老舗アイス屋からスピンアウトしたアイスクリームブランド「SCREAM ICE CREAM」、大人向けのフレーバーを販売!

福岡を拠点とする創業72年の老舗アイスクリーム屋「古蓮」からスピンアウトした新たなD2Cアイスクリームブランド「SCREAM ICE CREAM(スクリーム アイスクリーム)」が、7月14日(水)に始動した。ECサイトにて販売する。

ひんやりとろける幸福な味わい

「SCREAM ICE CREAM」は、老舗アイスクリーム屋「古蓮」からスピンアウトした挑戦的で創造的な新アイスブランドだ。アートクラフト(工芸品)のように、厳選食材の職人やレシピ開発の職人たちとタッグを組み、大人向けのフレーバーを展開する。

商品ラインナップは「ビーツ&ラズベリー」「抹茶&レモン」「キャロット&ビネガー」の3種類。季節ごとに旬の食材を使った限定フレーバーを展開する。

アイスクリームは、ソフトクリームマシーンを使用して作っている。素材を一度ペースト状にしてミルクと合わせ、ソフトクリームマシンで抽出。鼻に抜ける香りとしっとりとした素材の風味を最大限に楽しむことができる。

ブランド名の「SCREAM」は、日本語で「叫ぶ」という意味。「SCREAM ICE CREAM」には、大切なものや人へもっともっと愛を叫んで伝えていこうというメッセージが込められている。

商品ラインナップ

ビーツ&ラズベリー

「ビーツ&ラズベリー」は、スクリームアイスクリームのブランドカラーを象徴する鮮やかなピンクのアイスだ。「食べる輸血」とも呼ばれるほど身体にいい野菜であるビーツがたっぷり溶け込み、ビーツの甘みや土っぽさとラズベリーの酸味が絡み合っている。

ビーツは、福岡県八女の農家で大切に作られたもの。夏は土づくりに集中し、自然の肥料で土壌づくり。ゆっくりと長い時間をかけて作られたまるまると大きく真っ赤なビーツを使用している。

抹茶&レモン

「抹茶&レモン」は、古蓮のシグネチャーアイス「無添加抹茶アイス」へのオマージュを込めて誕生した。とろける抹茶に、レモンを皮ごとキャラメリゼしたペーストをミックスしている。

抹茶の苦味とレモンの皮の苦味が重なり合って、ミルクベースのアイスの優しさが包み込む。レモンは瀬戸内に浮かぶレモンの島、久比・三角島で作られる皮まで食べられるこだわりのレモンを使用している。

キャロット&ビネガー

「キャロット&ビネガー」は、人参をふんだんに使ったフランス料理であるキャロットラペをアイスで再現。甘いキャロットペーストに、白ワインビネガーのアクセントを足した大人のご褒美アイスだ。

人参を皮ごと鍋に入れ、砂糖とキャラメリゼしてペースト状にすると甘みが引き立つシロップに。人参は福岡県大刀洗町の平田睦人・美穂農園で生まれたものを使用している。

・販売時のセットと価格
6個セット:3000円(税込)+送料
9個セット:4500円(税込)+送料

まずは3種類の販売からスタート。季節毎に、旬の素材を使ったアイスクリームを順次開発&ラインナップに追加する予定だ。素敵な食材、素敵な生産者に出会ったタイミングで順次追加する。

SCREAM ICE CREAMのルーツ

SCREAM ICE CREAMのルーツは、代表古田のおばあちゃんが創業したアイスクリーム屋「古蓮」だ。「古蓮」は、戦後まもない頃「甘いもので人々に癒しとゆとりを届けたい」という古田のおばあちゃんの愛によって創業されたお店で、今年で創業72年を迎えている。

SCREAM ICE CREAMでは、おばあちゃんから受け継いだ伝統を大事にしつつ、現代にチューニングしたアイスクリームを考案した。

団体概要

団体名:SCREAM ICE CREAM
公式サイト:https://www.scream-icecream.com/
代表者:古田森也
生産工場:福岡県久留米市西町1173-1
問い合わせ先:office@scream-icecream.com