【博多口・筑紫口別】博多の人気おすすめうどん店10選

博多の特徴とうどん屋を探す際のポイント

福岡は豚骨などのラーメンの印象が強いかもしれないが、特に博多はうどんが大陸から伝来した地とも言われている。地域では「博多うどん」として親しまれており、つゆは透き通っており麺は柔らかくモチモチしているのが特徴だ。

つゆの見た目に反して味は濃厚で、ごぼうの天ぷら(通称:ごぼ天)のような特徴的な具も博多うどんのトレードマークになっている。トッピング無しでシンプルに柔らかい麺を楽しむのも格別だが、せっかく博多うどんを食べるのならごぼ天など味わってみるのをおすすめする。

人気のうどん店が集まっているのは博多駅前だ。博多口にはバスターミナルもあり、乗り換えの際にサッと食べられるようなリーズナブルなお店もある。

反対の筑紫口には「博多めん街道」というラーメン店を中心とした通りがある。もちろん名物の博多うどん店も出店している。迷ったらとりあえず一度ここを訪れてみるのも良いだろう。

博多うどんは他の麺料理にも負けない、おいしい博多名物だ。この記事を参考にして、是非ともモッチリした麺を体感してほしい。

【博多口・筑紫口別】博多の人気おすすめうどん店10選

①博多駅博多口の人気おすすめうどん店6選

②博多駅筑紫口の人気おすすめうどん店4選

博多駅博多口の人気おすすめうどん店6選

博多口① うどん平

コシすくなめの名物ごぼ天うどん



「食べログ うどん百名店2018&2017」に選出されている名店。ごぼうの天ぷらが乗った「ごぼ店うどん」(430円)が名物の店だ。月曜から土曜まで、営業時間は昼間のみ。座席はカウンター席と相席ありのテーブル席。ピーク時には長蛇の列ができる。厨房ではテキパキと店員がうどんを作り、盛り、客の回転も速い。すべての基本となるかけが300円、釜揚げとざるうどんはどちらも450円。ワンコイン前後で満足できるリーズナブルな店だ。

いわゆる博多うどん。麺のコシは讃岐うどんと比べたら柔らかい方だ。コシのないうどんならではののど越しを味わえる。汁は薄黄色で透き通っている。味は少し濃い目。天ぷらともよく合う味だ。ここのエビ天は中くらいのエビが衣にビッシリと埋まったタイプ。「売切必死の幻のえび!」という文句の通り、売り切れることが多い。


店舗情報

住所: 福岡県福岡市博多区博多駅前3-17-10

アクセス: 博多駅博多口から徒歩6分
営業時間:
月曜-金曜は11:30-16:00
土曜日は11:30-15:00
定休日:日曜、祝日
価格帯:-1000円
個室:無し

博多口② 大地のうどん 博多駅ちかてん

ボリュームたっぷりのごぼ天うどんなどが人気



博多駅ちかてんの博多うまかもん通りにある「大地のうどん」。数々の飲食店が立ち並ぶ中でもうどんといえばココだと人気がある。店の外には筆で描かれたようなあたたかみのあるイラストのメニューが並んでいる。座席はカウンター少なめ、テーブルが多め。水はセルフサービスで食券式。平日の昼間は近隣で働くサラリーマンやOLで賑わっている。

平日限定の大地セット630円がボリュームたっぷりでお得だ。博多うどんらしく噛まなくても飲みこめるほどの柔らかさでコシがない。あっさりスープに具材のコクが次第に染み込んでいく。盛られているのはごぼ天と牛肉、わかめ。ごぼ天は衣が少なめであっさりとしているがけっこうな量。いなりずしが2個つく。満腹間違いなし。野菜天ぶっかけやかき揚げぶっかけも具材がたっぷりで人気。


店舗情報

住所: 福岡県福岡市博多区博多駅前2-1-1 福岡朝日ビル B2F

アクセス:博多駅博多口から徒歩3分
営業時間: 11:00-16:00、17:00-21:00
定休日:年中無休
価格帯:-1000円
個室:無し

博多口③ 二◯加屋長介

屋台風のうどん屋兼居酒屋



博多駅の三百歩横丁にあるうどん屋「二◯加屋長介(にわかやちょうすけ)」。三百歩横丁はフロア一面が飲食店になっていてその中の一つがこの店。店ごとに仕切りがなく、この店もまるで屋台のような内装になっている。木を基調としたインテリア、提灯がぶら下がっていたりなど。特に夕方以降は居酒屋として使えるのもいい。

すだちがけ(600円)はかけにすだちをスライスしてトッピングしたメニューだ。あっさりとした味が人気。かけが450円、ゴボ天が600円でうどんはミドルクラスの価格帯。つまみやご飯ものもいろいろある。肉料理は牛すじ煮込みや牛タンテキ。魚料理はカレイの煮付け、めひかり唐揚げなど種類が豊富。その日ごとにおすすめの日本酒がメニューに出るので通うのが楽しみになる店だ。


店舗情報

住所: 福岡県福岡市博多区中央街8-1 JRJP博多ビル B1F

アクセス:博多駅博多口から徒歩3分
営業時間:
月曜-金曜は11:00-14:30、16:00~24:00
土曜、日曜、祝日は11:00-24:00
定休日:年中無休
価格帯:-1000円
個室:無し

博多口④ 牧のうどん

旅のお供の博多うどん



博多バスターミナルの地下1階にある釜揚げうどんの店。店頭の食券機で券を買って自由に席に座るシステム。座席は調理場前のカウンターと目隠し付きのテーブル。バス待ち以外の人も訪れる人気店。開店前には行列がでてきいることもある。かけが380円で丸天、もやし、きつねなどのうどん・そばが480円。比較的リーズナブルに満足できる価格帯の店だ。

食券を持って着席すると店員が注文を取りにくる。うどんとそばを選べて、麺の固さも「やわ・中・かた」の三つから選べる。博多うどんだからなのか、普通の固さを頼んでもけっこう柔らかめだ。テーブルに置いてある刻みネギは盛り放題。半分くらい食べた頃に追い出汁を追加することで、アツアツのまま食べることができる。やわらかい麺と魚系の出汁のバランスが良い。


店舗情報

住所: 福岡県福岡市博多区博多駅中央街2-1 博多バスターミナル B1F

アクセス:博多駅博多口から徒歩2分
営業時間:10:00-23:00
定休日: 不定休(博多バスターミナルに準ずる)
価格帯:-1000円
個室:無し

博多口⑤ うどん屋 米ちゃん

チキン南蛮が名物のうどん屋



暖簾と木製の縦看板が目印の店。名物はチキン南蛮。内装はシックで渋い印象の雰囲気。カウンターの上には手書きでメニューが書き連ねてある。座席はカウンターとテーブル。うどんとセットで注文できるチキン南蛮はオーダーを受けてから揚げるのでアツアツで提供される。程よい揚げ加減と甘しょっぱいタルタルソース。衣はサクサクで中はジューシー。

釜玉うどんが350円ともっとも安く、ぶっかけうどんは500円ほどとリーズナブル。チキン南蛮とうどんせっとはごはんと漬物もつく。チキンが3個で580円。最大チキン8個のセットがある。営業は昼のみ。ピーク時だと行列ができるほど。やはり名物のチキン南蛮が目当てか。コスパが良いので普段の昼休みの食事としてちょうどいい。


店舗情報

住所: 福岡県福岡市博多区博多駅前3-9-5 1F

アクセス:博多駅博多口から徒歩10分
営業時間:
月曜-金曜は11:30-15:30
土曜は11:30-14:30
定休日:日曜、祝日
価格帯:-1000円
個室:無し

博多⑥ 春月庵

替え玉無料の中世博多うどん



祇園駅から徒歩2分のうんどとそばの店「春月庵 承天寺前店」。まるで蔵のような見た目の店の外観。店頭の木彫りの看板が渋い。店内も和風の内装で、天井が高いので広々とした空間になっている。この店、なんと替え玉が無料でいくらでもできる。うんどでもそばでも2玉でも3玉でも値段は同じ。コストパフォーマンスが最高と言われる所以だ。ただし11時から14時までは一人3玉まで。

博多はうどんとそば、そして饅頭の発祥の地と言われている。「春月庵」では伝統の製法で作った中世博多うどんを提供している。小麦胚芽と食物繊維が入っていて茶色っぽいうどんの麺。出来上がったうどんは麺がほどよく柔らかく、少し甘めであっさりとした出汁が特徴。替え玉無料はやはり嬉しい。コスパ最高のうどんとそば。


店舗情報

住所: 福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-1

アクセス:博多駅博多口から徒歩10分、地下鉄空港線祇園駅4番出口から徒歩2分
営業時間:
月曜-金曜は11:00-16:00
土曜は11:00-15:30
定休日:日曜、祝日
価格帯:-1000円
個室:無し




次ページでは博多駅筑紫口の人気おすすめうどん店をご紹介!

最新情報をチェックしよう!