【西口・東口別】北千住の人気おすすめ焼き鳥10選【価格・個室情報】

六本木の特徴と焼き鳥屋を探す際のポイント

「穴場だと思う街ランキング」で第1位を複数年獲得している北千住。東京北東部に位置する東京都足立区にある北千住駅は、足立区最大のターミナル駅となっている。JR常磐線が通り、上野東京ラインが走るようになってからは品川まで乗り換えなしで行けるようになった便利な駅となり、東京メトロ千代田線、日比谷線が乗り入れ、東武鉄道に首都圏新都市鉄道・つくばエクスプレス開通により茨城県とのアクセスも良好となり多くの人がその利便性から利用することが増えた。

駅周辺には大学もあり、多くの若者が街を彩る。住みたい街ランキングでもジワジワとランクを上げ続けている街だ。

新しい交通網の開通や大学に通う大学生が増えるなど需要が増えたことにより新しくできた店も多いが、昔から北千住駅周辺に構えている時間を重ねてきた店も多く、リーズナブルな金額からおいしい焼き鳥を食べることができる。この記事では数ある焼き鳥屋の中から特におすすめのお店を紹介する。

【西口・東口別】北千住の人気おすすめ焼き鳥10選【価格・個室情報】

①北千住駅西口の人気おすすめ焼き鳥6選

②北千住駅東口の人気おすすめ焼き鳥4選

北千住駅西口の人気おすすめ焼き鳥6選

西口① バードコート

ミシュラン獲得店で奥久慈軍鶏を堪能



2018年のミシュラン獲得店「バードコート」では、木を上手く取り入れたスタイリッシュなデザインの店内で、奥久慈軍鶏を使った鶏料理の数々を満喫することができる。メスの飼育日数は150日にもなるという奥久慈軍鶏の、弾力と締りがある食感を楽しんで欲しい。ワインの種類も豊富なので、飲み会などで利用すれば、楽しいひと時を過ごすことができるだろう。

上質な奥久慈軍鶏の肉は、炭火で焼き上げることで香ばしさを纏う。キンキンに冷えたビールと合わせれば、誰でも幸福の溜息をついてしまうはずだ。おまかせコース料理は4,000円と6,000円の2種類。軍鶏の旨さをひととおり味わうためにも、コース料理にアラカルトを追加するという注文方法をおすすめしたい。


店舗情報

住所: 東京都足立区千住3-68 鹿明ビル1F

アクセス: 北千住駅西口から徒歩4分
営業時間:17:30-22:00
定休日:日曜、月曜
価格帯:6000円-8000円
個室:あり

西口② 五味鳥

価格表記が無くても安心の優良店



雰囲気漂う外観に赤提灯が似合う「五味鳥」は、昭和の硬派な焼き鳥店だ。店内のメニューには価格の表記がないので戸惑うかもしれないが、概ね串1本200円前後、煮込みが400円程度と考えていれば問題ない。ボッタくりの心配は不要だ。いずれにしても、串や料理の出来栄えを考慮すれば、リーズナブルに楽しむことができる優良店といえる。

焼き鳥は1本1本が大きく食べ応え十分。ふっくらと柔らかい「もも」や、コリコリとした軟骨の食感が楽しい「つくね」など、どれもレベルが高い。20時を過ぎる頃にはネタが売り切れることもあるため、定番の焼き鳥をひととおり楽しむなら、早い時間の利用がおすすめだ。長居をするタイプの店ではないので、サクッと飲みたいときには最適だろう。


店舗情報

住所: 東京都足立区千住1-32-6

アクセス: 北千住駅西口から徒歩2分
営業時間:17:00-21:00
定休日:日曜、祝日
価格帯:2000円-3000円
個室:なし

西口③ 石井

焼き鳥1本100円の庶民的大衆酒場



庶民的な雰囲気が好評の「石井」は、1本100円から焼き鳥が楽しめる大衆居酒屋だ。安い割にポーションは大きく満足度は高い。「ねぎとり」や「レバー」のほかに「白もつ」も1本100円で楽しめる。おつまみも豊富で、「タンみそ焼き」(550円)や、「ゆでぶたカルビ」(350円)など、名前を聞いただけでも酒が進む料理が揃っている。

元は肉屋だったというだけあって、焼き鳥は鶏肉の旨さがしっかりと感じられる仕上がりになっている。リーズナブルに楽しめるのは魅力だが、「30分1杯は飲み物をオーダーする」「空いていてもカウンターの左側から順番に詰めて着席する」「ビール瓶の1本目はシェア禁止」など、独特のルールがあるので、決められた中で楽しむようにしたい。


店舗情報

住所: 東京都足立区千住2-65-8

アクセス: 北千住駅西口から徒歩2分
営業時間: 月曜-金曜は、17:00-22:00
土曜は16:30-21:00
定休日: 第1と第4土曜日、日曜日、祝日
価格帯:4000円-5000円
個室:なし

西口④ 弾

住宅街にある静かな居酒屋



北千住の駅から少し離れた閑静な住宅街に「弾」はある。ややわかりづらい位置にあるが、絶品焼き鳥を求めて客足が絶えることはない。無くなり次第終了の希少部位もあるので、訪れるときには早めの事前予約をおすすめする。店内は広くないが、清潔感があり静かに過ごすことができるので、女性でも気軽に利用できるはずだ。

焼き鳥の種類は豊富で、希少部位も揃っている。人気の「れば」(180円)、「だんご」(280円)、「ささみ」(220円)の3種類は、ぜひ注文しておきたいところ。土佐備長炭で丁寧にじっくりと焼かれた逸品串たちのおかげで、気持ちよく酒が進む。日本酒は店主のセレクトで変わるので、訪れる度に違った組み合わせが楽しめるのも魅力だ。


店舗情報

住所: 東京都足立区千住2-10

アクセス: 北千住西口から徒歩5分
営業時間:18:00-23:00
定休日:不定休
価格帯:4000円-5000円
個室:なし

西口⑤ 鳥しげ

寡黙な店主と静かな空間



カウンター席6席とテーブル席3つの、こじんまりとした店内で焼き鳥と酒が楽しめる「鳥
しげ」。店内では、寡黙な主人と、てきぱきと接客をこなす女将が独特の風情を醸し出しており、とても居心地がいい。焼き鳥のラインナップは極めてシンプルだが、ツボは押さえてある。「つくね」(190円)、「レバー」(160円)、「軟骨」(190円)など、利用しやすい価格設定なのも魅力。

焼き鳥は1本1本が大きくボリュームがあるので、1串すづのオーダー制となっている。味付けはレバーがタレ、それ以外は塩で提供される。それぞれの串に合った食べ方で提供したいという、職人気質の主人ならではの意向なのだろう。店内は満席になることも多いが、それでも静けさは変わらない。


店舗情報

住所: 東京都足立区千住1丁目32-7

アクセス: 北千住駅西口から徒歩3分
営業時間:要店舗確認
定休日:要店舗確認
価格帯:2000円-3000円
個室:なし

西口⑥ 久助

室蘭焼き鳥が楽しめる170席の人気店



席数170席という広い店内で、存分に焼き鳥と酒が楽しめる「久助」。北海道産の食材を使って、北海道出身のオーナーが作る料理が人気だ。ひとりでも利用しやすいカウンターだけでなく、テーブル席や宴会にも利用できるカラオケ付きの個室まもあるので、用途の幅はかなり広い。

名物の室蘭焼き鳥は、ぜひ食べておきたい。オーダーは2本からとなっているが、2本の価格が「つくね」(280円)、「レバー」(300円)、「かしら」(280円)なのだから、ガンガン注文しよう。まとめて味わうなら「串焼き盛り合わせ5本」(580円)を注文するという手もある。土曜日には170席が埋まり行列必至となる人気店なので、早めの利用をおすすめしたい。


店舗情報

住所: 東京都足立区千住2-62

アクセス: 北千住駅西口から徒歩2分
営業時間:月曜-金曜は、16:00-24:00
土曜、祝日は16:00-23:00
定休日:日曜
価格帯:2000円-3000円
個室:あり




次ページでは北千住駅東口の人気おすすめ焼き鳥店をご紹介!

北千住 焼き鳥 イメージ画像
最新情報をチェックしよう!