【名所でおしゃラン】嵐山の人気おすすめランチ10選【景色も味わう】

だしや豆のもつ底力

嵐山は京都市街の西に位置し、平安時代に貴族の別荘地となって以来、京都の代表的な観光地となっている。嵐山の中心部を流れる桂川にかかる渡月橋は嵐山の象徴だ。
この地には日本中、世界中から京の雰囲気を味わうため観光客が集まる。そんな京都のなかでも最たる名所から、和食を中心に、ランチの名店を10店、厳選してご紹介。

①かつ源 洛西店

定番とんかつランチ

大枝沓掛町のとんかつ専門店からのご紹介。大きな駐車場もあり利便性が高い。

ロースカツ定食の「中」は1,380円。料理が運ばれてくるまでの間、すり鉢で擦りながらソースを整える。とんかつ屋における精神統一の時間だ。粗挽きパン粉はやわらかさとサクサク感をともに感じる衣が特徴的。中サイズの肉量は150g。専門店らしく、豚肉はやわらかく仕上げるために素材の段階からよく仕込んである。揚げた衣は油っぽさを取り去って、サクサク感を十分に引き出す。甘みのあるロース肉はただやわらかいだけでなく弾力もしっかり。かぶりつくと脂が体温にとけほどけていく。ソースは甘口・辛口の2種類。

キャベツの千切り、麦ご飯、豚汁、のり汁はおかわり自由。ドレッシングは胡麻、和風おろし、フルーツというラインナップ。
ちょっと贅沢したい日は、「しあわせ御膳」1,680円を。ロースかつにヒレカツ1枚と大きな海老フライが付いてくる。この海老フライがしっかり肉厚の身にサクサク衣がついていて美味。

店舗情報
住所: 京都府京都市西京区大枝沓掛町14-8
アクセス: 上桂駅から3436メートル
営業時間: 11:00-22:30
定休日: 元日

②よーじやカフェ 嵯峨野嵐山店

京を感じるカフェランチ

左京区嵯峨天龍寺立石町にある、あぶらとり紙で有名なよーじ屋のカフェ。内観もメニューも可愛くおしゃれで若者に大人気だ。

よーじやは1904年から100年以上にわたり、京の美意識を守り育ててきた。舞台化粧道具の行商から三条御幸町下ルに店を構えた「國枝商店」がその起源。

ランチのメニューは4種類。和風オムライス、特製カレーライス、本日のパスタセットAとB。どれもサラダ付きで1000円とお得。
和風オムライスは豆腐や大葉、佃煮などが乗ったオムライスが透き通った出汁に浸してあって正に和風。ご飯は雑穀米で、出汁を吸ってお茶漬けを食べているような感じ。ボリュームもかなりある。

店舗情報
住所: 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺立石町2-13
アクセス: 嵐山駅(京福)から302メートル
営業時間: 10:00-17:30
定休日: 無休

③カフェスタイルリゾート 嵯峨野湯

銭湯リノベのおしゃれカフェ

嵐電嵯峨駅から60メートル、嵐山駅から徒歩1分にある「嵯峨野湯」は、銭湯をリノベーションしたカフェ。その厳かな字面に似つかぬ白を基調としたさわやかでおしゃれな内装だ。ところどころに銭湯の名残を感じるのも可愛らしい。

一番人気はお豆腐パスタランチセット、1500円。まろやかでジワッとくるクリームパスタに白ネギとミートボールが入っている。淡いクリームの旨み。
長い板に乗るのは、自家製の豆腐。皿に橋を掛けるように板に乗せる特殊演出がおしゃれ。柚子こしょう、抹茶塩、醤油の粉が添えられているのもアクセントだ。豆腐はまろやかで、そのまま単体で食べても味わい豊かだ。豆腐をパスタに溶かして食べるのもオススメとのことで、クリームの濃さと豆腐の濃さがいい具合に合わさる。

カフェらしい甘味もおすすめ。
黒糖胴鑼焼180円。黒糖を使った皮が特徴の一品。パッケージも可愛い。
りんごのポタージュラテ670円。まるで焼きリンゴをそのままラテにしたようなドリンク。りんごの酸味と自然な甘さを堪能できる仕上がりだ。

店舗情報
住所: 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町4-3
アクセス: 嵐電嵯峨駅から63メートル
営業時間: 11:00-20:00
定休日: 不定休

④京 翠嵐

歴史的建造物のフレンチ懐石

「京 翠嵐」は嵐電嵐山駅から徒歩6分の上質なレストラン。京の季節の食材を生かしながら和食の伝統である会席料理のスタイル、技法にフレンチの美意識を融合。今までにないスタイルの料理を提供する。

ランチコース「愛宕」はワンドリンクがついて6000円。
前菜は出汁巻き玉子、水菜胡麻浸し、帆立貝柱のコンフィ アンチョビソース、鰤幽庵焼き。本日の御造り、海老芋あられ揚げ、舞茸、 茗荷、 ブールブラン、 餡かけ。鴨ロース煮とフォアグラ オレンジ風味または和牛ステーキ(+¥2,000)。そしてご飯、和菓子などがコースの一例だ。

店舗情報
住所: 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町12 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル
アクセス: 京福電鉄 嵐山本線(嵐電) 「嵐山駅」 徒歩約6分
営業時間: 朝食7:00-10:00
昼食11:30-14:30
夕食17:30-21:00
定休日: 無休

⑤eX cafe 京都嵐山本店

古民家カフェタイム

嵐山駅から歩いてすぐにある一軒家カフェ。外観も内観も日本家屋らしい風情あるテイストで人気だ。アンティーク家具が配されたソファー席や斬新なアートを楽しめる和室など、どの空間からも140坪の庭園を眺めることができる。

天龍寺パフェセット。パフェの中身はほうじ茶アイス、抹茶アイス、抹茶わらびもち、八つ橋、白玉。赤く小さな傘が飾られている。白玉は柔らかく、程よい甘さ。抹茶はほとんど苦味を感じないので、キッズにも安心。

京都・嵐山で菓子職人と炭焼き職人が考案した、京黒ロール「くろまる」も楽しめる。厳選した竹炭を練り込んだ真っ黒もちもちの生地に、たっぷり包み込まれた真っ白な生クリーム。白と黒のモダンなルックスに、現代の京の風を感じる。

店舗情報
住所: 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町35-3
アクセス: 京福線 嵐山駅 徒歩1分
営業時間:10:00-18:00
定休日: 不定休

⑥Kamogawa Style

京スタイルのフレンチランチ

松尾大社駅から200メートル。Kamogawa Styleは樹齢25年を越すしだれ桜など、四季折々様々な花々を楽しめるレストラン・カフェ&ステーキハウス。京野菜はもちろん旬の食材を「五感」で味わえる。

Aコース 2800円。オードブル盛り合わせ、本日のスープ、本日のお肉またはお魚料理 温野菜を添えて(和牛ハンバーグ、国産牛の赤ワイン煮込み、京地鶏のグリル、高知沖鮮魚から選択)にパンまたはライス、デザート、コーヒまたは紅茶という内容。
サラダはシャキシャキで、きちんと冷やされていてドレッシングもよく合う。スープも美味。メインのハンバーグは、国産牛で真ん中が赤いミディアムレアの提供。頼めばウェルダンも可能。ハンバーグの付け合わせはジャガイモと人参などのお野菜で、ソースは別添えだ。肉々しい食感のハンバーグで食べ応え抜群。パンは少し甘めの中がもっちりしたものだ。

店舗情報
住所: 京都府京都市西京区松室追上ヶ町22-1
アクセス: 松尾大社駅から206メートル
営業時間: 11:30-13:30、13:30-16:00、17:30-20:00
定休日:木曜日

⑦嵯峨とうふ 稲 北店

豆腐が主役のベジタリアン御膳

「嵯峨とうふ 稲」は大豆の美味しさで新たな京料理を開拓する。鰹出汁を多く使用する京料理において、ベジタリアンの人が京都観光での食事を楽しめないという現状から「ベジタリアン御膳」を考案。豆腐、湯葉をメインに植物性の材料にこだわる。

原材料となる大豆は安心・安全の国産。信頼できる生産者が丹精こめて育て、「稲」では厳しく選りすぐったもののみを使用する。
ランチの湯葉御膳は、そんなこだわりの大豆グルメをふんだんに味わえてリーズナブル。

京都嵐山駅から徒歩3分の北店は旅館をリフォームした建物で、鯉が泳ぐ池や、2階席からは嵐山の四季が楽しめる。

店舗情報
住所: 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町46-2
アクセス: 嵐山駅(京福)から241メートル
営業時間: 11:00-19:00
定休日: 1月25日、26日

⑧ピッコロモンド・ヤマダ

カジュアルおしゃれイタリアン

駐車場ありで便利なこちらのお店。地元桂のゴマ屋、山田製油が手掛けるイタリアン ピッコロモンド・ヤマダ。隣にはごま商品を並べた小さなショップも並ぶ。そうした流れもあってか、ごま油プッシュのメニューも多い。

ピッコロランチは1320円で前菜、米粉入りのパン、本日のスープ、選べるメイン、デザートまでついてくる。
温野菜にはテーブルに置いてある一番搾りのごま油をかけて。このごま油の美味しさが光る。
米粉のパンにもごま油を付けてもよし。
ピッツァヤマダはチーズたっぷりでごまの風味も活かされている。その上にハチミツをかけて。ブルーチーズがアクセント。

水曜ランチタイムはスープカレーの専門で営業。

山田カリー 1200円。スープ状のカレーは土鍋に入れられてアツアツ。京都野菜がわんさか入っている。一番上には、シャキシャキな水菜がたっぷり乗っている。スパイシーな香りが食欲をそそる。
スープはインド直輸入のスパイスを使用。辛さの奥に和風の出汁のようなコクも感じられる。
玄米の周りには、日替わりの惣菜 ひよこ豆・玉ねぎ・きゅうり・人参・ごまチャトニ。お米の上には、たっぷりゴマが振りかけられている。

店舗情報
住所: 京都府京都市西京区桂巽町4
アクセス: 桂駅から531メートル
営業時間: 11:30-14:30、18:00-22:00
定休日: 水曜日

⑨松籟庵

定番とんかつランチ

嵐山の渡月橋の上流にある松籟庵は、かつて近衛文麿公の別邸と呼ばれ、今もその当時のままの輝きを放ちつづける。屋敷の中にいながらにして、四季折々の自然の移ろいを敏感に感じられる庵。静かな空間で懐石ランチを。

松葉(しょうよう)コース 3,800円。先付けは豆腐を塩でいただく。豆腐本来の味が楽しめる。八寸盛りは焼き茄子のポタージュ、サラダ巻き、ハモ、ジュンサイオクラ、ごま豆腐、鴨ロース、チーズ豆腐、トマト味のホオズキなどなど。見た目にも美しく彩られている。
湯豆腐 出汁が味わい深く、豆腐のおいしさを引き出してくれている。家では味わうことのできないおいしさ。揚げ出し豆腐もまた違った出汁で楽しめる。
ご飯、デザートまできめ細やかに楽しませてくれる贅沢ランチ。

店舗情報
住所: 京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内
アクセス: 嵐山駅(京福)から726メートル
営業時間: [月曜-木曜]11:00-17:00
[金曜-日曜・祝日]11:00-20:00
定休日: 年中無休

⑩嵐山MITATE

京を感じるカフェランチ

伝統ある京料理をベースに、独創的なフレンチの技法とシェフの遊び心を取り入れた料理はまさに「唯一無二」。陶芸作家小川宣之氏のオリジナル器の上で表現する新しい世界観を体感できる。温故知新をテーマに、歴史に下打ちされた料理の美しさと旨さ、そこから生まれる未体験の料理の数々。今までに味わったことのない、驚きと感動に満ち溢れた幸せなひとときを。

ランチコース5000円。アミューズブーシュ、八寸、造里、椀物、サラダ(MITATE Style)、強肴(メインのお料理)、お食事、赤だし、ご飯のお供3品(ちりめん山椒など)、デザートとして和の小菓子、コーヒーまたは抹茶という内容。
一品一品からストーリーを感じられる内容で、食材のもつ力と、シェフの意匠の双方を同時に楽しめるコースとなっている。

店舗情報
住所: 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町33-25
アクセス: 嵐山駅(京福)から74メートル
営業時間: 11:00-13:30、17:30-20:30
定休日: 水曜日