ワンハンドフードや特別メニューが勢揃い!GWに「GINZA SIX」で楽しめるグルメ

銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」が、GINZA SIX GOLDEN WEEK「アート・音楽・グルメで楽しむ銀ぶら」を提案する。

GINZA SIXを拠点に「銀ぶら」を楽しむ

GINZA SIXでは、ゴールデンウィークのお出かけを久しぶりに思いきり楽しんでほしいという想いから、グルメ、アート、自然を感じながら楽しむ音楽イベントなど様々なコンテンツを取り揃える。

「グルメ」には、屋外や銀ぶらをしながら楽しみたいワンハンドフードやテイクアウトのドリンク、買って帰りたくなる手土産、冷たいデザート、ゴールデンウィークに足を運びたくなる特別グルメ・メニューなどを取り揃える。

5月2日(月)、6日(金)を休みにすれば最大10連休も可能なゴールデンウィークを楽しんで!

屋外や銀ぶらをしながら楽しみたいテイクアウトグルメ(価格税込)

みかんビール(10FACTORY)/ 680円

愛媛県産温州みかんのジュースと生ビールをブレンドしたビアカクテル。甘味と酸味のバランスの良い温州みかんがビールの苦味とマッチした爽やかなのどごしを楽しめる。

OMUSUBI Cake トリプルベリー味(T's GALLERY)/ 450円 ※GINZA SIX限定

見た目はおむすび?中身はケーキ!?な日本初、おむすびをケーキにしたスイーツ。ワンハンドで食べられる。

トリプルベリー味はGINZA SIX限定で、ブルーベリークリームの中にあるラズベリーの果肉がアクセントになっている。1日50個限定(予定)。

アップルティー(TOKYO MACAPRESSO)/ 550円 ※GINZA SIX限定

手作りりんご砂糖漬けとアールグレイティーを合わせた優しい味のフルーツティーだ。甘すぎず、すっきりした味わいが口いっぱい広がる。

細かくきざんだりんごが入っていて、シャキッとした食感を楽しめる春にぴったりの飲み物だ。ゴールデンウィーク期間限定商品。

気温が上がるこの季節に食べたい冷たいデザート(価格税込)

かきごおらん クラウンメロン(T's GALLERY)/ 1,250円(予定)

水でできた氷を一切使わず、フルーツを丸ごと削ってケースに入れた美しいスイーツ。特にこのメロンのかき氷には最高級のクラウンメロンをふんだんに使用した、贅沢な一品だ。1日10個限定。

野菜の水羊羹4個セット(麻布野菜菓子)/ 1,461円

素材本来の風味を大切に、フレッシュな味わいと甘さを控えたさっぱりとした後味の水羊羹。「トマト」「紫芋」「かぼちゃ」「イチジク」の4種を詰め合わせている。

ミルフィーユ(ISHIYA G)/ 3,240円

ISHIYAオンラインのみで販売している冷凍ケーキをGINZA SIX店で期間限定販売する。

“ケーキのおいしさをアイスのような食感でも楽しんでほしい”という想いを込めて、北海道弁で「凍りつく」という意味の「しばれる」と、フランス語で「どうぞ」という意味の「plait(プレ)」をかけて名付けられた冷凍ケーキ「シバレ・プレ」シリーズ。

このミルフィーユに使用しているチョコクリームは北海道産生クリームを配合し、白い恋人のホワイトチョコレートを使用したオリジナルだ。

大切な人や、自分用にも買って帰りたくなる手土産(価格税込)

フェットドメール(パティスリー パブロフ)/ 2,000円

はちみつ、生クリームを練り込んだしっとりとした生地と、ドライ苺、苺ペーストを練り込んだ生地を2層にして焼き上げたパウンドケーキ。ルビーチョコレートでカーネーションを表現している。

「フェットドメール」はフランス語で母の日。母の日のギフトとしてもおすすめだ。

いちごりんごケーキ(SunnyHills ginza)/ 2,400円

青森県産紅玉りんごを使ったりんごケーキに、フランスの老舗ショコラブランド「ヴァローナ」のストロベリーチョコレートをたっぷりかけたいちごりんごケーキ。

りんごの爽やかな香りと繊細な酸味に苺の濃厚な甘さが加わり、奥行きのある味わいを楽しめる。

カヌレギフトBOX(Viennoiserie JEAN FRANCOIS)/ 1,296円 ※GINZA SIX限定

しっとりむっちり食感のカヌレに、お酒に合うようなちょっと贅沢で大人な食事系フレーバーが入った甘いカヌレとはまた違う新感覚のカヌレ。

香り高いトリュフ風味の「トリュフ」、香ばしいベーコンにチーズのコクが深い味わいの「燻しベーコンチーズ」、旨みが凝縮されたあめ色玉葱にブラックペッパーがアクセントの「オニオンペッパー」、甘酸っぱい苺チョコレートを合わせた「苺チョコ」の4種を詰め合わせている。

ゴールデンウィークにわざわざ足を運びたくなる特別グルメ・メニュー(価格税込)

薫風(日本橋 鰻 伊勢定 ~蓮~)13F / 13,750円(税込、サービス料別) ※GINZA SIX限定

新緑の軽やかな風情をGWの特別会席に仕立てたメニュー。

前菜には利尻昆布のきいた豆腐に鯛わたの黄身餡・青利烏賊とオクラの和え物を盛り、お造りには天然の鯛、焼き物には鰻白焼きを夏野菜と共に提供。食事は鰻の半尾のどんぶり、食後には旬の水菓子を用意する。

KAPO 鶏のクリスピー姿揚げ(家寳 跳龍門)13F / 1羽10,890円、半羽5,445円(税・サービス料込) ※GINZA SIX限定

鶏を吊るして、幾度となく丹念に油をかけ続けることで身は柔らかく、肉汁からは芳香な鶏そのものの香りが楽しめる皮のパリッとした姿揚げに仕上がった袁家寳の至極の一品。1日10羽限定。

カツサンド(Signifiant Signifie + plus)/ 1,080円 ※GINZA SIX限定

Signifiant Signifie + plus×とんかつの老舗 銀座梅林のコラボレーション商品。銀座梅林のヒレカツに合うように、特別に吟味したシニフィアン シニフィエの食パンでつくる究極のカツサンドを数量限定で用意する。

ゴールデンウィークにGINZA SIXで楽しめる「アート」

2021年4月より、施設中央に位置する吹き抜け空間に展示されている彫刻家・名和晃平氏によるインスタレーション「Metamorphosis Garden (変容の庭)」の展示期間を当初の2022年4月下旬予定から2022年10月(予定)まで延長する。

作品名:Metamorphosis Garden(変容の庭)
アーティスト名:名和晃平
展示場所:GINZA SIX 2F 中央吹き抜け
展示期間:2022年10月(予定)まで

GINZA SIXの5周年を彩ってきたミレニアル世代のアーティスト・写真家小林健太氏の新作アート「Reflex」は、5月8日(日)まで展開。

B1Fランウェイの上に位置する「Reflex Colors」は、約40メートルにも及ぶスケール感あふれる作品だ。

作品名:Reflex
アーティスト名:小林健太
展示場所:1Fエントランス、B1Fランウェイ
展示期間:2022年5月8日(日)まで

その他、「hueLe Museum art Labo[4F]× CAT BUNNY CLUBコラボレーションプロジェクト」「Artglorieux GALLERY OF TOKYO[5F]/SIGNS OF A NEW CULTURE Vol.5」「銀座 蔦屋書店(GINZA ATRIUM)[6F]/名和晃平「Fountain」」「銀座 蔦屋書店(アートウォールギャラリー)[6F]/七星夢海個展」を展開する。

ゴールデンウィークにGINZA SIXで楽しめる「音楽」

「ROOFTOP SOUNDS~音を感じる庭園~presented by GINZA SIX」では、春から初夏にかけての爽やかな時期の一日を心地よい音楽で彩る。朝から夜までGINZA SIXで音楽を楽しめる。

日時:2022年4月20日(水)~2022年5月5日(木・祝)まで
場所:GINZA SIXガーデン(屋上庭園) 水盤、芝生エリア

「GINZA SIX」概要

所在地:東京都中央区銀座6丁目10-1
電話:03-6891-3390(GINZA SIX総合インフォメーション 受付時間10:30~20:30)
営業時間:ショップ・カフェ(B2F~5F)10:30~20:30、レストラン(6F、13F)11:00~23:00※一部の店舗、レストランは営業時間が異なる。
休館日:不定休 ※営業日時は変更になる場合あり。
公式サイト:https://ginza6.tokyo/