかずは、お造り、煮物、焼き物、揚げ物など充実した内容で、美しい盛り付けが食欲をそそる。「本日の御膳」目当てに多くの客が訪れるので、予約をしておくといいだろう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区千日前2-8-4 きよ美ビル2F

アクセス:近鉄線難波駅から徒歩5分、近鉄線日本橋駅から徒歩5分
営業時間:12:00-14:00、17:00-23-00
定休日:日曜(予約により営業)
価格帯:1000-2000円(ディナーは8000-1万円)
個室:無し

ぺりーのいくら丼

リーズナブルないくら丼で海の幸を満喫

ルビーのようにきらめくイクラがこぼれんばかりの丼を、豪快にかき込みたい! そんな願いをリーズナブルに叶えてくれる、いくら丼の専門店。丼の白飯が見えないくらいたっぷりとイクラがのった「いくら 大もり」が880円と破格の値段だ。いくらは皮がプチプチしたものと、皮の柔らかいものの2種類から選ぶことができるのは専門店ならでは。トッピングとして200円でホタテをつけることもできる。

5月から7月は、期間限定でウニも登場! 濃厚なウニを存分に味わえる「うに丼」もよし、どちらも捨てがたいという欲張りさんはウニとイクラの両方を味わえる「うに&いくら丼」もいいだろう。サイドメニューにはカニがたっぷり入った「かに汁」を。海の幸たっぷりのランチを満喫しよう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋2-2-7 タワーエステイトビル1F

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅15B出口から徒歩10分、地下鉄堺筋線日本橋駅から徒歩5分
営業時間:12:00-21-30(売切れ次第終了)
定休日:不定休
価格帯:1000-2000円(ディナーは1000-2000円)
個室:無し

クンテープ

タイ料理のランチバイキングでエスニック気分

中華や焼肉などの定番バイキングにちょっと飽きたという人におすすめしたいのが、タイ王国政府認定レストラン「クンテープ」のランチバイキングだ。本場タイ人が作る「酸っぱい・辛い・甘い」をバランスよく取り入れた本格タイ料理が、ランチタイムはバイキングで楽しめる。新鮮なタイハーブや野菜を取り扱うタイ食材専門店を直営しているので、ハーブのいい香りがするタイ料理が味わえると評判だ。

ランチバイキングの時間は、11:30から15;00まで。タイカレー、トムヤムクン、タイ式焼きそば、デザートなど本格タイ料理15種類以上が食べ放題だ。3種類のカレーの食べ比べができる「タイカレーフェア」などの期間限定イベントも行われ、エスニック料理好きにリピーターも多い。行列になることも多いので、早めに来店しよう。


店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-14 平松扇屋ビルB1F

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅14番出口から徒歩5分、近鉄線難波駅から徒歩6分
営業時間:11:30-23:00
定休日:年中無休
価格帯:1000-2000円(ディナーは3000-4000円)
個室:無し

詳細・クーポン: ホットペッパー食べログ

カジュアル割烹 Shun

ユニークなお茶漬けで和牛のおいしさを味わい尽くす

コスパ抜群で、カジュアルに本格的な和食が楽しめる割烹で、豆腐の燻製を使った白和えやフォアグラの煮つけなど、ひとひねりした独創的な料理に定評がある。ランチメニューは日替わり定食や海鮮丼などが並ぶが、なかでもひねりの効いた逸品が、メディアにも多く取り上げられている「黒毛和牛しゃぶ茶漬け」だ。まず、最初に提供される6種類の前菜に目を奪われる。和食ならではの華やかな盛り付けで、味も繊細で美味。前菜目当てというファンも多い。

メイン料理は、黒毛和牛のしゃぶしゃぶ肉を使ったお茶漬けというユニークなもの。出汁をかけると、見る見るうちに肉の色が変わり、程よくレアに仕上がる。塩昆布やワサビなどの薬味が付き、味の変化も魅力のひとつ。牛肉の旨みが溶けだした出汁は脂っぽさを感じさせず、あっさりした味わいなので、最後の1滴まで飲み干したい。


店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区千日前2-9-6 リップル千日前中央ビル1F

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅19番出口から徒歩5分、近鉄線日本橋駅から徒歩3分
営業時間:11:00-15:00、17:00-23:00
定休日:年中無休
価格帯:1000-2000円(ディナーは4000-5000円)
個室:無し

詳細・クーポン: ホットペッパー食べログ

カレー屋バンバン

ワンプレートにスパイスの魅力が満載

爽快なスパイス感がくせになるとブレイクしている、大阪発祥のスパイスカレー。難波で食べるならば「カレー屋バンバン」がおすすめだ。夜はバーの店を平日の昼間だけ間借りして営業しているが、本格的なスパイスカレーが味わえる。

イチオシの「カレープレート」は、トマトベースでスパイシーなチキンカレーとマイルドな辛さの豆カレーの合いがけ。そのほかにも、スパイス炒めやアチャール(インド流漬物)、ライタ(インド流のサラダ)などの副菜が一緒に盛られている。さらにトッピングメニューのキーマカレーを加えれば、3種類のカレーに。さまざまな味わいがひと皿にまとめられているので、それぞれ組み合わせて食べればいくつもの味が楽しめる。さわやかなスパイスの香りと素材のうまみが一体となった複雑な味わいに、カレーの奥深さを実感しよう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波4-5-8 南地ターミナルビル2F

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分
営業時間:11:00-16:00
定休日:土曜、日曜、祝日(不定期で営業有り)
価格帯:1000円
個室:無し

梁亜楼

シンガポール名物のチキンライスを賞味

おいしい飲食店が立ち並ぶ、グルメが注目の”裏なんば”にあるシンガポール料理の専門店。大阪で唯一、現地人が料理長を務める本格派で、毎朝、黒門市場で買い付ける新鮮な野菜を使ったシンガポール料理は絶品と評判だ。ランチは、平日の日替りランチやセットメニューのほか、ディナーの単品料理もオーダーできる。

なかでも一番人気なのが、シンガポール名物の「海南チキンライスセット」だ。チキンライスは、現地で使われる「パンダンリーフ」やショウガなど、10種類近くの調味料やハーブとともに、タイ米を鶏スープで炊き込んだもの。これを、ゆでた朝ひき鶏と共に味わえば、これまでのチキンライスの概念が覆されること間違いなしだ。鶏肉は柔らかくプリプリで、チキンライスとの相性もばっちり。チリソースとジンジャーソースも添えられているので、“味変”で飽きることなく、最後まで楽しめる。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前13-6 大一ビル2F

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩2分
営業時間:月曜、木曜-日曜は11:00-15:00、17:00-23:30
火曜、水曜は17:00-23:30
定休日:年中無休
価格帯:1000円(ディナーは3000-4000円)
個室:有り

とんかつ 吉兆

ガッツリとんかつを自家製ポン酢でさっぱりと

ガッツリランチといえば、なんといってもとんかつ。そこで、難波でとんかつを食べるならば、おすすめしたいお店がここ。近隣のサラリーマンから高い人気を集める、とんかつの専門店だ。ラードで揚げているので、衣の香ばしさは抜群。「ローストンカツ定食」には、静岡産のブランド豚「雅ポーク」を使用するなど、こだわった食材を使用している。

ランチタイムには日替りも登場するが、名物を食べたいのであれば「ヒレおろしとんかつ定食」など卵入りのおろしポン酢が付いた料理をチョイスしよう。ぽん酢は自家製で、卵も北海道産のこだわり卵を使用。とんかつにポン酢!? という意外な組み合わせだが、卵がコクを出しつつ、ポン酢とおろしでさっぱりと食べられる。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区日本橋2-8-16 マッセイ日本橋レヂデンス2F

アクセス:南海本線難波駅南館1F東出口から徒歩5分、近鉄日本橋駅から徒歩3分
営業時間: 11:30-20:30
定休日:水曜
価格帯:1000-2000円(ディナーは1000-2000円)
個室:無し

大黒

ミシュランも認める絶品かやくご飯

いかにも趣のあるレトロな風情の「大黒」は、創業明治35年という老舗。古くから多くの著名人や文化人に愛され、2017年度のミシュランにビブグルマンとして掲載された和食の名店だ。逸品ぞろいの和食を提供しているが、なかでも有名なのが「かやくご飯」。創業当時から変わらないというこんにゃくとうす揚げ、ゴボウというシンプルな具とともに炊かれたご飯は、だしの旨みが豊かでしみじみとした味わいだ。

かやくご飯を堪能するならば、セットメニューの「かやく御膳」をオーダーするといいだろう。汁物と日替わりのおかず2品が付いてくる。魚の煮つけや焼き魚なども人気があり、野菜料理のメニューも充実。通いなれた客はかやくご飯に単品を組み合わせて、自分好みの和定食を楽しんでいる。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀2-2-7

アクセス:地下鉄千日前線大阪難波駅25番出口から徒歩1分
営業時間: 11:30-15:00、17:00-20:00
定休日:日曜、月曜、祝日
価格帯:1000-2000円(ディナーは1000-2000円)
個室:無し

イタリアンバール スペッロ

3種類のパスタから選べるパスタセットが人気

気軽に立ち寄れる雰囲気で、隠れ家っぽさが魅力のイタリアンバール。本格的な料理がリーズナブルに食べられると評判だ。その日の食材をシェフが市場で買い付けるので、大阪の季節感がビビットに味わえ、北イタリアや南イタリアの郷土料理も登場する。

ランチタイムには、セットメニューが用意されている。「パスタセット」は3種類の「本日のパスタ」からチョイスができ、サラダとフォカッチャが付いてくる。パスタは、さすが本格派という納得のおいしさ。フォカッチャは自家製で、外はパリッと、中はモチモチでファンが多い。そのほか「リゾットランチ」、メイン料理がある「メインランチ」のほか、ランチ女子会向きの「贅沢ランチ」などがあり、予算に応じて選ぶといいだろう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前3-19

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分
営業時間: 11:30-13:30、17:30-22:30
定休日:不定休
価格帯:1000-2000円(ディナーは3000-4000円)
個室:無し

魚匠 銀平

魚喰いも大満足のお魚ランチ

お魚好きの人におすすめしたい、魚料理が自慢の和食店。和歌山県簑島や高知県室戸岬で獲れる、新鮮な魚を使用した魚料理を提供する。名物の「鯛めし」は、新鮮なマダイを、昆布と塩のシンプルな出汁で炊き上げた逸品。ランチでも「お昼の鯛めしコース」として、ちょっと贅沢なセットメニューが用意されている。

気軽なランチならば、オール1080円の「銀平の定食」がおすすめ。「お造り」「海鮮丼」「煮魚」「焼魚」「天ぷら」があり、付き出し、小鉢、ご飯、みそ汁、漬物が付いてくる。いずれも、その日の新鮮な魚で作られ、「煮魚」と「焼魚」は数種類の魚から選ぶことができるのも好評だ。人気の「煮魚」は水としょう油のみで調理され、火の通し加減が絶妙。魚本来の味わいを、ランチでも存分に楽しもう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀2-2-20 RITZビル1F

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅25番出口から徒歩3分
営業時間: 11:30-14:00、17:00-23:00
定休日:日曜
価格帯:1000-2000円(ディナーは5000-6000円)
個室:有り

普通の食堂いわま

ボリューム満点、コスパ◎で腹ペコの味方!

店名に“普通”とつくものの、普通ではないおいしさとボリュームが評判で、数々のテレビ番組でも紹介される定食屋さん。メニューも豊富なので、迷ってしまう人には「平日限定日替りランチ」をおすすめしたい。例えばある日の日替りは、豚バラ肉の炙り焼き、鶏のから揚げ、ポテトサラダ、やみつきキャベツ、冷奴。これにご飯とみそ汁が付いて、780円と破格の値段だ。鶏のから揚げは同店の名物料理で、ジャンボサイズでとてもジューシー。日替わりには登場することが多いので、ねらい目だ。

あれこれ選ぶのが楽しいという人は、ぶ厚いメニューから好みの料理を見つけよう。肉料理、魚料理ともに充実しているので、食べたいものが見つかるはずだ。季節限定やおすすめ料理は店内の壁にも張られているので、要チェック。「コロッケ」などの単品メニューもあり、定食にプラスしてボリュームアップすることもできる。


店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前9-12

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩10分
営業時間: 11:00-15:30、17:00-22:00
定休日:水曜
価格帯:1000円(ディナーは1000-2000円)
個室:無し

詳細・クーポン: ホットペッパー食べログ

坂町の天丼

注文を受けて揚げるエビ天が美味!

昭和27年の創業以来、長く大阪人に愛されてきた天丼専門店。メニューは「天丼」「かき揚げ丼」「赤だし」といたってシンプル。多くの人が注文する「天丼」は、エビ天2尾と海苔天という内容。エビ天は注文を受けてから揚げるので、まさに揚げたての天ぷらが味わえる。衣がサックリでエビがプリプリとしていて、エビの身の甘みが感じられる。小エビが入った「かき揚げ丼」は限定10食のみなので、食べたい場合は早めの来店が必要だ。

タレはさっぱり目で、甘さは控えめ。揚げたて天ぷらにタレがかけられるときのジュワーっという音に、食欲が一層そそられる。カウンター7席の小さな店でランチタイムは行列ができるが、回転が速いので待つのもあまり苦にならないだろう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区千日前1-8-16

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分、地下鉄堺筋線日本橋駅から徒歩3分
営業時間: 10:00-14:00頃(売り切れ次第終了)
定休日:水曜、第3木曜
価格帯:1000円
個室:無し

ダイニングステージ 佐海屋

巨大エビフライに目もお腹も大満足

お皿からはみ出すジャンボサイズのエビフライ。しかも2尾も付いて1080円というリーズナブルなランチが食べられるのが、こちら。同店の「大エビフライ定食」は、通常のエビフライの2~3倍という大きさもさることならば、味の良さでもファンの多い名物料理です。エビの身は甘くプリップリで、香ばしい衣にはたっぷり添えられた自家製タルタルソースがよく合う。

ジャンボサイズは、「コロッケ定食」も負けていない。ソフトボールくらいの大きさの巨大コロッケで、定食では1個、または2個を選ぶことができる。もともと店主がメタボ対策に考案したというメニューだけあって、具はホウレンソウたっぷりの「ポパイ」や野菜たっぷりの「肉じゃが」などいたってヘルシーだ。いろいろなおかずを食べたい人は、マグロのお造りと串カツ、おでんがセットの「佐海屋セット」を。夜は居心地のいい居酒屋になる同店。昼、夜共に訪れたい店だ。

店舗情報

住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-10-25 なんばCITY南館1F なんばこめじるし

アクセス:南海本線難波駅から徒歩3分、地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩7分
営業時間: 10:00-15:00,16:30-23:00
定休日:不定休(なんばCITYに準ずる)
価格帯:1000円(ディナーは3000-4000円)
個室:無し

ニューライト

アメ村のB級グルメ、セイロンライスとは!?

ライブなどのポスターがべたべたと貼られ、飲食店とは気づかずに通り過ぎてしまいそうな外観。入るのにも躊躇しそうだが、実は“うまい”安い”早い”の3拍子揃った、難波アメリカ村の洋食の名店だ。メニューは多彩で、「ハヤシライス」「ハンバーグ」といった洋食から、「親子丼」「カツ丼」、果ては「ラーメン」「八宝菜」といった中華まで幅広い。11時から15時30分のランチタイムには、トンカツやエビフライなどのセットメニューもある。

しかし、まず食べてほしいのは看板メニューの「セイロンライス」だ。一見、ご飯を混ぜたスープカレーのようだが、牛肉に玉ねぎ、デミグラスソース、ラーメンスープがミックスしたもの。デミグラスソースは長年継ぎ足して作られているので、他店にはまねできない特製だ。がっつり行くならば、トンカツをトッピング。アメ村のB級グルメに舌鼓を打とう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-16-13 宝泉ビル1F

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分
営業時間:平日、土曜、日曜は 11:00-21:00
祝日は11:00-20:00
定休日:不定休(日曜休業がよくあり)
価格帯:1000円(ディナーは1000円)
個室:無し

重亭

肉汁があふれ出すジューシーハンバーグ

食通で知られる作家の池波正太郎が、足しげく通った洋食店。昭和21年創業以来、初代店主が創り上げた味を代々受け継ぐ、家庭的な雰囲気が魅力の町の洋食屋さんだ。イチオシのメニューは「ハンバーグステーキ」。こだわるのは、牛ミンチと丁寧にすじを取った豚ブロックに食パンなどを加えた自家製あいびきミンチだ。自家製ケチャップと創業当時から継ぎ足して使っている特製デミグラスソースを絡めた、照り焼き醤油風味のソースがご飯によく合う。ナイフを入れると肉汁がジュワーっとあふれ出し、ビジュアルだけでも食欲がそそられる。

そのほか、「ポークチャップ」「牛ヒレ肉のステーキ」など、洋食店らしいメニューが並ぶ。「オムライス」は、牛肉と玉ねぎがたっぷり入ったビーフライスなのが特徴だ。落ち着いた内装はレトロ感にあふれ、昔ながらの洋食屋さんという風情。ゆったりとした気分で、昭和の味わいを楽しもう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波3-1-30

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅出入口20から徒歩3分
営業時間: 11:30-15:00、17:00-20:30
定休日:火曜(祝日の場合は翌日)
価格帯:1000-2000円(ディナーは1000-2000円)
個室:無し

天ぷら 大吉

贅沢な揚げたて天ぷらをリーズナブルに

堺の魚市場で大人気の天ぷら店の支店。店内にはスタッフの威勢の良い声が飛び交い、市場にあるお店さながらの活気のある店内だ。注文は席で自ら伝票に書き込んで渡すスタイル。野菜は110円、魚介類は160円からのリーズナブルな単品を、お好みで注文できる。注文を受けてから天ぷらが目の前で揚げられ、まさに天ぷら専門店の醍醐味だろう。

平日はお得なランチセットも用意されている。例えば「ボリュームセット」は、大エビ、穴子一本、キス、ちくわと本日のおすすめの5点盛り。それに、名物のあさりの味噌汁が付いてくる。サックリと揚げられた立派な有頭エビの天ぷら、肉厚で長―いアナゴに、アサリの旨みたっぷりの味噌汁がベストマッチだ。「天丼セット」は、エビ天2尾がふわふわの卵でとじられた優しい味わい。そのほか、「レディースセット」などがランチタイムで食べられる。


店舗情報

住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-10-25 なんばCITY なんばこめじるし1F

アクセス: 南海本線難波駅から徒歩3分、地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩7分
営業時間: 火曜-金曜は11:30-14:30、17:00-22:30
土曜、日曜、祝日は11:00-22:30
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
価格帯:1000-2000円(ディナーは2000-3000円)
個室:無し

千とせ

難波らしい誕生秘話を持つ名物「肉吸い」

難波千日前に店を構えて50年の老舗うどん店。もともと肉うどんがおいしい店として知られていたが、吉本の芸人がうどん抜きをオーダーしたことから、ユニークな名物メニュー「肉吸い」が誕生した。「肉吸い」はうどんの代りに半熟卵を加えたもの。カツオとウルメをブレンドした出汁の中に、少し甘めに味付けされた牛肉がたっぷり入り、半熟卵と刻んだ青ネギがのる。好みで豆腐を入れるとさらにおいしさがアップする。

「肉吸い」にあわせるのは、同店で通称「小玉」と呼ばれる卵かけご飯。厳選した醤油に出汁を加えたオリジナルの専用醤油をかけて食べる。うどん店ながら、多くの客がこの組み合わせをオーダーすることからも、人気ぶりがうかがえる。平日、休日ともにランチタイムには、難波の老舗の味を求めて行列ができる。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前8-1

アクセス: 南海本線難波駅から徒歩3分、地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分
営業時間: 10:30-14:30
定休日:火曜
価格帯:1000円
個室:無し

味乃家

ミシュラン認定のふわふわお好み焼き

大阪の“粉もん”を代表する老舗のお好み焼き屋さん。1965年創業で、親子4代にわたってその味を守り、2016年にはミシュランにビブグルマンとして紹介された。お好み焼きの特徴は、適度な甘みと水分を含んだ国産キャベツをたっぷり使い、ふわふわに焼き上げた食感だ。メニューは、お好み焼きや焼きそば、ネギ焼きなどと豊富だが、一番人気は店の名を冠した「味乃家ミックス焼き」。イカ、エビ、タコ、豚肉、ミンチ、卵2個が入る具だくさんの豪華版だ。それぞれの具の旨みとふわふわの生地、そして特製ソースの味わいが絶妙にミックスして舌を喜ばせてくれる。

12時~15時の平日のランチタイムは、ご飯、みそ汁、漬物の定食を無料でサービス。お好み焼きをおかずにご飯を食べる、大阪ならではの習慣だ。テーブルごとに鉄板があり、そこで店員が焼いてくれるので、上手に焼けるか心配することもない。焼き上げられる様子を見るのも、食欲をそそるお楽しみだ。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波1-7-16

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅14番出口から徒歩3分
営業時間: 火曜-金曜は12:00-22:45
土曜、日曜、祝日は11:30-22:45
定休日:月曜
価格帯:1000-2000円(ディナーは2000-3000円)
個室:無し

大阪難波 自由軒

100年愛され続ける名物カレー

明治43年、大阪初の西洋料理店として難波で創業。看板メニューとして有名な「名物カレー」は、作家・織田作之助の名作『夫婦善哉』にも登場する。創業当時に考案され、100年近く愛されてきたカレーは、ご飯とカレーを混ぜ合わせ、その上に卵をのせた独特のスタイル。今では、当たり前になった生卵のトッピングも、同店が発祥というから驚きだ。

生卵は崩して、カレーと混ぜ合わせて食べるのが流儀。生卵とミックスすることで、スパイシーなカレーがマイルドに食べられる。「名物カレー」と人気を分けるのが、ケチャップ味が懐かしい「ハイシライス」。ランチタイムにはエビフライやハンバーグ、からあげなど洋食店らしい料理が盛り合された「Aセット」なども登場する。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波3-1-34

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅11番出口から徒歩3分、南海本線なんば駅から徒歩5分
営業時間: 11:30-21:00
定休日:月曜
価格帯:1000円(ディナーは1000円)
個室:無し

一芳亭

グルメな作家も絶賛の黄色い焼売

いつもの焼売と違って、「一芳亭」のそれは、柔らかな黄色い皮。じつは、手焼きの薄焼き卵で皮をつくっている。昭和8年に難波で創業した同店では、戦後、小麦粉が手に入らなかったことから薄焼き卵で代用。現在もその製法で焼売を製造している。中の具は豚ミンチ、エビ、玉ねぎのみじん切りを片栗粉でつないだもの。甘みを出すために、淡路島産の玉ねぎを使うのがこだわりだ。玉ねぎの甘みと豚肉とエビの旨みが、ふわふわの柔らかい歯ごたえで口の中に広がる。

ランチで食べるならば、鶏ガラスープとライス、たくあんが付く「しゅうまい定食」がおすすめだ。また、「春巻定食」や「酢豚定食」などの中華メニューにも焼売が付いてくる。ライスは値段に関わらず、大、小を選ぶことができる。食通で知られる作家の池波正太郎も著書の中で絶賛したという「しゅうまい」を、ぜひ味わってみよう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-6-22

アクセス:南海本線難波駅から徒歩1分、地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分
営業時間: 11:30-20:00
定休日:月曜、祝日
価格帯:1000円(ディナーは1000円)
個室:無し

クレープリー・アルション

本場フランスの味わいをランチで

黄色い外壁とレンガがひときわ目立つ洋館の入り口を開けると、いっぱいに広がるバターの香り…。「クレープリー・アルション」は、フランス・ブルターニュ地方で生まれたクレープやガレットの、本物の味を追求する専門店。本場のクレープが生地のおいしさを大切にすることから、フランス産の小麦を使用。小麦の味わいが香ばしいモチモチっとした生地は、ソースやフルーツにもよく合う逸品だ。そのほかにもエシレバターやゲランドの塩、キタワセ蕎麦粉など厳選の食材を使っている。

平日の11時30分から15時、土曜、日曜、祝日の11時から17時がランチタイムで、単品のほか、ランチメニューをオーダーできる。「アフションランチ」はお手軽なガレットランチで、本日のガレットか本日のメイン料理のどちらかを選び、スープかドリンクが付いてくる。「クレープリーランチ」ならばガレットとクレープの両方が楽しめる。行列必至の人気店なので、予約をしてから出かけよう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区難波1-4-18

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅なんばウォークB-16出口から徒歩1分
営業時間: 月曜-金曜は11:30-21:30
土曜は11:00-21:30
日曜、祝日は11:00-21:00
定休日:不定休
価格帯:1000-2000円(ディナーは2000-3000円)
個室:無し

道頓堀 今井

モチモチ大阪うどんを極上の出汁で味わい尽くす

モチモチした食感と程よい柔らかさが身上の“大阪うどん”を代表する、昭和21年創業の老舗のうどん店。絶品と評判の出汁は、北海道産天然昆布と九州産さば節とうるめ節を使用。「出汁は鮮度が命」がモットーで作り置きせず、コクと旨みを活かした上品な薄味に仕上げている。

うどんをはじめ、そば、丼ものとメニューが豊富だが、これぞ“大阪うどん”!というメニューは「きつねうどん」だろう。じっくりと味付けされたぶ厚いきつね揚げともっちりとしたうどんが、深い味わいの出汁によく合う。ご飯物が食べたければ、おすすめは「親子丼」だ。出汁の旨みが鶏肉と卵のおいしさを引き立て、長年のファンも多い。両方楽しみたい人は「親子丼と小きつねセット」を注文しよう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-22

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩7分
営業時間: 11:00-22:00
定休日:水曜
価格帯:1000-2000円(ディナーは1000-2000円)
個室:有り

福太郎

休日ランチはネギ焼き?それともお好み焼き?

難波でネギ焼きといえば、多くの大阪人が口をそろえる店が「福太郎」。自家製醤油ダレで食べるネギ焼きは、青ネギがたっぷり入って生地とのバランスが絶妙だ。平日は夕方からのオープンだが、土曜、日曜、祝日は昼から営業しているので、休日のランチにおすすめしたい。ネギ焼きは定番の「すじねぎ焼き」に加え、「もちとチーズのネギ焼き」「納豆ネギ焼き」など11種類そろっている。

お好み焼きも人気では負けていない。ふんわりとろとろの生地が特徴で、一番人気は「豚玉」だ。お好み焼きもメニューが13種類と充実している。具材にこだわるのも「福太郎」流で、神戸牛のすじ肉や鹿児島産の豚肉を使用。また、生タコ、生ホタテ、生カキなどは、大阪中央市場で直接仕入れている。店内は長いカウンターに鉄板が据えられ、ベテランの焼き手が手際よく焼き上げる様子が見られるので、待ち時間からおいしさへの期待が膨らむ。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区千日前2-3-17

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分
営業時間: 月曜-金曜は17:00-24:30
土曜、日曜、祝日は12:00-24:00
定休日:年中無休
価格帯:1000-2000円(ディナーは1000-2000円)
個室:無し

シンズキッチン

本格派のビリヤニでインドの新しいおいしさを発見

本格的なインド料理をランチで楽しむならば、「シンズキッチン」へ。南インド系のスパイシーなインド家庭料理を提供している。ランチは「バターチキンカレー」や「エビカレー」などの単品カレーのほか、タンドリーチキンなどがセットになった「チキンカバブセット」などもある。

土曜、日曜は、インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」を食べることができる。インド・ハイデラバードのホテルシェフが作るオリジナルレシピだ。スパイス感たっぷりの炊き込みご飯で、添えられた粘度の高いカレーソースの「カレーグレービー」をかけると、深い旨みとともに味わいが一層複雑になる。オープンから17時まで提供。インドではお祝いなど特別な時に食べられる「ビリヤニ」を、ぜひ味わってみよう。

店舗情報

住所:大阪府大阪市中央区日本橋 1-21-20 丸富パールビル1F

アクセス地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩12分、地下鉄千日前線日本橋駅から徒歩5分
営業時間: 月曜、火曜、木曜、金曜は11:00-23:00
土曜、日曜、祝日は10:00-23:00
定休日:水曜
価格帯:1000-2000円(ディナーは1000-2000円)
個室:無し

最新情報をチェックしよう!