おいしい食の未来を体験できる野外フードコート「Beeat!!八重洲」が、東京駅八重洲口正面にオープン!

Beeat!!八重洲実行委員会が、持続可能な食の未来を描く新エリア「Beeat!!八重洲」を10月8日(金)より期間限定で東京駅八重洲口正面にグランドオープンする。

おいしい食の未来を考える野外フードコート

「Beeat!!八重洲」は、東京駅八重洲中央口正面の場所を活用した「おいしい食の未来」を体験・楽しめる場だ。キッチンカー、テーブルや椅子、ベンチ、タープなどを設置したオープンスペースで、食べ物や飲み物などを販売する。

「食の未来につながるものがたりの発信」というコンセプトに共感した食品関連企業・団体や生産業、地域の飲食店、料理人、大学、行政機関、未来を見据える各企業などが出店する。

フードロスなど「食」にまつわる課題を「テクノロジー」で解決する様々な取り組みなども体験できる。

未来を先取りした新しい食の場を実現

新食材を使ったおいしくてヘルシーなテイクアウト、規格外の野菜や植物工場生産の野菜、環境に配慮した容器の採用、「未来の食」をテーマにしたイベントなどの実施を予定。「食」に関する大学生からの提言やアートによる表現も発信する。

八重洲のビジネスパーソンや東京駅を訪れる人たちが健康的で環境にも優しい食事を楽しめ、さらに社会課題を考えるきっかけとなり、おいしく、楽しいという未来を先取りした新しい食の場を実現する。

アートを通した発信や「未来の食」に関するイベントなど、「八重洲」という江戸時代から「多様な人やもの、情報が交差し、新しい文化や産業を生み出してきた場所」で「食の未来につながるものがたり」を創造していく。

出店店舗(一部)

「食の未来につながるものがたりの発信」というコンセプトに共感したさまざまな企業や団体が協力・出店。未来につながる食の最先端を体験できる食事を提供するキッチンカーなど、バラエティ豊かな店舗やサービスが出店する予定だ。

大豆を主原料とした「ダイズライス」が楽しめる「フジッコ」

フジッコからは、新しいお豆生活を提案する食品ブランド「Beanus(ビーナス)」の大豆を主原料としたお米状の食品「ダイズライス」を使ったメニューを提供する。

ダイズライスは、お米のような見た目はもちろん、歯ごたえや食感が楽しめるだけでなく、お米よりも高タンパク質かつ低糖質な商品となる。

今回は「麻布十番薬膳カレー新海」とコラボレーションし、20種類以上のスパイスとハーブを使用した「スリランカ風薬膳スープカレー」とダイズライスを楽しめる。

ビジネスパーソン向けのランチにも、週末のお出かけご飯にも嬉しいメニューを販売する。なお、フジッコの出店は、オープンから1か月間を予定している。

麻生十番薬膳カレー新海オフィシャルサイト:https://azabucurry.com/
フジッコ「Beanus(ビーナス)」ブランドサイト:https://www.bean-us.jp/

野菜摂取レベルを測定できるベジチェックを会場に設置する「カゴメ」

日本の野菜不足の解消をめざし、2020年1月より「野菜をとろうキャンペーン」を開始しているカゴメは、その一環として、センサーに手のひらを当てるだけで野菜摂取レベルを測定できる「ベジチェック」をBeeat!!八重洲内に設置する。

なお、ベジチェックは医療機器ではなく、表示値はあくまでも目安となる。

オフィシャルサイト:https://www.kagome.co.jp/statement/health/yasaiwotorou/

規格外野菜や100%植物工場育ちの「京橋レタス」を楽しめる「アマン東京」

アマン東京は、規格外野菜や植物工場野菜に添えるバーニャカウダソースを提供する。

100%植物工場で育った「京橋レタス」は、八重洲から自転車で3分の場所で収穫ができ、鮮度抜群・究極の地産地消のレタスだ。一般的なレタスより栄養価が高いことも特徴となっている。

アマン東京オフィシャルサイト:https://www.aman.com/ja-jp/hotels/aman-tokyo
京橋レタス プランテックス:https://www.plantx.co.jp/
規格外野菜 大治:https://www.daiharu.co.jp/

老舗「泰興楼」の本格中華が楽しめる「泰興楼」

1949年創業の泰興楼は、毎日、健康的に食べられる中華を目指して、原材料から調味料まで老舗のこだわりが詰まった料理を提供している。

Beeat!!八重洲では、植物肉で作った炸醤麺をはじめ、モチモチで餡がぎっしり水餃子などヘルシーな中華おつまみを提供する。

泰興楼 オフィシャルサイト:https://www.taikourou.com/

その他、“食”をテーマとしたショートフィルムの上映など、楽しいコンテンツが続々登場する。

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」の関連会社であるビジュアルボイスが運営する「Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE」と連携。

Beeat!!八重洲開催期間内に、食をテーマとしたショートフィルムの上映とそのショートフィルムの中に登場する料理やスイーツを再現したメニューの提供する。

Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE:https://sst-online.jp/

パートナー一覧(五十音順)

アマン東京
NTTビジネスソリューションズ・ウエルクリエイト
エフピコ
LBB
大林組
オカムラ
オムロン ヘルスケア
カゴメ
近畿大学水産研究所
GOOD COFFEE FARMS
グリーンカルチャー
ケーピープラテック
コールマンジャパン
コクヨ
コトブキ
T Office、Social Innovation Japan
泰興楼
大成建設
大日本印刷
大治
THA
東京大学 One Earth Guardians育成プログラム
東京建物
東邦レオ
TOTO
日本盛
日本農業
原田産業
ビジュアルボイス
フジッコ
プランテックス
ベジタリアンブッチャージャパン
みずかぜ
宮城大学 食産業学群 石川研究室、メイスイ
※パートナーの紹介「Beeat!!八重洲」ウェブサイト内にも掲載。

Beeat!!八重洲概要

名称:Beeat!!八重洲(ビートやえす)
開催時期:2021年10月8日(金)~2022年3月末(予定)
場所:東京都中央区八重洲1-9-9東京駅八重洲中央口正面
営業時間:11:00~21:00(期間中無休)※変動する可能性あり
ウェブサイト:http://beeatyaesu.com